NBA2018プレイオフハイライト

類稀なシュートセンスで得点を重ねるスコアラー、ケビンデュラント

ケビンデュラント

 

ケビンデュラントは、類稀なシュートセンスをもち、206cmという身長ながらそのシュートレンジ、シュート力、スピードはこれまでのNBAの中でも比較する相手が見当たらないほど異質とも言えるNBA屈指のスコアラーです。




生粋のスモールフォワード

バスケットにおいて最も攻撃的なポジションといえば本来スモールフォワードですが、NBAに限らず日本のバスケットであっても得点を量産するのはセカンドガードやセンタープレイヤーが多く、そればかりか生粋のスモールフォワードといえるプレイヤーが少ないのは事実です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=GIFiWKFSsh0

 

日本のバスケットのモデルでいえばスラムダンクの流川楓が最もわかりやすいですが、サイズがあってシュートレンジも広く、ドリブルもつけてインサイドでも負けない高さ、強さを必要とされるポジションであり、実際にそんなプレイヤーが数多く存在しないのもうなずけます。

そんなスモールフォワードのモデルにピッタリといえるケビンデュラントのプレーはアウトサイドプレーの比が多いのは事実ですが、長身を活かしたドライブに加えてリング下、またビッグプレイヤーとのディフェンスでのマッチアップなどその存在感は多岐にわたっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=CmgpdTjOZ_Y

 

あの身長と腕の長さであれだけクロスオーバーなどガードがするようなドリブルをついているのは見慣れてないせいか違和感を感じるほどです。

デュラントのキャリア

NBAへ入団した年からシーズン平均20得点以上をマークしているデュラントですが、30得点を超えているシーズンもあり、これまでに得点王を4回獲得していて念願のシーズンMVPにも2014年に輝きました。

NBAの中で4回の得点王という時点でその凄さを改めて感じますが、話題となったレブロンジェームスとのワークアウトなど常に上を見続けている姿勢も素晴らしいです。

プレー以外にもファンのバスケットモデルとなるべく存在といえます。(移籍の話はおいといて)

それでも、サンダー時代のプレーオフではチームとしてファイナル進出を果たしたこともありますが、デュラントが想像以上の活躍をしたシリーズを見ることは出来ませんでした。

逆に想像以下というゲームは何度もあり、2014プレーオフのファーストラウンドで苦戦を強いられたサンダーに対し、米メディアがデュラントを「頼りにならない男」として報道したのは記憶に新しいところです。

もちろん、数回にわたる得点王やMVPという結果があっての期待の裏返しではありますが、ファンからすると残念なことであるのは間違いありません。

 

https://www.youtube.com/watch?v=V1dOhukFbhM

 

レブロンとこんなにやりあえるプレイヤーはNBAでもほとんどいないですからね・・・精細を欠いたプレーや弱気なプレーに批判が出るのも致し方ないでしょう。それほどの期待を背負った選手です。

ウォリアーズへの移籍

その後ケビンデュラントは、サンダーでファイナルへ進出することはなく2016-17シーズン前にウェストで圧倒的な強さを誇るウォリアーズに電撃移籍を表明します。

ネット上では様々な意見が飛び交いましたが、明らかに否定的なコメントが多かったのが印象的です。

文中にバスケットモデルとなるべく選手と記していますが、勝てないなら強いチームに入るという行動に批判が出たのも無理はないでしょう。

しかし、デュラントはそんな批判を吹き飛ばすかのようにウォリアーズでも活躍を続けます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=seOvDFm7bBk

 

カリー、トンプソン、グリーン、イグダラなどオフェンス力のある選手の中でもそのプレーは輝きを見せています。

スプラッシュブラザーズだけでも正直とんでもない破壊力ですが、そこにKDって・・・ウォリアーズファン以外が卑怯と罵るのも致し方ないのかもしれません。

2017プレーオフでは、ファイナルまで全てのゲームをスイープし宿敵キャブスを待ち受けました。

ファイナルでもウォリアーズの強さは常軌を逸していて、キャブス相手に4-1で圧倒しデュラントは念願のチャンピオンリングと共にファイナルMVPを獲得します。

 

https://www.youtube.com/watch?v=S1k2McCI-v0

 

その後ウォリアーズファン以外には滅法印象の悪いケビンデュラントですが、今後も迷いなく得点を重ね続けと欲しいところです。




フォワード
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント