クリスポール:NBAナンバー1PGの呼び声高いポイントゴッド

 

いつの時代もNBAではNo.1ガードの存在が、シーズンやプレイオフを大きく動かしてきました。

昨今のNBAにおいて、その呼び声が高い選手にクリスポールが加わることに異議を唱える人は少ないでしょう。

持ち前のパスセンス、ドリブル、フィジカル、シュート力、どれをとってもNBAの中でもトップクラスで、ポイントガードに最も必要なリーダーシップ、ゲームメイクも兼ね備えたスーパースターです。

クリスポールのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

プレイスタイル

 

これまでに新人王から、スティール王、アシスト王と数々のタイトルを獲得しているクリスポール。

2014NBAプレイオフのカンファレンスセミファイナルでは、サンダー相手に3ポイントを8本連続で成功させるなど得点力も兼ね備えたプレイヤーです。

ドリブル、パス、シュートといった全ての技術に長けていて、ディフェンスとの間を完璧に把握し、コートを支配します。

 

 

 

在籍したチーム

 

これまでに、現在のサンズ、サンダー、ロケッツとクリッパーズ、その前に所属していたホーネッツの5チームでクリスポールはプレイしていますが、どのチームも躍進させました。

しかし、ファイナル出場の経験はなく、チーム成績としては物足りないファンの方も多いでしょう。

確かにここ数年はウェスタンカンファレンスのレベルが非常に高いと言われ、レイカーズやスパーズ、ウォリアーズの陰に隠れていた部分はあります。

それでもイーストのセルティックスやヒート、キャブスがチャンピオンリングを獲っているシーズンもあるのでそれは理由にならないでしょう。

個人タイトルやスタッツ、オールスターでのMVP、オリンピックでの2つの金メダルと輝かしい記録はとんでもないことですが、そういったタイトルはたくさん持っているけどNBAのチャンピオンリングだけ獲れないという選手はこれまでにも数多くいます。

 

 

ポイントゴッド

 

見れば見るほど、派手さと堅実さを兼ね備えた素晴らしいポイントガードです。

昨今ではその神がかったプレイに対し、ポイントガードにかけてポイントゴッドと呼ばれることもあります。

ポイントガードはジョンストックトンのような堅実なタイプか、ジェイソンウィリアムスのようなド派手なタイプに分かれることが多いのですが、その時々でどちらの顔も見せるクリスポールは相手にとって本当に「嫌な」プレイヤーです。

歴代のNBAからみても、トップクラスのポイントガードと言えるでしょう。

 

 

チャンピオンリングを獲るためにはチームでの力が必要です。

クリッパーズ時代には、ド派手なダンクに加えて最近ではシュートレンジも広がってきたグリフィンなど有能な選手も多かったですが、それでもプレイオフが始まる前にクリッパーズがチャンピオンリングを獲るとファン以外で予想した人は5%もいませんでした。

クリッパーズ時代にサンダーに勝って、スパーズに勝って、ウォリアーズに勝ってさらにファイナルで勝つかと聞かれれば、Noと答える人が多いのは致し方ありません。

 

新天地ロケッツでリングの獲得を目指す

そんな中クリスポールは6年プレイしたクリッパーズからの移籍を決意します。

移籍先はジェームスハーデンのいるヒューストンロケッツでした。

 

 

ジェームスハーデンもNBAの中で異質ながらトッププレイヤーであるため、2017-18シーズンからどんなデュオが見られるか世界中のファンの注目を集めました。

アイソレーションをフルに活用した独特のフォーメーションでロケッツは躍動し、強豪ひしめくウェスタンカンファレンス首位でプレイオフにコマを進めます。

 

 

プレイオフに入ってもその勢いは衰えることはなく、1クォーターで50点挙げるなど悪魔的なアウトサイドシュートで、カンファレンスファイナルまで順当に進みました。

カンファレンスファイナルは、実際のファイナルともいわれウォリアーズと対戦します。

ホームコートアドバンテージをもつロケッツが有利という下馬評でしたが、第1戦をホームで落とし状況は一変しました。

3戦を終え1勝2敗と負け越していたロケッツは、第4戦で奇襲ともいえるようなゲームプランでプレイオフホーム16連勝中だったウォリアーズに勝利し2-2のタイとします。

