ジョエルエンビード:次世代No.1センター

ジョエルエンビード

 

カメルーン出身のセンタープレイヤー、ジョエルエンビード。

カンザス大学で1年間プレーした後、アーリーエントリーでNBAにドラフトにより入団した選手です。




NBA2014ドラフト

ジョエルエンビードは、2014年のドラフト1巡目3位でシクサーズに指名され入団しています。

ドラフト前に足の骨折が判明し、手術したため2014-15シーズンは絶望とされながらもこの順位であったことはエンビードへの期待の表れでしょう。

2014ドラフトの上位6名は以下の通りです。

  1. アンドリューウィギンス
  2. ジャバリパーカー
  3. ジョエルエンビード
  4. アーロンゴードン
  5. ダンテエクザム
  6. マーカススマート

豊作の年が続いています。

2014-15シーズン

NBA入りを果たした2014-15シーズンは足の怪我によりシーズンを全休しています。

2015-16シーズン

デビューゲームを期待されたシーズンでしたが、怪我の調子が芳しくなく再手術となりまたもやシーズンを全休することになりました。

足の疲労骨折が元の怪我ですが、サイズ的な面やプレーなどからも常人では想像できないほどの負荷がかかっていたのかもしれません。

2016-17シーズン

2年間リハビリに専念したエンビードは2016-17シーズンのプレシーズンゲームでNBAの舞台に初めてそのプレーを披露し、開幕戦では20得点を超える活躍を見せます。

 

Joel Embiid Full Highlights vs Thunder (2016.10.26) – 20 Pts, 7 Reb, Official NBA Debut

 

その後もセブンフッターとは思えない次世代のプレーを見せたエンビードですが、膝の怪我により2016-17シーズンも31試合出場した時点で残りゲームを全休となってしまいました。

31試合での平均スタッツは以下の通りです。

出場時間25.4
得点20.2
リバウンド7.8
ブロック2.5
FG確率46.6%
3PT確率36.7%

 

出場時間と得点のバランスは明らかにルーキーの数字とはかけ離れています。

フィールドゴール確率がセブンフッターの中では低く感じますが、平均で3.2本のスリーポイントを放っているため致し方ないところでしょう。

 

LeBron James vs Joel Embiid CRAZY Battle Highlights (2016.11.05) 76ers vs Cavaliers – MUST SEE!

 

ルーキーシーズンでレブロンのレイアップをどこにボールが飛んで行ったか分からないほどブロックできる選手は探す方が難しいでしょう。

2017-18シーズン

エンビード同様にルーキーシーズンを怪我により全休したベンシモンズもチームに加わりエンビードのバスケットはより進化を遂げていきます。

 

Best Ben Simmons Assists to Joel Embiid | Establish A Connection Early In Philly!

 

サイズや身体能力はさることながら、アメリカ人の選手には見られないテクニックを2人の選手に感じているファンも少なくないでしょう。

2011-12シーズンからプレイオフに進出できていないシクサーズですが、2017-18シーズンはプレイオフでエンビードの活躍を見ることが出来そうです。

初出場となったオールスターでも、他のスタープレイヤーに遜色のない存在感を放っていました。

 

BEST OF 1st Time All-Stars | Embiid, Towns, Oladipo, Beal, Dragic

 

2017-18シーズンの平均スタッツは以下の通りです。

出場時間30.3
得点22.9
リバウンド11.0
ブロック1.8
FG確率48.3%
3PT確率30.8%

レギュラーシーズン3位と好成績でプレーオフに臨んだシクサーズでしたが、カンファレンスセミファイナルでセルティックスに1-4で敗れシーズンを終えています。

レギュラーシーズン終盤にエンビードは眼窩骨折を負い、フェイスマスクをつけファーストラウンド途中から復帰しました。

エンビードの復帰によりチームは安定度を明らかに増しましたがそのプレーはまだファンの想像を超えるものではありませんでした。

エンビードのバッシュ

エンビードはアディダスのMad Bounceを着用しているようです。

シクサーズカラーではありませんが、黒がホントによく似合う選手です。

コメント