マブスがサンズにホームで快勝 決着は第7戦へ

 

サンズの3-2でむかえたマブスとのカンファレンスセミファイナル第6戦。

ホームのマブスが中盤から2ケタのリード奪い、後半に入ってもマブスがリードを守り続けました。

終盤にもその差は縮まることはなく、結果的に113-86でマブスが快勝し決着は第7戦までもつれこみました。

マブスでは、ルカドンチッチが33得点11リバウンド8アシストの活躍で、このゲームもチームを牽引しました。

シュート確率はそこまで上がりませんでしたが、終始落ち着いたプレイでターンオーバーも1とサンズディフェンスを翻弄しました。

 

 

レジーブロックが19得点で続き、スリーポイントを5/11で沈めています。

スペンサーディンウディーもスリーポイントを5/7で沈めて15得点挙げました。

 

 

 

敗れたサンズは、このゲームもターンオーバーが多く、全体で22とらしくない数字でした。

デビンブッカーはFG確率も4割を切り、ターンオーバー8と精彩を欠きました。

また、クリスポールもターンオーバー5と、37歳になってからの4試合あきらかに調子がよくありません。

第7戦は、サンズのホームでおこなわれます。

コメント