カールアンソニータウンズ:新人王も獲得したハイブリッドセンター

カールアンソニータウンズ

 

カールアンソニータウンズはニュージャージー州出身のセンタープレイヤーです。

ドミニカ共和国の母親を持つため国籍はドミニカ共和国となっています。

高校時代に優秀な成績をおさめたタウンズは、ケンタッキー大学へ進学し1年間プレーした後アーリーエントリーで2015年ドラフトによりNBA入りを果たします。




2015年NBAドラフト

タウンズは2015年のドラフトで全体1巡目1位指名を受けミネソタティンバーウルブズに入団します。

2015年ドラフトの上位6名は以下の通りです。

  1. カールアンソニータウンズ
  2. デアンジェロラッセル
  3. ジャリルオカファー
  4. クリスタスポルジンギス
  5. マリオヘゾニャ
  6. ウィリーコーリーステイン

その他にもデビンブッカーやサムデッカーなども上位で指名されています。

2015-16シーズン

2015-16シーズンでは開幕戦からレギュラーシーズンを全てスタメン出場しています。

開幕戦となったレイカーズ戦ではダブルダブルの活躍でチームの勝利に貢献しました。

Karl-Anthony Towns Full Highlights 2015.10.28 at Lakers – Official Debut, 14 Pts, 12 Rebs.

 

その後も活躍を見せたタウンズですが、チームは29勝53敗と低迷しプレーオフ進出はなりませんでした。

レギュラーシーズンでのタウンズの平均スタッツは以下の通りです。

出場試合82
出場時間32.0
得点18.3
リバウンド10.5
ブロック1.7
FG確率54.2%
3PT確率34.1%

 

ルーキーイヤーで安定したスタッツを残したタウンズは満票で新人王を獲得しています。

Karl-Anthony Towns 2015-16 Rookie Season Offensive Compilation – Rookie Of The YEAR!

 

2016-17シーズン

2016-17シーズンではトリプルダブルを達成するなどさらにそのプレーの幅は広がっていきます。

インサイドでの得点力はさることながら、スリーポイントに加えてトリプルダブルを達成するほどのアシストとまさにハイブリッドセンターと言えるでしょう。

また、ディフェンス面でもブロックショットに加えリバウンドでもチームに大きく貢献しています。

Karl-Anthony Towns' Best Plays of the Year

 

それでもチームはレギュラーシーズンを31勝51敗と大きく負け越しまたもプレーオフ進出はなりませんでした。

タウンズのレギュラーシーズンスタッツは以下の通りです。

出場試合82
出場時間37.0
得点25.1
リバウンド12.3
ブロック1.3
FG確率54.2%
3PT確率36.7%

 

全てのゲームにスタメン出場し、プレータイムも平均で5分伸びています。

また、得点は一気に7点以上増えスリーポイントの確率も上がりました。

もう新人とは言えないスタッツです。

2017-18シーズン

2017-18シーズン前にチームは一新され、ジミーバトラーやジェフティーグ、ジャマルクロフォードなどを獲得します。

リッキールビオやザックラビーンなど当然チームを離れた選手もいますが、ここ数年では考えられない順位にウルブズはつけており、2003-04シーズンを最後に遠ざかっているプレーオフでタウンズの姿を見ることが出来そうです。

またタウンズは自身初となるオールスターゲームにも出場しています。

Karl-Anthony Towns Full Highlights at 2018 All-Star Game – 17 Pts, 10 Rebs in 1st ASG! | FreeDawkins

 

アンソニータウンズのバッシュ

アンソニータウンズはバッシュに様々なデザインを施すことでも有名です。

バッシュの種類も様々ですが、ハイパーダンクを着用しているシーンも見られました。

コメント