ウォリアーズがナゲッツとのファーストラウンドを4-1で制しカンファレンスセミファイナルへ

 

ウォリアーズの3-1でむかえたナゲッツとのファーストラウンド第5戦。

大きく点差の離れない好ゲームでしたが、第4クォーターに抜け出したウォリアーズが102-98で勝利しカンファレンスセミファイナル進出を決めました。

ウォリアーズではステンファンカリーが30得点でスコアリーダーとなっています。

そこまで好調ではありませんでしたが、終盤の決定力はさすがでした。

 

 

プレイタイムの伸びたゲイリーペイトンⅡが15得点で続き、スリーポイント3/4を含むFG確率は75%と高く、いつものディフェンスに加えて、終盤のスコアも会場を沸かせました。

 

 

敗れたナゲッツでは、ニコラヨキッチが30得点19リバウンド8アシストと奮闘しましたが、一歩及びませんでした。

ベンチから、デマーカスカズンも19得点を挙げています。

 

 

ナゲッツには、マレー、ポーターJrの復帰する来季に期待しましょう。

ウォリアーズは、グリズリーズとウルブズの勝者と対戦予定です。

大方グリズリーズが上がってくると思われますが、昨シーズンのプレイインで敗れたカリもあるので楽しみなシリーズとなりそうです。

コメント