ブランドンイングラム:MIPも獲得したペリカンズのエース

 

2019-20シーズンのMIP(最成長選手賞)を受賞したブランドンイングラム。

レイカーズからペリカンズに移籍後は、ペリカンズのエースとして活躍を続けています。

イングラムのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

高校時代

 

ノースカロライナ州の高校に通ったイングラム。

州で優秀な成績をおさめたイングラムは、2015マクドナルドオールアメリカンゲームにも参加し、15得点5リバウンドを記録しました。

大学時代

 

デューク大学に進学したイングラム。

36試合に出場し、平均17.3得点6.8リバウンドを記録しました。

NCAAトーナメントでは、3回戦でオレゴン大に敗れシーズンを終えています。

シーズン終了後、イングラムはNBAへアーリーエントリーしました。

2016年ドラフト2位でNBA入団

2016年のドラフト1巡目2位でレイカーズに指名されたレイングラム。

1位はベンシモンズ、3位はジェイレンブラウンでした。

 

 

ルーキーイヤー

 

79試合に出場し、シーズン後半にはスターターに定着し、2ケタ得点のゲームも増えていきました。

オールスターライジングチャレンジにも選ばれ、オールルーキーセカンドチームに選出されました。

2017-18シーズン

 

出場した全ての試合にスターターで起用されたイングラム。

平均得点も15点を超えますが、シーズン後半は怪我に悩まされました。

3月初旬に鼠径部を負傷すると、12試合後に復帰した2ゲーム目で首を痛め、残りの試合を全休しました。

レブロンジェームズの加入

2018-19シーズンを前に、チームは大幅なメンバー入れ替えをおこないました。

NBAのキング、レブロンジェームズを筆頭に、ラジョンロンドやジャベルマギー、タイソンチャンドラー、ランススティーブンソンと個性的なメンバーが加わりました。

そんな中でも、イングラムのスタッツは伸び、平均18.3得点を記録しました。

 

 

しかし、シーズン終盤には腕の深部静脈血栓症にみまわれ、残りのシーズンを全休しました。

レブロンジェームズやロンゾボールも負傷が続き、プレイオフ進出も逃しました。

ペリカンズへ移籍

2019-20シーズンを前に、レイカーズからペリカンズへ移籍したイングラム。

アンソニーデイビス1人に対して、イングラム、ロンゾボール、ジョシュハート、3つの1巡目指名権、現金というトレード内容でした。

イングラムは、ペリカンズで躍動し、3試合目に35得点、7試合目に40得点を記録しました。

 

 

そして、1月16日におこなわれたジャズ戦では、49得点を挙げチームを勝利に導きました。

 

 

ザイオンウィリアムソンが、シーズン中盤から加わりましたが、得点が目減りすることなく、共に活躍を続けています。

イングラムは、自身初となるオールスターゲームにも出場しましたが、2得点にとどまりあまり見せ場はありませんでした。

新型コロナウィルスの影響で、シーズンが3月で中断になりましたが、プレイオフ進出の可能性があったペリカンズは、バブルにも参加しました。

しかし、2勝6敗と振るわず、プレイオフ進出はなりませんでした。

 

 

MIP賞受賞

 

シーズン終了後、MIP賞を受賞しました。

5年158Mドルでマックス契約

2020-21シーズンを前に、イングラムはペリカンズと5年約158億円でマックス契約しました。

2020-21シーズンも、ザイオンウィリアムソンと共に得点を二分しながらもスコアラーとして得点をかさねたイングラム。

 

 

前シーズンと変わらない平均23.8得点を記録しましたが、チームはウェスト11位に低迷しプレイオフ進出を逃しました。

期待された新HCのバンガンディも1シーズンで退任となっています。

自身初のプレイオフへ

2021-22シーズンもペリカンズでプレイしたイングラム。

ヨナスバランチュナスに加え、シーズン途中でCJマッカラムを獲得し、さらにチーム力は向上しました。

開幕20試合では、4勝16敗と苦しみながらもシーズン終了時には36勝46敗で9位につけると、プレイイントーナメントでスパーズ、クリッパーズを降し、プレイオフへ進出しました。

イングラムも自身初となるプレイオフで、アウェイで37得点挙げるなど6試合平均27得点を記録しましたが、第1シードのサンズの前に2-4で敗れシーズンを終えています。

 

 

プレイスタイル

 

長いウィングスパンを武器に、得点をかさねるスコアラー。

プレイスタイルがケビンデュラントに比喩されるように、ドライブ、ジャンプショットから得点を繰り出します。

スリーポイントの確率も高く、2019-20シーズン以降は劇的にフリースローの確率も改善されました。

イングラムのバッシュ

イングラムは、2020オールスターでカニエウェストがプロヂュースするアディダスのYZY BSKTBLを着用していました。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
16-17 19 LAL 79 28.8 9.4 4.0 2.1 40.2% 29.4% 62.1% 0.6 0.5 1.5
17-18 20 LAL 59 33.5 16.1 5.3 3.9 47.0% 39.0% 68.1% 0.8 0.7 2.5
18-19 21 LAL 52 33.8 18.3 5.1 3.0 49.7% 33.0% 67.5% 0.5 0.6 2.5
19-20 22 NOP 62 33.9 23.8 6.1 4.2 46.3% 39.1% 85.1% 1.0 0.6 3.0
20-21 23 NOP 61 34.3 23.8 4.9 4.9 46.6% 38.1% 87.8% 0.7 0.6 2.5
21-22 24 NOP 55 34.0 22.7 5.8 5.6 46.1% 32.7% 82.6% 0.6 0.5 2.7

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
21-22 24 NOP 6 39.3 27.0 6.2 6.2 47.5% 40.7% 83.0% 0.7 0.3 3.8

 

 

年齢 25歳
身長 201cm
体重 86kg
国籍 アメリカ

 

コメント