ヒートがホークスに完勝で先手 ダンカンロビンソン8スリー

 

プレイイントーナメントで2勝し、プレイオフ進出を決めたホークス。

しかし、イースト首位ヒートの前に第1戦は91-115で完敗しました。

ヒートでは、ダンカンロビンソンがチームのプレイオフレコードとなる8本のスリーポイントを8/9で沈め、バトラー、タッカー、ラウリーも好調でした。

 

 

敗れたホークスでは、トレイヤングがFG確率1/12、ボグダンボクダノビッチが0/8と苦しい展開でした。

ジョンコリンズの復帰が好材料でしたが、膝を痛めたカペラはこのゲーム欠場しています。

シリーズはまだ始まったばかりなので、勝負所に強いホークスの姿も見たいところです。

コメント