ジェイソンテイタム:チームの未来を担うセルティックスのエース

 

高校時代から、全米の中でもオールラウンドプレイヤーとして名高かったジェイソンテイタム。

大学はデューク大学へと進み、1年間プレイした後2017ドラフトでNBA入りを果たした選手です。

ジェイソンテイタムのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

高校時代

 

州王者に輝くなど、そのプレイは高校生の時から注目が集まっていました。

大学時代

 

名門デューク大学で1年間プレイしたテイタム。

スターターにしっかりと定着し、青のユニフォームもとても似合っています。

 

2017NBAドラフト

2017年のドラフトでは、レイカーズのロンゾポールに続き全体3位指名を受け、ボストンセルティックスに入団します。

 

 

シーズンオフにアイザイアトーマスやカイリ―アービングも絡む大きなトレードをおこなっていたセルティックでしたが、テイタムは2017-18シーズンの開幕戦からスターターで出場を果たしました。

2017-18シーズン

 

ヘイワードのケガなどもあり開幕連敗スタートとなったセルティックスですが、その後は勝ち星を積み重ね、イースト上位のポジションが揺らぐことはありませんでした。

テイタム自身も、80試合すべてにスターターで出場し、平均13.9得点と初年度から2ケタ得点を記録しています。

 

 

30点を超えるゲームはありませんでしたが、ルーキーイヤーから20得点を超えるゲームを何度も見せているのは、やはり並のルーキーではありません。

 

 

レギュラーシーズン2位で進出したプレイオフでも、テイタムはルーキーらしからぬ活躍を見せます。

チームのカンファレンスファイナル進出に大きく貢献し、カンファレンスファイナルで敗れはしたものの全19ゲームに全てスターターで出場し平均18.5得点を記録しています。

 

 

 

2018-19シーズン

 

2018-19シーズンには、怪我で離脱していたカイリ―アービングとゴードンヘイワードも復帰し、タレント揃いのチームとして下馬評はとても高かったセルティックス。

それでも出場メンバーが中々固定できず、勝率は思ったほど上がりませんでした。

そんな中、テイタムのプレイタイムはやや伸び、得点面でも平均15.7得点を記録しました。

しかし、FG確率はやや下がり、特にスリーポイントは43.4%から37.3%まで落としています。

 

 

 

イースト4位でプレイオフに進出したセルティックス。

ファーストラウンドでは、5位ペイサーズをスイープで降し、首位バックス戦に向けていいカタチで臨みました。

バックス戦では、Game1をアウェイで奪いましたが、そこからバックスディフェンスに苦しみ、結果的に4連敗の1-4でシリーズを終えています。

テイタム自身も、Game1では4得点、Game2では5得点とやや信じ難いスタッツでした。

 

 

2019-20シーズン

セルティックスは、シーズン前にカイリ―アービングを放出し、ケンバウォーカーを獲得しました。

テイタムがボールを保持する時間は増え、平均得点も23.4と大きく飛躍し、セルティックスのエースへと変貌していきます。

 

 

プレイオフに入ってもアタックを続け、ファーストラウンドでシクサーズをスイープすると、昨シーズン王者のラプターズをカンファレンスセミファイナルで退けました。

 

 

 

カンファレンスファイナルでは、ヒートと対戦しますがセルティックス全体でヒートディフェンスに苦しみました。

テイタムは全ての試合で20得点以上挙げていますが、FG確率が5割を超えたのは1度だけでした。

結果的に2-4で敗れシーズンを終えています。

 

 

2020-21シーズン

2020-21シーズンは、さらに自他ともにエースとしてのポジションを確立し、序盤から得点をかさねています。

 

 

ジェイソンテイタムのバッシュ

ジョーダンブランドと契約しており、エアジョーダンシリーズからテイタムカラーが発売されています。

 

ジェイソンテイタム
NIKE(ナイキ)
当店の取扱商品の大半は「並行輸入品」となります。海外から直輸入の際、商品ボックスにダメージが発生している場合や、マーキングやシール貼り付けられている商品も御座います。ご理解の上、ご購入下さい。

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
17-18 19 BOS 80 30.5 13.9 5.0 1.6 47.5% 43.4% 82.6% 1.0 0.7 1.4
18-19 20 BOS 79 31.1 15.7 6.0 2.1 45.0% 37.3% 85.5% 1.1 0.7 1.5
19-20 21 BOS 66 34.3 23.4 7.0 3.0 45.0% 40.3% 81.2% 1.4 0.9 2.3

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
17-18 19 BOS 19 35.9 18.5 4.4 2.7 47.1% 32.4% 84.5% 1.2 0.5 2.2
18-19 20 BOS 9 32.8 15.2 6.7 1.9 43.8% 32.3% 74.4% 1.1 0.8 2.0
19-20 21 BOS 17 40.6 25.7 10.0 5.0 43.4% 37.3% 81.3% 1.0 1.2 2.8

 

 

年齢 24歳
身長 203cm
体重 93kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

フォワード
OverTime

コメント