ロンゾボール:ブルズで進化を続ける若きポイントガード

 

入団間もない若い選手の活躍も目立つNBA。

ブルズに所属するロンゾボールもその1人で、伝統あるレイカーズのポイントガードとしてチームを支え、ペリカンズ、ブルズへ移籍しました。

高校時代

 

上の動画を見れば分かる通り、高校時代には圧倒的なパフォーマンスで数々の賞を総なめにしました。

ドリブル、パス、ダンクなどやりたい放題という印象がとても強いです。

大学時代

 

UCLAに進学したロンゾボールは初年度からスターターのポイントガードとしてプレイしました。

アシストもさることながら、ディープスリーやアリウープなど今時と言えるプレイが多いのも印象的です。

 

ドラフト2位でレイカーズ入団

大学で1年プレイした後、NBAへアーリーエントリーしたボール。

レイカーズから1巡目2位指名を受けます。

1位指名のマーケルフルツや3位のジェイソンテイタムなど今を時めく選手が多い中での2位指名というのはやはり高校、大学での功績が評価されてのことでしょう。

 

 

ルーキーイヤー

 

シーズン前のサマーリーグでMVPを獲得したボールは、2017-18シーズンの開幕戦からスタメン出場しました。

オフィシャルデビューゲームは、NBAの洗礼ともとれるパトリックビバリーの必要なマークにあい、3得点4アシストにとどまりました。

 

 

それでも2試合目には29得点9アシストを記録し、チームを勝利に導きました。

その後も活躍を見せたボールですが、ケガに苦しんだ時期もありルーキーイヤーは52試合の出場にとどまりました。

チームも35勝47敗とプレイオフ進出はなりませんでしたが、過去5年間では最高勝率でした。

 

 

ロンゾボールの主な個人スタッツは以下の通りです。

 

出場時間 34.2
得点 10.2
リバウンド 6.9
アシスト 7.2
FG確率 36.0%
3PT確率 30.5%
FT確率 45.1%
スティール 1.7
TO 2.6

 

得点は2ケタに乗せ、アシスト、リバウンド共に素晴らしい数字を残していますが、気になるのはやはりシュート確率でしょうか。

どれも悪いと感じますが、フリースローが5割を切っているのには目を疑いました。

 

 

シーズンオフにはシュートフォームの改善を含めたシューティング練習が繰り返されたと伝えられています。

 

2018-19シーズン

2018-19シーズンを前にレイカーズは多くの選手を獲得し、チームはガラリと姿を変えました。

NBAのキングレブロンジェームズをはじめとして、レジェンド的なPGにもなりつつあるロンド、マギーやスティーブンソン、ビーズリーなど経験値の高い選手が加入します。

ボールをはじめとしたカイルクーズマ、ジョシュハート、イングラムなどの若手との融合が世界中から注目を集めました。

 

 

ボール自身もスタートメンバーとして定着しており、パスはこれまで以上に冴え渡っています。

 

 

フィールドゴール確率、スリーポイント確率共に昨シーズンから向上が見られますが、フリースロー確率はさらに悪化しました。

チームは、レブロンジェームズが負傷欠場した年末辺りから一気に勝率を落とし、ロンゾボール自身も1/19のロケッツ戦を最後に足首の負傷によりその後シーズンを全休しています。

プレイオフ進出も逃し、大きく変貌を見せたチームでしたが終わってみれば37勝45敗と前年から2つしか勝ち星を伸ばすことが出来ませんでした。

ペリカンズへ移籍

ラプターズの優勝で幕を閉じたNBA2018-19シーズンですが、新たなシーズンが始まった直後に大型トレードのニュース報道がありました。

ペリカンズとレイカーズ間のトレードによるもので、ロンゾボールもその中の1人に挙げられペリカンズに移籍することになりました。

 

 

ペリカンズに加入後もイングラムやハートと共に活躍を見せたボール。

シーズン途中には、ザイオンウィリアムソンもデビューを果たしプレイオフを狙える位置につけバブル入りしました。

 

 

それでもバブルでは勝ち星を重ねることが出来ず、結局ウェスト13位でシーズンを終えています。

2020-21シーズン

シーズンオフにドリューホリデーを放出したペリカンズ。

エリックブレッドソーやスティーブンアダムスなど新たな戦力も加わりました。

ロンゾボールは変わらず、スターターのポイントガードをつとめています。

2020ドラフト3位でNBA入りした、弟のラメロボールとのマッチアップも実現しました。

 

 

シーズン中盤は欠場も続きましたが、平均得点では過去最高となる14.6得点を記録しました。

 

 

ブルズへ移籍

2021-22シーズンを前にブルズへ移籍したロンゾボール。

ブルズには、スパーズからデマーデローザン、レイカーズからアレックスカルーソも獲得していて、既存メンバーであるザックラビーンや二コラブーチェビッチの新チームに注目が集まりました。

 

 

シーズン序盤から勝ち星をかさねましたが、怪我人も続きやや順位を落としながらもイースト6位でプレイオフに進出しました。

ボールは、シーズン途中に左ひざを手術していて、1月から全休しプレイオフにも出場できませんでした。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
17-18 20 LAL 52 34.2 10.2 6.9 7.2 36.0 30.5 45.1 1.7 0.8 2.6
18-19 21 LAL 47 30.3 9.9 5.3 5.4 40.6 32.9 41.7 1.5 0.4 2.2
19-20 22 NOP 63 32.1 11.8 6.1 7.0 40.3 37.5 56.6 1.4 0.6 3.1
20-21 23 NOP 55 31.8 14.6 4.8 5.7 41.4 37.8 78.1 1.5 0.6 2.2
21-22 24 CHI 35 34.6 13.0 5.4 5.1 42.3 42.3 75.0 1.8 0.9 2.3

 

プレイオフ

出場経験なし

 

 

年齢 24歳
身長 198cm
体重 86kg
国籍 アメリカ

 

 

コメント