ジョンストックトン:堅実なプレーで勝利を積み重ねたアシスト王

 

歴代アシスト数ダントツNo.1のNBAを代表するポイントガード、ジョンストックトン。

ドリームチーム1にも選出された、日本でも馴染みの深い選手の一人です。

ジョンストックトンのプレイスタイルやキャリアについて、動画を中心に見ていきましょう。

プレイスタイル

 

スピードがとりわけ速いわけでもなく、ジャンプ力が高いわけでもないですが、アイザイアトーマスやマジックジョンソンがポイントガードのポジションに君臨していたあの時代にチームメイトのカールマローンと共に名を上げていった実力はやはり本物です。

 

 

学生の頃からとても練習熱心で、朝早くからバスケットの練習に励んでいたことは有名な話で、その結果あの正確なプレイに結びついたことは、身体能力が世界の中で劣ると言われるアジア人にもとても励みになります。

マジックジョンソンやジェイソンウィリアムスのようなド派手なパスをするわけではありませんが、ディフェンスがずれた瞬間に見方の手元に出すパスはガードプレイヤーから見ると鳥肌モノです。

年間平均14.5アシストとNBA記録をもっていますが、この先やぶられないかもしれないというくらいとんでもない記録です。

 

 

ピックアンドロール

 

その多くのアシストを量産した代表的なプレイに、ピック&ロールというものがあります。

ボールマンに直接スクリーンに行き、ディフェンスがスイッチしたところでスクリナーがリングに向かってカットしそこへパスを出しメイルマンがダンク。

芸術的ともいえるカールマローンとのピック&ロールは、ディフェンスも観客もみんなが来ると分かっているプレイでした。

それでも適切なスクリーンでストックトンについているディフェンスはファイトオーバーできず、スイッチしなければストックトンがシュートを放つかドライブしてしまうため、マローンについていたディフェンスが出ればその瞬間にパスが出てメイルマンがダンクで得点を重ねました。

 

 

日本でもスクリーン、スクリーンアウェイの練習はおこなわれていますが、ディフェンスがいないドリルでもディフェンスをイメージしてやらなければこういったプレイには繋がりません。

逆にイメージをしっかり持ってストックトンのように努力を続ければ素晴らしいプレイをすることが出来ます。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
84-85 22 UTA 82 18.2 5.6 1.3 5.1 47.1% 18.2% 73.6% 1.3 0.1 1.8
85-86 23 UTA 82 23.6 7.7 2.2 7.4 48.9% 13.3% 83.9% 1.9 0.1 2.0
86-87 24 UTA 82 22.7 7.9 1.8 8.2 49.9% 17.9% 78.2% 2.2 0.2 2.0
87-88 25 UTA 82 34.7 14.7 2.9 13.8 57.4% 35.8% 84.0% 3.0 0.2 3.2
88-89 26 UTA 82 38.7 17.1 3.0 13.6 53.8% 24.2% 86.3% 3.2 0.2 3.8
89-90 27 UTA 78 37.4 17.2 2.6 14.5 51.4% 41.6% 81.9% 2.7 0.2 3.5
90-91 28 UTA 82 37.8 17.2 2.9 14.2 50.7% 34.5% 83.6% 2.9 0.2 3.6
91-92 29 UTA 82 36.6 15.8 3.3 13.7 48.2% 40.7% 84.2% 3.0 0.3 3.5
92-93 30 UTA 82 34.9 15.1 2.9 12.0 48.6% 38.5% 79.8% 2.4 0.3 3.2
93-94 31 UTA 82 36.2 15.1 3.1 12.6 52.8% 32.2% 80.5% 2.4 0.3 3.2
94-95 32 UTA 82 35.0 14.7 3.1 12.3 54.2% 44.9% 80.4% 2.4 0.3 3.3
95-96 33 UTA 82 35.5 14.7 2.8 11.2 53.8% 42.2% 83.0% 1.7 0.2 3.0
96-97 34 UTA 82 35.3 14.4 2.8 10.5 54.8% 42.2% 84.6% 2.0 0.2 3.0
97-98 35 UTA 64 29.0 12.0 2.6 8.5 52.8% 42.9% 82.7% 1.4 0.2 2.5
98-99 36 UTA 50 28.2 11.1 2.9 7.5 48.8% 32.0% 81.1% 1.6 0.3 2.2
99-00 37 UTA 82 29.7 12.1 2.6 8.6 50.1% 35.5% 86.0% 1.7 0.2 2.2
00-01 38 UTA 82 29.2 11.5 2.8 8.7 50.4% 46.2% 81.7% 1.6 0.3 2.5
01-02 39 UTA 82 31.3 13.4 3.2 8.2 51.7% 32.1% 85.7% 1.9 0.3 2.5
02-03 40 UTA 82 27.7 10.8 2.5 7.7 48.3% 36.3% 82.6% 1.7 0.2 2.2

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
84-85 22 UTA 10 18.6 6.8 2.8 4.3 46.7% 0.0% 74.3% 1.1 0.2 1.6
85-86 23 UTA 4 18.3 6.8 1.5 3.5 52.9% 100.0% 88.9% 1.3 0.0 1.0
86-87 24 UTA 5 31.4 10.0 2.2 8.0 62.1% 80.0% 76.9% 3.0 0.2 2.2
87-88 25 UTA 11 43.5 19.5 4.1 14.8 50.7% 28.6% 82.4% 3.4 0.3 4.4
88-89 26 UTA 3 46.3 27.3 3.3 13.7 50.8% 75.0% 90.5% 3.7 1.7 3.7
89–90 27 UTA 5 38.8 15.0 3.2 15.0 42.0% 7.7% 80.0% 1.2 0.0 2.8
90-91 28 UTA 9 41.4 18.2 4.7 13.8 53.7% 40.7% 84.1% 2.2 0.2 3.6
91-92 29 UTA 16 38.9 14.8 2.9 13.6 42.3% 31.0% 83.3% 2.1 0.3 3.6
92-93 30 UTA 5 38.6 13.2 2.4 11.0 45.1% 38.5% 83.3% 2.4 0.0 3.0
93-94 31 UTA 16 37.3 14.4 3.3 9.8 45.6% 16.7% 81.0% 1.7 0.5 2.5
94-95 32 UTA 5 38.6 17.8 3.4 10.2 45.9% 40.0% 76.5% 1.4 0.2 2.8
95-96 33 UTA 18 37.7 11.1 3.2 10.8 44.6% 28.9% 81.4% 1.6 0.4 3.2
96-97 34 UTA 20 37.0 16.1 3.9 9.6 52.1% 38.0% 85.6% 1.7 0.3 3.1
97-98 35 UTA 20 29.8 11.1 3.0 7.8 49.4% 34.6% 71.8% 1.6 0.2 2.4
98-99 36 UTA 11 32.0 11.1 3.3 8.4 40.0% 33.3% 73.9% 1.6 0.1 2.8
99-00 37 UTA 10 35.0 11.2 3.0 10.3 46.1% 38.9% 76.7% 1.3 0.2 2.6
00-01 38 UTA 5 37.2 9.8 5.6 11.4 45.9% 0.0% 71.4% 2.0 0.6 1.4
01-02 39 UTA 4 35.3 12.5 4.0 10.0 45.0% 28.6% 92.3% 2.8 0.3 2.0
02-03 40 UTA 5 29.8 11.2 3.2 5.2 46.2% 0.0% 100.0% 1.6 0.2 2.8

 

年齢 60歳
身長 185cm
体重 80kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

ガード
OverTime

コメント