恵まれた身体能力を武器にタイトルを総なめにしたケビンガーネット

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

ケビンガーネット

 

KGの愛称で親しまれ、日本でもファンの多いケビンガーネット。

40歳までNBAでプレイし、最後までその存在感がコート上で薄れることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

1995ドラフトでウルブズ入団

そんなガーネットがNBA入りしたのは1995-96シーズンで、高校からアーリーエントリーによりドラフト1巡目5位でミネソタティンバーウルブズに入団しました。

当時のドラフト上位にはスタックハウスやラシードウォレスといった有名どころが名を連ねますが、その中で高卒の5位というのは当時から注目度が高かったことが充分にうかがえます。

1995年のNBAドラフト - Wikipedia

ただ大学に進学する点数が足りなかったという話もありますが・・・

 

Kevin Garnett High School Mix ~Phenom~

 

ガーネットのプレイスタイル

Kevin Garnett's Top 50 Plays of His Career

 

211cmという身長に加えて手も非常に長く、スピード・ジャンプ力といった身体能力も高いガーネットですが、アジア系のプレイヤーからは最も遠い存在といえるかもしれません。

そのサイズでそんなドライブやステップが出来るの?!と当時驚いた方も少なくないでしょう。

さらにシュートレンジも広く、高い打点に加えてフェイダウェイでベースラインからミドルラインのシュートも得意としていました。

こう書くと、もう止めようがないような雰囲気になってしまいますが、実際に高卒のルーキーイヤーからシーズン平均30分を切る出場ながら得点は2ケタに乗せてます。

4年目からは9シーズン連続で20得点以上を記録し、引退間際にネッツでプレイするまではシーズン平均で2ケタを切ることはありませんでした。

個人成績で圧巻なのは2003-04シーズンで、シーズン最多得点に加えて最多フィールドゴール、リバウンド王を受賞し、ファーストチーム、ディフェンスファーストチームにも選出され、シーズンMVPを獲得しています。

 

Kevin Garnett Flashback to MVP Season

 

ディフェンスにも優れたガーネット

211cmで動けるといっても、NBAには他にもそういったプレイヤーはたくさんいます。

そんなディフェンスを相手に、これだけ点数を積み重ねてきた記録を見返すとその凄さを改めて感じます。

また、オフェンスだけでなくディフェンスにも優れたガーネットは、最優秀守備選手も1度獲得しており、ディフェンシブ1stチームに4回選出されているのに加え、リバウンド王も4度獲得しています。

NBAの様々な賞は、1個獲得するのもスタープレイヤーであっても至難の技だと常々感じるのですが、こう並べてみるとホントに凄い記録です。

 

Kevin Garnett Power Of Intensity HD

 

チーム成績

チーム成績では、入団当時弱小とも言えたミネソタティンバーウルブズを2年目からプレイオフに導き、その後8年連続でプレイオフに出場しています。

7年連続でファーストラウンド敗退という少し残念な成績ではありましたが、ガーネット自身キャリア9年目、シーズンMVPを獲った年にはチームの補強も重なりカンファレンスファイナルまで駒を進めました。

 

Kevin Garnett Full Highlights 2004 WCSF Game 7 vs Kings – 32 Pts, 21 Rebs, 5 Blks, 14 Pts in 4th!

 

シャックが最後にレイカーズでプレイした年ですが、チームメイトの負傷なども重なり2-4でレイカーズに敗れています。

その後ウルブズに更なる期待が持たれましたが、予想外にチームは上手くいかずガーネットがその後ウルブズでプレイオフに出場することはありませんでした。

セルティックスへの移籍

3シーズンプレイオフに出場することの出来なかったガーネットは、チャンピオンリングを狙えるチームへの移籍を希望することとなり、当然多くのチームが獲得に意欲を見せました。

その中でガーネットが選んだのはボストンセルティックスで、後にビッグ3と呼ばれるポールピアス、レイアレンと共にセルティックスでプレイすることになります。

新天地で躍進を続けたガーネットは、移籍後初年度から66勝16敗という勝率8割を超える成績のチームをインサイドから支えました。

プレイオフでは苦しみながらもファイナルまで勝ち進み、ファイナルでは以前苦汁をなめたレイカーズ相手に4-2で勝利し念願のチャンピオンリングを獲得しています。

 

Kevin Garnett Full Highlights in 2008 Finals G6 – 26 Pts, 14 Rebs, NBA CHAMPION!

 

Kevin Garnett Defense on Pau Gasol – 2008 NBA Finals

 

プレイタイムや個人スタッツはミネソタ時代に比べて落ちてはいますが、プレイの衰えというわけではなく、バスケットは5人でやるスポーツだという典型的なカタチといえるでしょう。

翌年からも変わらない活躍を見せたガーネットでしたが、チャンピオンリングを獲得できたのはその1度だけにとどまりました。

カンファレンスファイナル、ファイナルへ進出した年もありますが、それぞれヒートとレイカーズに3-4の激戦の末敗れています。

ヒートにはプレイオフで2010-11、2011-12の2年連続で敗れていて、セルティックスのビッグ3からヒートのビッグ3へと世代交代を感じた方も少なくないでしょう。

 

Boston Celtics vs. Miami Heat GAME 5 HIGHLIGHTS | 2012 NBA PLAYOFFS | 6.05.2012

 

ネッツへの移籍

2013-14シーズンを前に、ガーネットはポールピアス・ジェイソンテリーと共にブルックリンネッツへ移籍しました。

初年度からプレイオフカンファレンスセミファイナルまで進みましたが、全盛期とも言えたヒートに敗れシーズンを終えます。

翌年もプレイオフには出場したものの、ファーストラウンドでホークスに敗れました。

 

Kevin Garnett Nets Offense Highlights

 

古巣ウルブズへの移籍

2015-16シーズンを前に、ガーネットは古巣であるウルブズへの移籍を発表します。

当時のようにプレイすることは当然できませんでしたが、地元ファンにとっては嬉しい凱旋だったと言えるでしょう。

2015-16シーズンを最後に引退を表明しています。

 

Kevin Garnett's last game in NBA *vs Grizzlies (2016.01.23)*

 

最後に

数えきれないほどのタイトルを獲得し、NBAにその名を刻んだケビンガーネット。

これだけ才能溢れるインサイドプレイヤーは、しばらく出てこないかもしれないと誰もが口をそろえる程でした。

指導力にも既に定評があるようで、今後は若い選手たちを育てる立場としてバスケット界をより盛り上げてくれることでしょう。

ケビンガーネットのバッシュ

ケビンガーネットは当時ナイキと契約を結んでいた時期もありシグニチャーモデルが発売されています。

エアガーネットとエアフライトポジットKGというモデルです。

その他にもANTAやアディダスのバッシュも着用していました。

 

おまけ

素晴らしいキャリアをもつガーネットですが、上の3つの動画でも分かるように気迫を前面に出したプレイが悪い方向に行ってしまうことも多く、乱闘シーンのハイライトの常連様ともなっています。

今回はあのカーメロと1試合に渡りやりあっているゲームがあったのでお楽しみ下さい。

ポジション違うと思うんだけど・・・喧嘩です完全に・・・

 

Kevin Garnett calls LaLa Honey Nut Cheerio!!!

 

引退間際でもその迫力は衰えることなく、スーパーマン相手にボールをぶつけ頭突きをお見舞いしています。

 

Dwight Howard vs Kevin Garnett Fight

 

 

年齢 43歳
身長 211cm
体重 115kg
国籍 アメリカ

 

コメント