ホーム16連勝というと2年くらい負けてない計算になるので、今考えてもすごいことです。

 

 

第5戦でホームに帰ったロケッツは、きっちりと勝利しウォリアーズ相手に王手をかけました。

 

 

しかし、第5戦の終了間際にクリスポールは足を痛め、その後第6戦・7戦に出場することはなくロケッツは連敗しファイナル進出を逃しています。

第4戦・5戦とほぼ6人でプレイしたロケッツでしたが、クリスポールへの負担は計り知れないものでした。

しかし、そのような戦術をとらなければウォリアーズに勝つことは出来なかった・・・今でもクリスポールがケガしていなければと考えてしまうファンは多いです。

2018-19シーズン

2018-19シーズン前にロケッツと4年の再契約を結んだクリスポール。

再度王朝ウォリアーズ撃破を目指します。

しかし、メンバーの入れ替えなどによりロケッツは序盤から苦戦を強いられました。

クリスポール自身も、シーズン序盤にロンドとの乱闘により数試合出場停止になるなど、らしからぬ姿を見せました。

 

 

リーグ自体が混戦状態にあり、その中でロケッツはウェスト4位でプレイオフに進出しました。

王者ウォリアーズとカンファレンスセミファイナルで激突する位置にあり、クリスポールが怪我なく戦えるのではと好材料に捉えたファンも多かったです。

それでも、ウォリアーズの強さは相変わらずで、KDがGame5で負傷退場しますがロケッツは勝ちきることが出来ませんでした。

ポイントゴッドと呼ばれた姿もそこにはなく、ハーデンありきのゲーム展開に憤りを覚えたファンも少なくないでしょう。

 

 

サンダーへ移籍

2019-20シーズンオフは、ビッグネームの移籍が相次ぎました。

その締めくくりともなった、クリスポールとラッセルウェストブルックのトレード。

 

 

サンダーはポールジョージも移籍しているため、プレイオフを狙えるチーム状況ではないというのが大方の見解でした。

クリスポールも、現役の絶頂期は過ぎており、もうそれほど時間がないためサンダーからの更なる移籍を示唆する声も多く挙がっていました。

しかし、シーズン序盤を過ぎたあたりから、キレキレのプレイを連発しチームをウェスト5位でプレイオフに導きました。

理由の1つとして、食生活を植物性食品に変更してそれがうまくはまっているという話が挙がっています。

 

 

 

 

プレイオフでは、皮肉にもファーストラウンドで古巣のロケッツと対戦しました。

プレイオフでもクリスポールの活躍は衰えることなく、ポイントゴッドたる所以を幾度となく見せつけますが、第7戦で惜しくも敗れシーズンを終えています。

サンズへ移籍

2020-21シーズンを前に、トレードでサンズへ移籍したクリスポール。

スコアラーのデビンブッカー、インサイドのディアンドレエイトンを中心に、再びチームを躍進させました。

 

 

 

3月におこなわれた、オールスター2021では、16アシストでチームの勝利に貢献し、オールスター通算のアシスト数でマジックジョンソンを抜き、歴代1位となりました。

 

 

3月22日におこなわれたレイカーズ戦で、NBA史上6人目となる通算10,000アシストを記録しました。

 

 

過去10シーズン、プレイオフ進出を逃していたサンズでしたが、レギュラーシーズンを51勝21敗の高勝率でウェスト2位でプレイオフに進出しました。

プレイオフファーストラウンドで、昨シーズン王者のレイカーズを4-2で降すと、カンファレンスセミファイナルではナゲッツをスイープし、カンファレンスファイナルでクリッパーズを4-2で退け、クリスポールは自身初となるファイナルへ進出しました。

 

 

カンファレンスファイナル中に、新型コロナウィルスに感染する事態もありましたが、欠場は2試合のみで、2試合とも勝利し、試合後すぐにクリスポールに電話をかけるチームの姿が印象的でした。

 

 

ファイナルでバックスと対戦したサンズ。

開幕からホームで連勝し完全にサンズペースでした。

 

 

 

しかし、第4戦の接戦の中、ヤニスアデトクンポの1本のブロックショットがシリーズの流れを完全に変えてしまい、結果2連勝からの4連敗で敗れシーズンを終え自身初となるチャンピオンリング獲得はなりませんでした。

 

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

クリスポールのバッシュ

クリスポールは、八村塁選手やルカドンチッチ、ザイオンウィリアムソンなど若手も多く契約したジョーダンブランドからシグニチャーモデルが発売されていました。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
05-06 20 NOK 78 36.0 16.1 5.1 7.8 43.0% 28.2% 84.7% 2.2 0.1 2.3
06-07 21 NOK 64 36.8 17.3 4.4 8.9 43.7% 35.0% 81.8% 1.8 0.0 2.5
07-08 22 NOH 80 37.6 21.1 4.0 11.6 48.8% 36.9% 85.1% 2.7 0.1 2.5
08-09 23 NOH 78 38.5 22.8 5.5 11.0 50.3% 36.4% 86.8% 2.8 0.1 3.0
09-10 24 NOH 45 38.0 18.7 4.2 10.7 49.3% 40.9% 84.7% 2.1 0.2 2.5
10-11 25 NOH 80 36.0 15.9 4.1 9.8 46.3% 38.8% 87.8% 2.4 0.1 2.2
11-12 26 LAC 60 36.4 19.8 3.6 9.1 47.8% 37.1% 86.1% 2.5 0.1 2.1
12-13 27 LAC 70 33.4 16.9 3.7 9.7 48.1% 32.8% 88.5% 2.4 0.1 2.3
13-14 28 LAC 62 35.0 19.1 4.3 10.7 46.7% 36.8% 85.5% 2.5 0.1 2.3
14-15 29 LAC 82 34.8 19.1 4.6 10.2 48.5% 39.8% 90.0% 1.9 0.2 2.3
15-16 30 LAC 74 32.7 19.5 4.2 10.0 46.2% 37.1% 89.6% 2.1 0.2 2.6
16-17 31 LAC 61 31.5 18.1 5.0 9.2 47.6% 41.1% 89.2% 2.0 0.1 2.4
17-18 32 HOU 58 31.8 18.6 5.4 7.9 46.0% 38.0% 91.9% 1.7 0.2 2.2
18-19 33 HOU 58 32.0 15.6 4.6 8.2 41.9% 35.8% 86.2% 2.0 0.3 2.6
19-20 34 OKC 70 31.5 17.6 5.0 6.7 48.9% 36.5% 90.7% 1.6 0.2 2.3
20-21 35 PHO 70 31.4 16.4 4.5 8.9 49.9% 39.5% 93.4% 1.4 0.3 2.4

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
07-08 22 NOK 12 40.5 24.1 4.9 11.3 50.2% 23.8% 78.5% 2.3 0.2 1.8
08-09 23 NOK 5 40.2 16.6 4.4 10.4 41.1% 31.3% 85.7% 1.6 0.0 4.8
10-11 25 NOH 6 41.7 22.0 6.7 11.5 54.5% 47.4% 79.6% 1.8 0.0 3.7
11-12 26 NOH 11 38.5 17.6 5.1 7.9 42.7% 33.3% 87.2% 2.7 0.1 3.9
12-13 27 NOH 6 37.3 22.8 4.0 6.3 53.3% 31.6% 89.2% 1.8 0.0 1.5
13-14 28 NOH 13 36.3 19.8 4.2 10.3 46.7% 45.7% 77.4% 2.8 0.0 3.0
14-15 29 LAC 12 37.1 22.1 4.4 8.8 50.3% 41.5% 94.1% 1.8 0.3 2.2
15-16 30 LAC 4 31.3 23.8 4.0 7.3 48.7% 30.0% 100.0% 2.3 0.0 1.0
16-17 31 LAC 7 37.1 25.3 5.0 9.9 49.6% 36.8% 87.9% 1.7 0.1 2.7
17-18 32 HOU 15 34.5 21.1 5.9 5.8 45.9% 37.4% 83.0% 2.0 0.3 1.9
18-19 33 HOU 11 36.1 17.0 6.4 5.5 44.6% 27.0% 84.4% 2.2 0.6 3.4
19-20 34 OKC 7 37.3 21.3 7.4 5.3 49.1% 37.2% 88.5% 1.6 0.4 3.3
20-21 35 PHO 20 34.2 19.2 3.5 8.6 49.7% 44.6% 87.7% 1.2 0.2 2.2

 

 

年齢 37歳
身長 183cm
体重 79kg
国籍 アメリカ

 

コメント