類稀なシュートセンスで得点を重ねるケビンデュラント

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

ケビンデュラント

 

ケビンデュラントは類稀なシュートセンスをもち、206cmという身長ながらそのシュートレンジ、シュート力、スピードはこれまでのNBAの中でも比較する相手が見当たらないほど異質と言えるNBA屈指のスコアラーです。

 

スポンサーリンク

生粋のスモールフォワード

バスケットにおいて最も攻撃的なポジションといえば本来スモールフォワードです。

しかし、NBAに限らず日本のバスケットであっても得点を量産するのはセカンドガードやセンタープレイヤーが多く、そればかりか生粋のスモールフォワードといえるプレイヤーが少ないのは事実です。

 

Kevin Durants Top 10 Plays of His Career

 

日本バスケットのモデルでいえばスラムダンクの流川楓が最もわかりやすいですが、サイズがあってシュートレンジも広く、ドリブルもつけてインサイドでも負けない高さ、強さを必要とされるポジションであり実際にそんなプレイヤーが数多く存在しないのもうなずけます。

そんなスモールフォワードのモデルにピッタリといえるケビンデュラントのプレーは、アウトサイドプレーの比が多いのは事実ですが、長身を活かしたドライブに加えてビッグプレイヤーとのディフェンスでのマッチアップなどその存在感は多岐にわたっています。

 

Kevin Durant's Top 10 Plays of the 2013-2014 Season!

 

あの身長と腕の長さであれだけクロスオーバーなどガードがするようなドリブルをついているのは見慣れてないせいか違和感を感じるほどです。

 

スポンサーリンク

デュラントのキャリア

Kevin Durant Full Highlights 2007.11.01 vs Suns – Rookie KD With 27 Pts in His 2nd NBA Game!

 

NBAへ入団した年からシーズン平均20得点以上をマークしているデュラント。

30得点を超えているシーズンもあり、これまでに得点王を4回獲得していて念願のシーズンMVPにも2014年に輝きました。

NBAの中で4回の得点王という時点でその凄さを改めて感じますが、話題となったレブロンジェームスとのワークアウトなど常に上を見続けている姿勢も素晴らしいです。

プレー以外にもファンのバスケットモデルとなるべく存在といえます。(ウォリアーズへ移籍後の話は今はおいといて)

サンダー時代のプレーオフではチームとしてファイナル進出を果たしたこともありますが、チームをチャンピオンに導くことは出来ませんでした。

 

Kevin Durant Full 2012 NBA Finals Highlights vs Heat – 30.6 PPG, 6 RPG!

 

その後、2014プレーオフのファーストラウンドでは苦戦を強いられたサンダーに対し、米メディアがデュラントを「頼りにならない男」として報道したのは記憶に新しいところです。

もちろん、数回にわたる得点王やMVPという結果があっての期待の裏返しではありますが、ファンからすると残念なのは間違いありません。

 

Duel: Kevin Durant vs LeBron James

 

レブロンとこんなにやりあえるプレイヤーはNBAでもほとんどいないですからね・・・精細を欠いたプレーや弱気なプレーに批判が出るのも致し方ないでしょう。

それほどの期待を背負った選手です。

ウォリアーズへの移籍

その後ケビンデュラントは、サンダーでファイナルへ進出することはなく2016-17シーズン前にウェストで圧倒的な強さを誇るウォリアーズに電撃移籍を表明します。

ネット上では様々な意見が飛び交いましたが、明らかに否定的なコメントが多かったのが印象的です。

文中にバスケットモデルとなるべく選手と記していますが、勝てないなら強いチームに入るという行動に批判が出たのも無理はないでしょう。

しかし、デュラントはそんな批判を吹き飛ばすかのようにウォリアーズでも活躍を続けます。

 

Kevin Durant’s Best of the 2016-2017 Regular Season

 

カリー、トンプソン、グリーン、イグダラなどオフェンス力のある選手の中でもそのプレーは輝きを見せています。

スプラッシュブラザーズだけでも正直とんでもない破壊力ですが、そこにKD・・・ウォリアーズファン以外が卑怯と罵るのも致し方ないのかもしれません。

2017プレーオフでは、ファイナルまで全てのゲームをスイープし宿敵キャブスを待ち受けました。

ファイナルでもウォリアーズの強さは常軌を逸していて、キャブス相手に4-1で圧倒しデュラントは念願のチャンピオンリングと共にファイナルMVPを獲得します。

 

2017 NBA Finals FULL Mini-Movie | Warriors Defeat Cavaliers In 5 Games, 4-1

 

 

