非凡な才能を秘めながら怪我に泣いたグラントヒル

グラントヒル

 

グラントヒル

ルーキーイヤーから類稀な才能を発揮し、新人王に加えて、オールスターのファン投票1位など輝かしい記録を残したグラントヒル。

マイケルジョーダンの最初の引退後ということもありグラントヒルが今後NBAを引っ張っていくと多くのNBAファンが思っていました。

実際にその後も得点、リバウンド、アシスト、ディフェンスと全ての面で超一流のプレーを見せるグラントヒルはタイトルこそ獲得していませんが、NBAの1stチームに選ばれるなどその実力は飛躍していきます。

 

Sponsored Link


しかしチームとしてはプレーオフに進出するのがやっとといったところで、ヒルはチャンピオンリング獲得のために移籍を決意し、5シーズン戦ったピストンズを去り、オーランドマジックへ移籍します。

今思えばこのトレードもとても興味深いものでありますが、当時日本ではほぼ無名だったベンウォレスらとトレードでマジックに移籍し、その時にマグレディもマジックに移籍してきました。

シャックとペニーは当時既にマジックを去ってしまってましたが、今出た名前だけでもとんでもない面子です・・・もう少しなにかがずれていればと考えるときりがないほどです。

 

Sponsored Link


しかし、そのマジックへ移籍した直後に足首を骨折したグラントヒルは、その後も足首の怪我に悩まされ続け、回復の兆しが見えた頃にはヘルニアになってしまい、NBAで最も活躍できると言われている30歳前後のシーズンを本来の姿でプレーすることは出来ませんでした。

ペニーとグラントヒルといったジョーダンの後継者に最も近かった2人が揃ってその才能を怪我により発揮できなかったことはNBAファンにとってはとても悲しい現実です。

怪我をするのはホントのスタープレイヤーではないと厳しい意見ももちろん理解できますが、実際に一番いいときにプレーが見れずに、想像の話になってしまうのでいつまでも名残惜しいのでしょう・・・

それでもヒルは、怪我から復活しカムバックを果たします。

マジックからフェニックスサンズへと移籍したヒルは、スティーブナッシュを中心としたアップテンポなバスケットにも問題なく適応し、全盛期のキレは当然取り戻せていなかったものの、持ち前のセンスと、経験で素晴らしいプレーを見せてくれました。

 

上の動画を見れば見るほど怪我がなければ・・・とまたぶり返してしまいそうです・・・しかし33番が似合いますね~かっこいいです!

その他に33番ですぐ思い出せるというとピッペンやユーイングといった名前が挙がりそうですが、ヒルはスタイルも抜群にいいですし、顔もかっこいいので日本でも人気が出るはずだと納得です。

管理人もグラントヒル1持ってましたし、メーカーはFILAでしたがコートの上ではちょくちょくシグニチャーモデルを見かけました。

今でもNBAでヒルのようなセンスに溢れるプレイヤーは多く見かけることは出来ないと思うので、大きくて器用なプレーヤーは是非参考にしてください。

関連記事



コメントを残す