独自のキャラでひた走るランススティーブンソン

ランススティーブンソン

 

2013-2014シーズンでは日本でも一躍有名になったランススティーブンソン。

ドラフトは2順目40位と学生時代に大注目を集めていたわけではありませんが、ペイサーズに入団後じわりじわりと力を伸ばし、シーズン平均得点を2ケタに乗せ、2013-14リーグ首位に貢献しました。

2014プレーオフでの活躍も目覚しくカンファレンスファイナルでは、エースであるポールジョージ、ロイヒバートが沈黙する中、王者ヒートの絶対エースキングレブロン相手におくさずアグレッシブなプレーを連発していたことは記憶に新しいところです。

 

Lance Stephenson Full Highlights 2014 ECF G2 vs Heat – 25 Pts, 7 Assists

 

プレースタイル

196cmとNBAのセカンドガードとしては小柄ながら、その身体能力・スピード・テクニックに加え、なによりもリングに向かう姿勢や、熱いプレーに魅了されるファンは多いです。

2014のカンファレンスファイナルではレブロンジェームスにトラッシュトークを仕掛けたり、コート外でも挑発ととれる行為で話題を呼んでいました。

さすがにキングには相手にされずに結果で答えを返されたかたちとなってしまいましたが、そういったところも魅力の選手です。

 

Lance Stephenson's "FUNNIEST" Moments

 

ターンオーバーも多い

2013-14にシーズンの平均スタッツが飛躍的に伸びたのは得点だけではありません。

フィールドゴール確率、リバウンド、アシストも順調に伸ばしていて、リーグ首位のチームでプレータイムが長くなったということが一番のポイントです。

ただ、同時にターンオーバーも倍近い数字になっていて、攻撃的なオフェンススタイルからすれば致し方ないところなのですが、やはりこれを減らさなければ今後NBAで更なる飛躍をしていくのは難しいといえます。

 

Lance Stephenson Pushes the Pacers Past the Knicks

 

ペイサーズから移籍後

2014年以降は幾つかのチームを渡り歩き、ケガも重なり日本では見かけることも少なくなりました。

2017年には古巣のペイサーズと契約し、またひと暴れしてくれるのではと期待したファンも多いでしょう。

 

Lance Stephenson Celebrates Too Early After Blocking Dwight Howard and Forgets About The Play!

 

上の動画は2018プレーオフ直前のゲームですが、あのハワードを思いっきりブロックしたまでは良かったものの、セカンドチャンスをチラ見してハワードにどや顔を決める選手は彼以外にはいないでしょう。

SNSなどでは炎上するようなプレーでしたが、スティーブンソンらしいという声が一番多かったのも印象的です。

ある意味唯一無二のキャラなのでこのままひた走ってほしいところです。

レイカーズへの移籍

2018-19シーズンオフにスティーブンソンはペイサーズからレイカーズへ移籍することとなりました。

同時期にレブロンジェームズもレイカーズへ移籍したことからも話題を呼びましたが、ロンドやマギーなどくせの強いメンバーが集結しています。

ロンゾポールをはじめとした若い世代とどのようなプレーを見せてくれるのか注目が集まりました。

 

Lance Stephenson Full Highlights 2018.10.24 Lakers vs Suns – 23-8-8, Sick Moves! | FreeDawkins

 

LeBron James Shocked By Lance Stephenson's Dunk! Lakers vs Hornets

 

YouTube

 

スタートメンバーではないためプレータイムは限られていますが、レギュラーシーズンから様々なプレーでファンを楽しませてくれています。

コメント