スポンサーリンク

連覇とファイナルMVP

2017-18シーズンはデュラントを始めウォリアーズはケガに苦しめられました。

レギュラーシーズンではロケッツに首位を明け渡し、カンファレンスファイナル前の予想は5分5分といったところでした。

それでもウォリアーズはロケッツを4-3で退けファイナルへ進出します。

デュラント自身もアウトサイドを中心にドライブなど研ぎ澄まされたシュートを何本も沈めていました。

 

Kevin Durant Full Series Highlights vs Rockets | 2018 Playoffs West Finals

 

キャブスとの再戦となったファイナルでもウォリアーズの強さは変わらず、スイープで勝利し連覇を成し遂げるとともにデュラントは2年連続のファイナルMVPに輝いています。

Game3では勝利を決定付けるクラッチシュートを沈め、死神と比喩されたほどでした。

 

Kevin Durant's Best Plays From The 2018 NBA Finals | NBA Finals MVP

 

2018-19シーズン

連覇を成し遂げたウォリアーズに、スリーピートの期待が高まるのは必然でした。

シーズン序盤はケガ人も多く、負け星が重みますが、主要メンバーが戻ってくるとその強さはやはり群を抜いていて、徐々に勝率を高め結果的にウェスト首位でプレイオフに進出します。

デュラント自身もさらに磨きがかかったようなスコアリングで、プレイオフ開幕前の海外賭けサイトの優勝予想が1.44倍とその強さを世界中が認める程でした。

 

Kevin Durant's Best Play From Every Game Of The 2018-2019 Season

 

プレイオフ

プレイオフファーストラウンドで、ロサンゼルスクリッパーズと対戦したウォリアーズ。

30点以上の差をひっくり返されるなど波乱もありましたが、好守を続けたパトリックべバリー相手にデュラントは鬼神のごとく得点を重ねました。

 

Kevin Durant Full Highlights 2019 WCR1 Game 3 Warriors vs Clippers – 38 Pts in 3 QTRS!

 

シリーズ後の会見で、パトリックべバリーに対し記者が

「デュラントを守るためにもっとやれることはなかったか?」

と質問を出しましたが、べバリーが

「相手はあのケビンデュラントなんだ。あれ以上やれることはない」

とコメントするほどでした。

 

Kevin Durant Full Highlights 2019 WCR1 Game 6 Warriors vs Clippers – 50 Pts, 2 GOOD! | FreeDawkins

 

カンファレンスセミファイナルでは、宿敵ヒューストンロケッツと早くも対戦となりました。

お互いに譲らず、シリーズを2-2で迎えたGame5で事件はおきます。

第3クォーター終盤に接触のない中、足に痛みを訴えたデュラント。

ふくらはぎの肉離れと診断され、その後のプレイオフ出場が不安視されました。

 

Kevin Durant Injury Game 5 vs Rockets! 2019 NBA Playoffs

 

デュラント不在の中、ウォリアーズはロケッツに連勝しカンファレンスファイナル進出を決めます。

カンファレンスファイナルにもデュラントは出場することが出来ませんでしたが、ウォリアーズはブレイザーズをスイープで降し、5年連続となるファイナル進出を決めます。

その強さにデュラント不要論のようなものが出たこともありますが、世界中で本気でそう思っていたファンはごく僅かでしょう。

ファイナルに入っても出場が見送られるデュラント。

球団初のチャンピオンリング獲得を狙うラプターズに、ウォリアーズは1-3と崖っぷちに立たされます。

その結果が左右したのかは定かではありませんが、Game5にデュラントはスターターとして出場しました。

約1か月ぶりとなるゲームでしたが、久しぶりに見るデュラントの加わったウォリアーズの強さを目の当たりにしたという感想が世界中の大多数でしょう。

 

Golden State Warriors vs Toronto Raptors – Game 5 – June 10, Full 1st Qtr | 2019 NBA Finals

 

デュラント自身も3/3でスリーポイントを沈めるなど、好調でしたが第2クォーター序盤に再び事件は起きました。

 

Kevin Durant injury, Raptor fans chanting “KD” as he goes to the lockerroom

 

右足に一人で歩けないほど痛みを訴えたデュラント。

信じたくはありませんが、検査の結果アキレス腱断裂という報道が世界中に激震を与えました。

スリーピートに加え、シーズン終了後にはFAとなり移籍の可能性もありましたが2019-20シーズンは全休が濃厚と報道されており今後どのような展開になるのかやや想像がつきません。

手術は成功しており、長いリハビリとトレーニングが待ち受けますが、これまでの困難同様に乗り越えまた死神のようなクラッチシュートが見れる日を世界中のファンが待っていることでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました