デビンブッカー:1試合70得点も記録した3ptチャンピオン

デビンブッカー

 

アメリカ以外の若手選手も多く活躍する昨今のNBAですが、デビンブッカーはアメリカミシガン州出身の選手です。

ミシシッピ州の高校からケンタッキー大学へ進学し1年プレーした後、アーリーエントリーでドラフトによりNBA入りを果たしました。




2015年NBAドラフト

フェニックスサンズから1巡目13位で指名を受けNBA入りを果たしたデビンブッカーですが、2015年のドラフトではケンタッキー大学から多くの選手がNBA入りしています。

2015年ドラフトの上位10名は以下の通りです。

  • カールアンソニータウンズ
  • デアンジェロラッセル
  • ジャーリールオカファー
  • クリスタルポルジンギス
  • マリオヘゾニャ
  • ウィリーコーリーステイン
  • エマニエルムディエイ
  • スタンリージョンソン
  • フランクカミンスキー
  • ジャスティスウィンスロー

この中で1位指名のタウンズと、6位指名のステインはケンタッキー大学の出身となっています。

2015-16シーズン

開幕戦から約20分のプレータイムで14得点を挙げたブッカーですが、その後数ゲームはプレータイムも制限されたゲームもあり中々得点が安定しないゲームが続きました。

それでも30ゲーム辺りからは2桁得点を安定して記録するようになり1/19におこなわれたペイサーズ戦では32得点を挙げる活躍を見せます。

Devin Booker Career High vs Pacers 32 pts / Full Highlights (1/19/2016) HD

 

その後も得点を重ねたブッカーは、ルーキーシーズンから6度30得点以上を挙げ、平均得点も13.8得点と2桁のスタッツを残しました。

Devin Booker 2015-16 Rookie Season Compilation Part1 – SCORING MACHiNE!

 

しかし、低迷を続けるチームは23勝59敗と大きく負け越しシーズンを終えています。

2016-17シーズン

開幕戦からスタメン出場したブッカーは、第6戦目のペリカンズ戦で38得点、第7戦目のレイカーズ戦で39得点とさらにその得点力は上昇していきます。

迷いなく放たれるアウトサイドシュートは相手ディフェンスにとって脅威といえ、ドライブやアシストにも繋がるためゾーンに入った時はディフェンスもお手上げとならざるを得ません。

Devin Booker 2016-17 Season Offensive Compilation Part1 – Baby MAMBA!

 

そして、シーズンも終盤に差し掛かった3/24のセルティックス戦で1試合70得点を記録します。

長いNBAの歴史の中でも6人目となるとんでもないスコアです。

Devin Booker UNREAL Career-HIGH 70 Pts! 2017.03.24 at Celtics – 70 at the Age Of 20!

 

このゲームでのブッカーのスタッツは以下の通りです。

出場時間 44:58
得点 70
アシスト 6
FG確率 21/40(52.5%)
3PT確率 4/11(36.4%)
FT確率 24/26(92.3%)

 

動画とスタッツを見て様々な感想を持たれると思いますが、フリースローを9割以上の確率で決め24得点挙げていることには驚きと称賛以外ないでしょう。

それでもチームは、低迷から抜け出せず24勝58敗でプレーオフとは遠い存在が続いています。

ブッカー自身は前年から平均スタッツを大きく上げ、平均得点を22.1得点としています。

2017-18シーズン

2017-18シーズンも開幕戦からスタメン出場し得点を更に重ねるブッカーですが、チームの勝率は中々上がりません。

チーム内でもHCの解任や選手の言動など混沌とした雰囲気がシーズン序盤から伺えました。

ブッカー自身も12月に内転筋を痛め数ゲーム欠場することになりました。

そんな中、2月におこなわれたオールスターゲームのスリーポイントコンテストに出場しまたもとんでもない記録を打ち立てます。

Devin Booker Wins the 2018 JBL Three-Point Contest | Record Setting Round with 28 3's

 

大会記録となる28ポイントを挙げたブッカーはクレイトンプソンを降しスリーポイントコンテストチャンピオンに輝きます。

フリーとは言え、大観衆の見守る中20/25の80%でスリーポイントを堂々と沈めたブッカーに世界中が称賛をおくりました。

デビンブッカーのバッシュ

ナイキのズームレブを愛用しているようです。

他のNBA選手でも着用している選手もいてバッシュとしての性能の高さを物語っています。

シグニチャーモデルの発売を期待しているファンも多いでしょう。




ガード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
人気記事



Basketball Dream

コメント