スプラッシュブラザーズ、Sカリーの相方クレイトンプソン

クレイトンプソン

 

スプラッシュブラザーズの愛称で同チームのステファンカリーと共に日本でもファンの多いクレイトンプソン。

スプラッシュブラザーズとはシュートが入った後のネットが水しぶきのように跳ね上がることから名付けられたようですが、そのネーミングにふさわしいアウトサイドシュートが魅力の選手です。

スポンサーリンク

2011ドラフト11位でNBA入団

クレイトンプソンがNBA入りしたのは2011-12シーズンで、その年のドラフトで1巡目11位でゴールデンステイトウォリアーズに指名されています。

大学時代からアウトサイドシュートを中心とした得点力が高く、ルーキーイヤーからベンチスタートも含め全試合に出場しシーズン平均得点も12点台とその実力をみせつけます。

翌年からは全試合にスタメンで起用され、シーズン平均得点も16.6、18.4と右肩上がりに伸びていきました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=bXm6qCyWdrg

 

スプラッシュブラザーズの名にふさわしいシュート力はNBA入団3年間で3ポイント確率が40%を下回った年は無く、フィールドゴールも45%弱とアウトサイドプレイヤーとしては充分な数字と言えます。

また、ステファンカリーに比べて201cmと上背のあるトンプソンはミドルレンジのジャンプショットやベースラインでの得点も重ねています。

2014-15初のファイナルへ

2012-13、13-14シーズンもプレーオフに進出していたウォリアーズでしたが、2014-15シーズンにはレギュラーシーズンを67勝15敗の首位でプレーオフ進出を決めました。

トンプソン自身もキャリアで初めて平均得点を20点台に乗せ、FG確率48.1%、3PT確率43.9%と共にそれまでで最高の数字を残しています。

また、1/23におこなわれたキングス戦では、第3クォーターだけで37得点を挙げるNBA記録も打ち出していて、安定度だけでなく爆発力も兼ね備わっていることを証明しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=U0C8ohCiSv0

 

https://www.youtube.com/watch?v=WGZyFDWrU4g

 

プレイオフに入ってもウォリアーズの勢いは止まらず、第7戦までもつれこむシリーズなくファイナルまで駒を進めました。

トンプソン自身も変わらず活躍を見せ平均的に20得点前後を記録しています。

そしてウォリアーズ40年振りとなったファイナルでもウォリアーズは躍動し、1勝2敗と後手に回りながらもそこからの3連勝でチャンピオンリングを獲得しました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=QMZqOJAVCdU

 

2015-16シーズン

チャンピオンとなった翌年も大幅なメンバーの変更なく、レギュラーシーズン序盤から快進撃を続けます。

開幕から24連勝とその力をいかんなく発揮し、レギュラーシーズンの最終成績を73勝9敗というNBA記録を打ち立てました。

トンプソンは80ゲームにスタメン出場し、偉大な記録の達成におおいに貢献しました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=aBb0MH-3-eY

 

プレーオフではカンファレンスファイナルでサンダー相手に苦戦を強いられました。

1勝3敗と王手をかけられ崖っぷちに立たされますがそこから3連勝で巻き返しファイナル進出を決めています。

トンプソンはカンファレンスファイナルGame6でスリーポイント11本を含む41得点を挙げチームを勝利に導きました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=09AqpNPiZ8g

 

ファイナルでは2年連続でキャブスとの対戦となり、Game4を敵地で勝利し3-1と連覇は目前でした。

しかし、レブロンジェームズとカイリ―アービングを中心としたキャブスの猛攻を止めることが出来ずファイナル史上初3-1からの3連敗で敗れ連覇はかないませんでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=1fnUmPOCUIQ

 

トンプソンはGame5で37得点を挙げる活躍を見せますがチームは敗れています。

2016-17シーズン

連覇を逃したウォリアーズは2016-17シーズンまでにサンダーからケビンデュラントの活躍に成功します。

ウェスタンカンファレンスを連敗しているチームにMVPプレイヤーが加入するとあって世界中からバッシングを受けるカタチとなりました。

チーム的にも平均30点近い得点を挙げてきたデュラントが加入することでチームケミストリーを気にする声が挙がりましたが、トンプソンは2016-17シーズンも平均20得点以上のスタッツを変わらず残しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_RgBnIkao_o

 

レギュラーシーズンでも前年とまではいきませんでしたが、67勝を挙げファーストシードでプレーオフに進出しています。

プレーオフではデュラントの加わったウォリアーズの強さを世界中が思い知ることになりました。

ファイナルまで全てスイープで駆け上がると3年連続キャブスとの対戦となったファイナルでも開幕から3連勝で一気に王手をかけました。

Game4はキャブスが意地を見せ敗れますが、Game5で早々にケリをつけ王者に返り咲いています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=QFpawFdpWq8

 

2017-18シーズン

2017-18のレギュラーシーズンは、ケガに悩まされたウォリアーズ。

トンプソン、カリー、デュラントが揃って出場しているゲームは少なく、3年間首位でプレーオフに進出していましたが、その座をロケッツに明け渡すことになります。

トンプソンはシーズン後半の3月に8ゲーム連続で欠場しました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=dMJLy5S8uTM

 

プレーオフではファーストラウンドからカリーを欠きますが、それでもカンファレンスファイナルまで危なげなくコマを進めウォリアーズの強さを再認識させられます。

カンファレンスファイナルではホームコートアドバンテージを奪われたロケッツとの対戦となりました。

プレーオフでは2015-16以来ホームで負け星がなかったウォリアーズでしたが、ロケッツの強さは本物でホームのGame4を落とし、Game5にも敗れシリーズを2-3とします。

しかし、Game6ではトンプソンが35得点の活躍でチームを勝利に導くと最終戦にも勝利したウォリアーズは4年連続のファイナル進出を決めました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_3c_eYLgDfo

 

4年連続でファイナルはキャブスとの対戦となりましたが、メンバーの激しく入れ替わったキャブスとスタート3人がフランチャイズプレイヤーのウォリアーズではチーム力の差は歴然で、スイープでチャンピオンリングを獲得しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=01U0t2SHyKA

 

 

コメント

  1. はなりん より:

    私は、トンプソンみたいな、シュートホームが、したいです。

    • basketball より:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      シュートフォームって大切ですよね。
      それだけで上手く見えるというか、入りそうな雰囲気がないとディフェンスも出てきてくれませんし。

      トンプソンくらい雰囲気出せたら最高ですね。