セルティックスが第7戦に快勝しカンファレンスファイナルへ

 

カンファレンスファイナル進出をかけておこなわれた、セルティックスとバックスの第7戦。

セルティックスが中盤からリードを奪うと、その差はどんどん広がっていき、結果的に109-81で勝利しカンファレンスファイナル進出を決めました。

セルティックスでは、グラントウィリアムズがプレイオフキャリアハイとなる27得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

ジェイソンテイタムが23得点で続きますが、ファウルトラブルもあったなか、周りの選手の活躍も大きかったです。

また、8アシストも記録し簡単にダブルチームにいけない状況でもありました。

セルティックスは、第7戦のレコードとなる22本のスリーポイントを40%の確率で沈めました。

 

 

敗れたバックスでは、25得点20リバウンド9アシストの活躍を見せますが、FG確率は4割を切り、あきらかに疲労感を感じるプレイもありました。

ドリューホリデーが21得点で続いています。

 

 

大量点差と意外な結果となった第7戦でしたが、セルティックスの強さを再認識させられるようなゲームとでした。

ジェイソンテイタムがファウルトラブルで下がった時に、点差を広げれたのも印象深かったです。

セルティックスはカンファレンスファイナルで、ヒートと対戦します。

コメント