バディヒールド:バハマ出身のスリーポイントシューター

 

スリーポイント全盛ともいえるNBA。

バハマ出身のバディヒールドも、アウトサイドシュートを得意とする選手です。

学生時代からのキャリアも含めて見ていきましょう。

高校時代

 

バハマの高校で全国優勝を果たしたヒールドはNBAを目指し渡米しました。

動画を見てもわかる通り、この頃からアウトサイドシュートを武器にプレイしています。

大学時代

 

オクラホマ大学に進学したヒールドは、アーリーエントリーはせず4年生まで大学でプレイしました。

スリーポイントを中心に年々シーズン平均得点も上がり、最終学年時には多くの賞を受賞しています。

 

 

ドラフト6位でペリカンズ入団

ヒールドは2016年のドラフト1巡目6位でペリカンズに指名されました。

1位のベンシモンズをはじめとして、上位10人の中にヒールドを含め6人の選手がアメリカ国籍以外というのも近代NBAを物語っています。

 

 

ルーキーイヤー

 

ペリカンズで52試合に欠場なく出場したヒールドでしたが、シーズン途中にデマーカスカズンズを中心とした大型トレードによりキングスに移籍することになります。

キングスへ移籍したことにより、ヒールドのプレイタイムは10分弱伸び、平均得点もペリカンズ在籍時の倍近い15.1得点と飛躍しました。

 

 

2017-18シーズン

 

2017-18シーズン、キングスは27勝55敗と苦しいシーズンになりました。

ヒールド自身は80試合に出場しましたが、スタートには定着できず、プレイタイムも前年を下回っています。

平均得点も13.5得点とやや伸び悩みました。

 

 

 

2018-19シーズン

 

2018-19シーズンに入り、序盤から全てのゲームにスタートで出場したヒールド。

シュート確率が格段に上がりその得点力に磨きがかかり、平均得点もキャリアで初めて20点台に乗せました。

2019-20シーズン

2019-20シーズンも変わらずキングスでプレイしたバディヒールド。

オールスターのスリーポイントコンテストでは、チャンピオンに輝きました。

 

 

シーズンでも高確率でスリーポイントを沈めましたが、チームは12位でプレイオフ進出は厳しい状況が続いています。

 

 

2020-21シーズン

2020-21シーズンの全72ゲームのうち、バディヒールドは71試合に出場しました。

昨今は、怪我無くシーズンを終えるのがとても難しく、そんな中得点源のバディヒールドが1試合でシュートを放ち続けてくれたことはとても大きかったでしょう。

 

 

スリーポイントのアテンプトはさらに増え、1試合平均10.2本のスリーポイントを放ち、4.0本沈めました。

それでもチームの勝率は上がらず、31勝41敗のウェスト12位でシーズンを終えています。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
16-17 24 NOP 57 20.4 8.6 2.9 1.4 39.3 36.9 87.9 0.3 0.1 0.8
16-17 24 SAC 25 29.1 15.1 4.1 1.8 48.0 42.8 81.4 0.8 0.1 2.1
17-18 25 SAC 80 25.3 13.5 3.8 1.9 44.6 43.1 87.7 1.1 0.3 1.6
18-19 26 SAC 82 31.9 20.7 5.0 2.5 45.8 42.7 88.6 0.7 0.4 1.8
19-20 27 SAC 72 30.8 19.2 4.6 3.0 42.9 39.4 84.6 0.9 0.2 2.3
20-21 28 SAC 71 34.3 16.6 4.7 3.6 40.6 39.1 84.6 0.9 0.4 1.8

 

プレイオフ

出場経験なし

 

 

年齢 29歳
身長 196cm
体重 96kg
国籍 バハマ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

ガード
OverTime

コメント