デビンブッカー:1試合70得点も記録したスリーポイントチャンピオン

 

アメリカ以外の若手選手も多く活躍する昨今のNBAですが、デビンブッカーはアメリカミシガン州出身の選手です。

ミシシッピ州の高校からケンタッキー大学へ進学し1年プレイした後、アーリーエントリーでドラフトによりNBA入りを果たしました。

ブッカーのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

2015年NBAドラフト

フェニックスサンズから1巡目13位で指名を受けNBA入りを果たしたデビンブッカーですが、2015年のドラフトではケンタッキー大学から多くの選手がNBA入りしています。

2015年ドラフトの上位10名は以下の通りです。

  • カールアンソニータウンズ
  • デアンジェロラッセル
  • ジャーリールオカファー
  • クリスタルポルジンギス
  • マリオヘゾニャ
  • ウィリーコーリーステイン
  • エマニエルムディエイ
  • スタンリージョンソン
  • フランクカミンスキー
  • ジャスティスウィンスロー

この中で1位指名のタウンズと、6位指名のステインはケンタッキー大学の出身となっています。

2015-16シーズン

開幕戦から約20分のプレイタイムで14得点を挙げたブッカーですが、その後数ゲームはプレイタイムも制限されたゲームもあり中々得点が安定しないゲームが続きました。

それでも30ゲーム辺りからは2桁得点を安定して記録するようになり1/19におこなわれたペイサーズ戦では32得点を挙げる活躍を見せます。

 

 

その後も得点を重ねたブッカーは、ルーキーシーズンから6度30得点以上を挙げ、平均得点も13.8得点と2桁のスタッツを残しました。

 

 

しかし、低迷を続けるチームは23勝59敗と大きく負け越しシーズンを終えています。

 

 

2016-17シーズン

開幕戦からスタメン出場したブッカーは、第6戦目のペリカンズ戦で38得点、第7戦目のレイカーズ戦で39得点とさらにその得点力は上昇していきます。

迷いなく放たれるアウトサイドシュートは相手ディフェンスにとって脅威といえ、ドライブやアシストにも繋がるためゾーンに入った時はディフェンスもお手上げとならざるを得ません。

 

 

そして、シーズンも終盤に差し掛かった3/24のセルティックス戦で1試合70得点を記録します。

長いNBAの歴史の中でも6人目となるとんでもないスコアです。

 

 

このゲームでのブッカーのスタッツは以下の通りです。

 

出場時間44:58
得点70
アシスト6
FG確率21/40(52.5%)
3PT確率4/11(36.4%)
FT確率24/26(92.3%)

 

動画とスタッツを見て様々な感想を持たれると思いますが、フリースローを9割以上の確率で決め24得点挙げていることには驚きと称賛以外ないでしょう。

それでもチームは、低迷から抜け出せず24勝58敗でプレイオフとは遠い存在が続いています。

 

 

ブッカー自身は前年から平均スタッツを大きく上げ、平均得点を22.1得点としています。

2017-18シーズン

2017-18シーズンも開幕戦からスタメン出場し得点を更に重ねるブッカーですが、チームの勝率は中々上がりません。

チーム内でもHCの解任や選手の言動など混沌とした雰囲気がシーズン序盤から伺えました。

ブッカー自身も12月に内転筋を痛め数ゲーム欠場することになりました。

そんな中、2月におこなわれたオールスターゲームのスリーポイントコンテストに出場しまたもとんでもない記録を打ち立てます。

 

 

大会記録となる28ポイントを挙げたブッカーは、クレイトンプソンを降しスリーポイントコンテストチャンピオンに輝きます。

フリーとは言え、大観衆の見守る中20/25の80%でスリーポイントを堂々と沈めたブッカーに世界中が称賛をおくりました。

シーズン平均得点も24.9得点まで伸ばしますが、チームは21勝61敗と相変わらずの成績でした。

 

 

 

2018-19シーズン

 

2018-19シーズンも得点を重ね、平均得点はさらに伸び26.6得点を記録しました。

スリーポイント確率はやや下がったものの、全体のFG確率は過去最高の46.7%まで上昇しNBAを代表するスコアラーへと進化しています。

 

 

それでもチームは、リーグに参加した1968-67シーズン以来の勝率の悪さで、19勝63敗でシーズンを終えています。

2019-20シーズン

シーズン前にサンズは、リッキールビオやアーロンべインズを獲得し、ブッカーの得点力はさらにひかりました。

ケーリーウーブレ―ジュニアも好調で、シーズン序盤は勝ち星を重ねました。

 

 

シーズン中盤からは勝率を落としましたが、なんとかプレイオフの可能性も残しバブル入りしました。

そしてバブルでは8試合全てに勝利するという快進撃を見せましたが、惜しくもプレイオフ進出はなりませんでした。

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

 

 

2020-21シーズン

2020-21シーズンオフに、サンダーからクリスポールを獲得したサンズ。

 

 

スコアラーはブッカー中心なことに変わりはありませんが、リーグ随一のポイントガードが加わったことで、さらにブッカーとサンズのバスケットは幅を広げています。

 

 

意外と乱闘の多い選手

あくまでも管理人のイメージですが、見た目から乱闘が多いのは意外と感じます。

得点力が高いため、執拗にマークされブッカー自身がいらついてしまうこともありそうです。

それよりも、それくらいの負けん気がないとあれだけ自信をもってシュートを放つことは出来ないのかもしれません。

 

 

 

 

 

デビンブッカーのバッシュ

ナイキのズームハイパーレブや、コービー、ハイパーダンクを使用しています。

シグニチャーモデルの発売を期待しているファンも多いでしょう。

 

ナイキ コービー5
NIKE(ナイキ)
「NIKE KOBE V PROTRO “ 5 Rings ” (ナイキ コービー 5 プロトロ “5 リングス” )#CD4991-400」になります。

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
15-1619PHX7627.713.82.52.642.334.384.00.60.32.1
16-1720PHX7835.022.13.23.442.336.383.20.90.33.1
17-1821PHX5434.524.94.54.743.238.387.80.90.33.6
18-1922PHX6435.026.64.16.846.732.686.60.90.24.1
19-2023PHX7035.926.64.26.548.935.491.90.70.33.8

 

プレイオフ

出場経験なし

 

 

年齢24歳
身長198cm
体重93kg
国籍アメリカ