NBAスリーポイントランキング

ドノバンミッチェル:ルーキーイヤーからダンクコンテストを制したスパイダー

 

若手選手の活躍が目覚ましいNBAですが、ユタジャズに所属するドノバンミッチェルもその1人です。

185cmというNBAの中では高いと言えない身長ながら、シューティングガードでプレイする点取り屋です。

ミッチェルのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

大学時代

ルイビル大学で2シーズン目の活躍は目を見張るものがあり、シーズン終了と共にNBAへドラフトで入団を果たします。

 

 

2017年NBAドラフト

ロンゾポールやジェイソンテイタムなど、既に活躍する選手も多い2017年NBAドラフト勢。

ドノバンミッチェルは13位指名を受けユタジャズに入団します。

ガード陣が特に豊作の年で、ドノバンミッチェルより上位にガードプレイヤーが8人いるほどでした。

 

 

2017-18シーズン

開幕戦からスタート出場を果たした、ドノバンミッチェル。

約26分の出場で、10得点を挙げチームの勝利に貢献しました。

 

 

その後5ゲーム目からはスターターを数試合外されることになりますが、8ゲーム目のブレイザーズ戦ではベンチスタートながら28得点を挙げチームを勝利に導きました。

その後すぐにスターターへ返り咲くと、その後は安定して2桁得点を挙げ、23ゲーム目となるペリカンズ戦では41得点の活躍を見せます。

 

 

ルーキーイヤーから40得点以上を挙げる選手というのはNBAの中でも限られていて、ユタジャズでは初めての記録となりました。

また、49ゲーム目となるサンズ戦でも40得点を記録しています。

このゲームのフィールドゴール確率はスリーポイント7/9を含む73.7%と驚異的な数字を残しています。

 

 

2月におこなわれたオールスターゲームのダンクコンテストに、アーロンゴードンの代わりに出場したドノバンミッチェル。

 

 

様々なダンクを披露し、伝説となっているビンスカーターの360ウィンドミルで締めくくり、見事にチャンピオンに輝いています。

その後、シーズン5位で進出したプレイオフファーストラウンドでは、上位のサンダーを相手に素晴らしい活躍を見せました。

全ての試合で20得点以上を挙げGame4と6では、30得点を超える活躍でチームをカンファレンスセミファイナルへ導きました。

 

 

カンファレンスファイナルではロケッツ相手にチーム力の差を見せつけられ、ミッチェル自体もFG確率が大きく下がり得点もサンダー戦のようには伸びませんでした。

 

 

1勝4敗でロケッツに敗れ、シーズンを終えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました