ジャモラントが47得点の活躍でウォリアーズとの第2戦に競り勝つ

 

ウォリアーズが1点差のゲームを制した第1戦。

第2戦も接戦となりましたが、ジャモラントがクラッチタイムを制し105-101で勝利し、シリーズを1-1のタイの戻しています。

グリズリーズでは、ジャモラントが47得点8リバウンド8アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

特に終盤のオフェンスは凄まじく、ウォリアーズディフェンスを翻弄しました。

 

 

ディロンブルックスが開始約3分で、フラグラント2で退場となりホームで連敗となれば相当苦しいシリーズになる中、チームを救いました。

敗れたウォリアーズでは、ステファンカリーが27得点9リバウンド8アシストの活躍でチームを引っ張りました。

ジョーダンプールが20得点で続きますが、チーム全体のスリーポイントが7/38の18.4%とウォリアーズらしからぬ数字でした。

特にクレイトンプソンは2/12と悪く、クラッチタイムにもトラベリングからターンオーバーするなどファンからも心配の声が多く挙がっていました。

また、スタート起用も定着してきたゲイリーペイトンⅡが、ディロンブルックスのフラグラント2になったファールにより負傷退場しその後コートに戻ることは出来ませんでした。

利き腕の左ひじを骨折しているという報道で、MRIの再検査となるようです。

Gリーグも多く経験した苦労人がやっとみつけたベストチームだっただけに、多くのファンの悲しみがSNSでも見て取れました。

コメント