NBAプレイオフ速報

183cmの身長でビッグマンをなぎ倒したアレンアイバーソン

アレンアイバーソン

 

アレン アイバーソン

NBAのスターガードプレイヤーとしては異質のプレイスタイルだったアイバーソン。

バスケはサイズだと言われるくらい身長は高いにこしたことはないスポーツですが、世界最高のバスケットリーグNBAではよりそれを実感します。

ポイントガードでも190cm前後のプレイヤーが多く、シューティングガードまで枠を広げれば200cm前後のプレイヤーがほとんどです。

背の低いポイントガードが注目を浴びることもありましたが、実際にナイスプレイを連発していてもスーパースターまでそのプレイが届くのはこれまで0と言っても過言ではなかったのではないでしょうか・・・

しかし183cmのアレンアイバーソンはシューティングガードとしてチームを引っ張り、得点王にも輝いた他シーズンMVP、オールスターMVPも獲得し、ファイナル進出も果たしているまさにスーパースターといえます。

Sponsored Link


だらんと膝まで伸びる長い腕には日本でも多くのプレイヤーが真似をしたトレードマークのアームサポーターが光り、独特のステップとドリブル、クロスオーバーの後に放たれる難しい体勢のジャンプシュートはきれいな放物線を描きリングに当たることなくネットに吸い込まれるのがとても印象強いです。

長い手を使ったディフェンスも素晴らしく、スティール王になった実力者でもあります。

鋭いペネトレイトからのダブルクラッチやたまにしか見せないダンクは本当に183cmなのかと目を疑いたくなるような迫力と高さで、気付けばテレビ画面でボールを持っていなくても目で追ってしまうプレイヤーの1人です。

 

もはや伝説となっているマイケルジョーダンとの1ON1ですが、オフェンス有利なバスケットとはいえ、あのジョーダンがディフェンスであそこまで遅れをとっているのは珍しいシーンと言えるでしょう。

これほど素晴らしいプレイヤーであるアイバーソンでもチャンピオンリングを手に入れることが出来なかった・・・やはりNBAはとんでもないリーグですが、上の動画であるようなプレーがチームとしていくつものスクリーンやフォーメーションから成り立っていたのもその原因といえます。

一度はファイナルまで行っているのだからチームとしてもその強さは認める部分かもしれませんが、この当時はウェスタンカンファレンスに強豪チームが偏っていてどこが勝ちあがってもイーストのチームはファイナルでは勝てないといわれていました。

その競合揃いのウェストを全てスイープでファイナルまで勝ち上がったレイカーズはあのシャックアンドコービー全盛期でしたから183cmのアイバーソンがスーパーエースのポジションではトータルで見て現実的には厳しいというのも頷けます。

実際に全てスイープで日程的にプレーオフでは考えられないほど初戦が空いたレーカーズに第1戦は白星を挙げましたが、その後4連敗でのシリーズ終了という形になっています。

 

Sponsored Link


マジックジョンソンやスコッティピッペンのようなガードも出来るビッグマンと一緒にプレーしていればとせつに思いますが、たらればはどんな時でもたらればなのでこれが結果なのでしょう。

その後デンバーナゲッツに移籍もし、カーメロアンソニーともプレーしましたが、やはり上手い選手が集まればいいというわけにはいかず、役割が被り気味になり上手く機能しなかったのも残念です。

それらをふまえてもアイバーソンはやはりスーパースターであり日本人が真似できるスキルも多く、小さいプレイヤーに夢を与えたことは間違いありません。

卓越したクロスオーバーからのドライブや美しい放物線を描いたジャンプシュートは今後も語り継がれることは間違いないでしょう。

 

 

コメント

  1. […] アレンアイバーソン  twitter0  Facebook0  Google+0  はてブ Pocket   feedly31 […]