バックスがセルティックスとの接戦制しシリーズ2-1で勝ち越し ヤニス42得点

 

シリーズ1-1のタイでむかえたバックスと、セルティックスのカンファレンスセミファイナル第3戦。

バックスのホームでおこなわれたゲームは、第3クォーターでバックスがリードを奪いましたが第4クォーターにセルティックスが追いつき、最後の1秒までわからない展開となりました。

ホーフォードのラストタップは、惜しくも時間切れで結果的に103-101でバックスが勝利し2-1でシリーズ勝ち越しです。

バックスでは、ヤニスアデトクンポが42得点12リバウンド8アシストの活躍でチームを牽引しました。

 

 

ドリューホリデーが25得点で続いています。

 

 

敗れたセルティックスでは、ジェイレンブラウンが27得点でスコアリーダーとなっています。

アルホーフォードが22得点16リバウンドで続きましたが、ジェイソンテイタムはシュートが決まらず10得点にとどまりました。

 

 

第4クォーターの追い上げムードから、流れはセルティックスのように感じましたが、ヤニスアデトクンポが踏ん張り、ホームで混戦をものにしました。

コメント