ケネスファリード:パワフルなプレイが魅力のインサイドプレイヤー

 

FIBAバスケットボールワールドカップ2014で、アメリカのインサイドを支え続けたケネスファリード。

Bチームとも言われたアメリカ代表を、平均得点差33点の圧倒的な優勝に導いた選手の1人です。

ハイライトシーンには毎ゲームと言っていいほどケネスファリードの豪快なダンクシーンが何本も映し出されていて、NBAでもファンの多い選手ですがワールドカップで世界中にその名を轟かせました。

 

 

2011年ドラフト22位でNBA入団

2011年のドラフト1巡目22位でデンバーナゲッツに入団したケネスファリード。

大学で4年プレイしてのエントリーでしたが思ったより順位は低いです。

その年の1位はワールドカップ2014MVPのカイリーアービングが指名されていて、グローバル化の進むNBAの真っ只中で3位から7位の選手はアメリカ人でなかったことなども影響しているかもしれません。

ちなみに同じくワールドカップで活躍したクレイトンプソンが11位、2013-14ファイナルMVPを獲得したレナードが15位となっています。

以下参考。

 

 

キャリア初期

ルーキーイヤーはシーズンの半分ほどしか出場することが出来ませんでしたが、それでもシーズン平均2ケタ得点を挙げ2シーズン目、3シーズン目はスタートに定着しました。

シュートレンジが広い印象はありませんが、屈強なインサイドプレイに加えてファーストブレイクにも参加できる脚力がもう1つのポイントと言えます。

 

 

怖いもの知らずと言うか野生的というか、全速力からのアリウープは見てるこっちが怖くなるほど迫力があります。

日本でも大きくて動きの速い選手が増えていますが、世界各国でも同じように更に進化しているのかもしれません。

チームとしてはまだまだその活躍をプレイオフで見ることは出来ていません。(ロケッツ加入前)

やはりNBAはプレイオフからがホントの戦いだと言われているので、もっと上のゲームでその活躍を見たい選手の1人です。

 

 

出場機会が減っていた

ファリードの出場時間は、2シーズン目の2012-13シーズンから徐々に少なくなっていました。

2016-17シーズンには平均得点も2桁を切り2017-18シーズンはケガによる欠場も多かったです。

今のNBAはインサイドプレイヤーであってもスリーポイントを含めたアウトサイドシュートが必須とも言われていて、ほとんどスリーポイントを放たないのも原因なのかもしれません。

ネッツへ移籍した2018-19シーズンは、12試合に全てベンチから出場し、キャリアで初めてプレイタイム平均が2ケタを切っています。

ロケッツへの移籍

 

2018-19シーズン途中でネッツからロケッツへ移籍したファリード。

ロケッツのインサイドの主軸であるクリントカペラがケガにより欠場していたこともありプレイタイムも多く与えら躍動します。

2ケタ得点を続け、チームの勝利に貢献しカペラが復帰した後も共にインサイドで体を張り続けました。

スリーポイントのアテンプトも過去最高ですが、それでも1試合1本を切っています。

ファリード以外にシューター揃いだったのも、はまった原因かもしれません。

2018-19シーズンを3位で終えプレイオフにのぞんだロケッツ。

ファーストラウンドのジャズ戦では、ファリードも全て出場しましたが、カンファレンスセミファイナルのウォリアーズ戦では、6試合中1試合のみの出場にとどまりました。

中国リーグCBAへ移籍

2019-20シーズンは、NBAからCBAへリーグを変えてファリードはプレイしました。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
11-12 22 DEN 46 22.5 10.2 7.7 0.8 58.6% 66.5% 0.7 1.0 1.2
12-13 23 DEN 80 28.1 11.5 9.2 1.0 55.2% 61.3% 1.0 1.0 1.4
13-14 24 DEN 80 27.2 13.7 8.6 1.2 54.5% 0.0% 65.0% 0.9 0.9 1.7
14-15 25 DEN 75 27.8 12.6 8.9 1.2 50.7% 12.5% 69.1% 0.8 0.8 1.6
15-16 26 DEN 67 25.3 12.5 8.7 1.2 55.8% 50.0% 61.3% 0.5 0.9 1.4
16-17 27 DEN 61 21.2 9.6 7.6 0.9 54.8% 0.0% 69.3% 0.7 0.7 1.0
17-18 28 DEN 32 14.4 5.9 4.8 0.6 51.4% 0.0% 70.6% 0.4 0.4 0.7
18-19 29 DEN 37 19.7 10.4 6.8 0.5 58.9% 32.0% 64.6% 0.5 0.6 0.9
18-19 29 BRK 12 9.8 5.1 3.7 0.2 59.5% 20.0% 62.5% 0.2 0.3 0.5
18-19 29 HOU 25 24.4 12.9 8.2 0.7 58.7% 35.0% 65.1% 0.6 0.8 1.1

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
11-12 22 DEN 7 27.4 10.4 10.0 0.6 53.3% 75.0% 0.7 1.1 2.0
12-13 23 DEN 5 29.0 10.2 8.4 0.2 62.5% 73.3% 1.0 0.2 1.0
18-19 29 HOU 6 9.3 4.0 3.5 0.3 69.2% 100.0% 83.3% 0.3 0.0 0.0

 

 

年齢 32歳
身長 203cm
体重 103kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

フォワード
OverTime

コメント