マブスがアウェイで第7戦に完勝 カンファレンスファイナル進出

 

3-3のタイでむかえた、サンズとマブスのカンファレンスセミファイナル第7戦。

サンズのほーむでおこなわれたゲームでしたが、前半終了時に30点差でマブスがリードする意外な展開となり、一時その差は40点以上に開き結果的に123-90でマブスが完勝し、カンファレンスファイナル進出を決めました。

どちらに転ぶかわからない第7戦ではありましたが、この点差とゲーム展開を予想したファンは少なかったでしょう。

マブスでは、ルカドンチッチが約30分のプレイタイムで35得点を挙げスコアリーダーとなっています。

前半で27得点を挙げたドンチッチでしたが、サンズのスコアと同点だったのも印象的でした。

 

 

スペンサーディンウディーが30得点で続き、スリーポイントを5/7で沈めるなど完全onFireで、これだけの点差がついた大きなポイントでした。

 

 

ジェイレンブランソンも24得点を挙げています。

 

 

 

敗れたサンズは、キャメロンジョンソンの12得点がスコアリーダーとやや信じ難いスタッツでした。

年間を通してもワーストゲームと言えるような出来で、マブスディフェンスに対応され前半は特に苦しいシュートが続きました。

マブスはカンファレンスファイナルで、ウォリアーズと対戦します。

コメント