クリスタプス・ポルジンギス:ラトビア出身のスリーポイントも打てる221cm

 

クリスタス・ポルジンギスは、ラトビア出身のバスケット選手です。

ラトビアでは、国の中でもバスケットはとても盛んなスポーツで、NBAまで届かない選手も多いですが、スペインをはじめとしたヨーロッパのプロリーグでプレイする選手もたくさんいます。

ポルジンギスのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

NBA入団前

ポルジンギスもNBAの前は、スペインのプロバスケットボールリーグ、リーガACBでプレイしていました。

 

 

上の動画は、2011-2015までプレイしたリーガACB、CBセビリアでのハイライト動画ですが、16歳からプロでプレイし、20歳までにこれだけハイライト出来る活躍を果たしています。

日本でもBリーグで、若い世代から活躍してくれる選手がきっと出てくるでしょう。

それでも中学を卒業して、そのままBリーグというのはB3やB2であってもあまり想像がつきません。

NBA入団-2015ドラフト

ポルジンギスは、2015年のドラフト4位でニックスに指名されNBA入りを果たしました。

ちなみに2015年度ドラフトの上位10名は以下の通りです。

 

チーム 選手
1 ウルブズ カールアンソニータウンズ
2 レイカーズ デアンジェロラッセル
3 76ers ジャリルオカフォー
4 ニックス ポルジンギス
5 マジック マリオヘゾニア
6 キングス ウィリーコリー
7 ナゲッツ エマニエルムディエイ
8 ピストンズ スタンリージョンソン
9 ホーネッツ フランクカミンスキー
10 ヒート ジャスティスウィンズロウ

 

下の動画はドラフト時の様子ですが、ニューヨークファンは頭を抱えています。

 

 

アメリカのNCAAで活躍した選手も充分に指名できる順位だっただけに、ファンとしては全く知らないポルジンギスの獲得に納得いかない方も多かったようです。

あんな子供までブーイングを・・・

それでもポルジンギスはそんな厳しい状況下の中、そのプレイで徐々にそういった声をかき消していきます。

2015-16シーズン

 

ニックスファンの予想を遥かに超えたプレイを、ポルジンギスはルーキーシーズンから披露します。

不審にあえいでいたチームだけに、プレイタイムが多く与えられたのも早く結果が出た要因の一つかもしれません。

ファーストシーズンから72試合に出場し、平均出場時間は28分を超えています。

その中で平均14.3得点7.3リバウンドというスタッツをポルジンギスは残しています。

 

 

チームのエースはカーメロアンソニーでしたが、オフェンス・ディフェンス共にポルジンギスがチームを支えているといっても過言ではないほど、その活躍は目にとまりました。

しかし、2015-16シーズンのニックスの成績は32勝50敗と、プレイオフには進出できずにシーズンを終えています。

新人王のタイトルも期待される活躍を見せたポルジンギスでしたが、惜しくも2位選考となり新人王獲得はなりませんでした。

2016-17シーズン

 

セカンドシーズンとなる、2016-17シーズンもニックスでプレイしたポルジンギス。

ニックスは、シーズンオフにブルズからデリックローズとジョアキムノアといったビッグネームを獲得し、4年ぶりのプレイオフ進出を狙います。

しかし、チームとして思った以上に結果は出ず、31勝51敗の12位でシーズンを終えまたもプレイオフ進出はなりませんでした。

ポルジンギス自身のスタッツでは、18.1得点、7.2リバウンドと更なる成長を見せています。

インサイドはもちろんのことルーキーイヤーよりもさらにアウトサイドでの得点が増えた印象です。

 

 

2017-18シーズン

 

2017-18シーズンオフにニックスの顔と言えたカーメロアンソニーが、サンダーへの移籍を表明しました。

また、ブルズから加入したデリックローズもキャブスへ移籍したため、ポルジンギスのボール保有率は一気に高まります。

ファーストゲームから31得点を挙げ、キャリハイとなる40得点を叩き出したゲームもありました。

チーム成績も5割を超えてプレイオフ圏内に入っていました。

 

 

 

しかし、ポルジンギスはシーズン途中で左ひざの前十字靭帯断裂という大きなケガにみまわれてしまい、残りのシーズンを全休することになりました。

手術は成功し、リハビリを経て来シーズン以降の復帰へ調整しました。

2018-19シーズン

2018-19シーズンも治療とリハビリのため開幕戦には間に合いませんでした。

少しでも早い復帰が望まれる中、2019年の2月1日に大型トレードによる移籍が発表されました。

移籍先はダラスマーベリックスで、すでにエースとなりつつある新人のドンチッチと共にチャンピオンリングを目指すことになりました。

2019-20シーズン

ドンチッチと共にシーズン序盤から好調を維持したポルジンギス。

自身初となるプレイオフにも出場しますが、膝の負傷により本来の姿を見せることは出来ず、シリーズ終盤は欠場となりました。

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

ポルジンギスのプレイスタイル

ポルジンギスは、これまでのインサイドプレイヤーの印象を大きく覆す選手です。

221cmという身長だけでも大きな武器ですが、身長に似つかわしくない動きと、これまでの大型選手になかったアウトサイドシュートを兼ね備えています。

これまでの長身選手同様に、膝が曲がらずややぎこちない動きを見せたかと思えば、リング付近での伸びのあるドライブからのダンクは日本人からすると正直理解できないほどです。

また、基本的なポストムーブもこなし、その中でミドルラインのフェイダウェイショットも武器としています。

それに加えてフリーであれば迷わずスリーポイントも放つのでディフェンスからするとお手上げと言いたくなるほどの選手です。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
15-16 20 NYK 72 28.4 14.3 7.3 1.3 42.1% 33.3% 83.8% 0.7 1.9 1.7
16-17 21 NYK 66 32.8 18.1 7.2 1.5 45.0% 35.7% 78.6% 0.7 2.0 1.8
17-18 22 NYK 48 32.4 22.7 6.6 1.2 43.9% 39.5% 79.3% 0.8 2.4 1.9
19-20 24 DAL 57 31.8 20.4 9.5 1.8 42.7% 35.2% 79.9% 0.7 2.0 1.6

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
19-20 24 DAL 3 31.3 23.7 8.7 0.7 52.5% 52.9% 87.0% 0.0 1.0 1.0

 

 

年齢 26歳
身長 221cm
体重 109kg
国籍 ラトビア

 

コメント