ジョンウォール:スピードとテクニックでファンを魅了するポイントガード

 

名門ケンタッキー大学から2010年NBAドラフト1位指名でワシントンウィザーズに入団したジョンウォールは、身長193cmのポイントガードです。

ジョンウォールのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

大学時代

 

デマーカスカズンズと共に、ケンタッキー大学で活躍したジョンウォール。

プレイしたのは1シーズンで、NBAへアーリーエントリーしました。

2010年NBAドラフト

2010年のドラフト1指名を受け、ワシントンウィザーズに入団した、ジョンウォール。

同大学だったデマーカスカズンズも、5位でキングスに指名され、エリックゴードンやポールジョージも同じ年のドラフトで指名されています。

 

 

キャリア初期

 

ジョンウォールはルーキーイヤーからシーズン平均16.4得点、8.3アシストとポイントガードとして申し分のないスタッツを残し、徐々に得点シーンを伸ばしていきます。

2013-14シーズンでは自身初となるプレイオフにも進出していて、ファーストラウンドで強敵ブルズを4-1でくだし、カンファレンスセミファイナルまで進出しています。

カンファレンスセミファイナルでは、カンファレンス1位のペイサーズ相手に2-4で敗れはしたものの、2014-15シーズンに更なる期待を持たせてくれる活躍でした。

 

 

ブルズとの対戦にデリックローズがいたらとファンとしてはどうしても思ってしまいますが、2014-15シーズンは長い怪我から復帰しました。

カイリーアービングの所属するキャブスも間違いなくプレイオフには進出してくると思うので、イースタンカンファレンスのポイントガード対決からは目が離せない日が続きそうです。

 

 

イースト強豪チームへ

その後もウィザーズはチーム勝率5割を超えるシーズンが続きますが、プレイオフでカンファレンスセミファイナルを突破したシーズンはありません。

 

 

2018-19シーズン前にはドワイトハワードを獲得してますが、ウォールやビールとプレイしたのは数試合のみでした。

 

アキレス腱断裂

2018-19シーズン途中怪我により戦線離脱したジョンウォール。

その後自宅で転倒した際に、アキレス腱を部分断裂してしまい復帰は2020-21シーズンになると言われました。

ロケッツへ移籍

復帰が待たれた2020-21シーズンを前に、ウェストブルックとのトレードでロケッツへ移籍することになりました。

ビール、八村選手、ウォールの3人をコートの上で見られなかったのは日本人ファンとしてとても残念ですが、ロケッツでは同じ大学のカズンズと再度プレイすることになりました。

 

 

チーム勝率を上げることが出来ずウェスト最下位の日々が続きました。

ジョンウォール自身も平均得点は20得点を超えていましたが、シーズン終盤にハムストリングを負傷し、残りのシーズンを欠場しています。

 

 

2021-22シーズン

シーズン前にチームとトレードに合意したと伝えられているジョンウォール。

しかし、100億近いサラリーがネックとなり交渉がまとまらず、シーズン開幕後もゲームには出場していません。

ハンドリングを含めたドリブル技術

ジョンウォールのプレイの話になると切っても切れないのが、スピードとクロスオーバーなどのドリブル技術やボールハンドリングです。

 

 

 

ディフェンスをしっかりと見ているのが印象深いです。

自分のマークマンはもちろんのこと、スクリナーのディフェンス、抜き去った後のカバーリング、ローテーションのディフェンスまで意識している印象です。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
10-11 20 WAS 69 37.8 16.4 4.6 8.3 40.9% 29.6% 76.6% 1.8 0.5 3.8
11-12 21 WAS 66 36.2 16.3 4.5 8.0 42.3% 7.1% 78.9% 1.4 0.9 3.9
12-13 22 WAS 49 32.7 18.5 4.0 7.6 44.1% 26.7% 80.4% 1.3 0.8 3.2
13-14 23 WAS 82 36.3 19.3 4.1 8.8 43.3% 35.1% 80.5% 1.8 0.5 3.6
14-15 24 WAS 79 35.9 17.6 4.6 10.0 44.5% 30.0% 78.5% 1.7 0.6 3.8
15-16 25 WAS 77 36.2 19.9 4.9 10.2 42.4% 35.1% 79.1% 1.9 0.8 4.1
16-17 26 WAS 78 36.4 23.1 4.2 10.7 45.1% 32.7% 80.1% 2.0 0.6 4.1
17-18 27 WAS 41 34.4 19.4 3.7 9.6 42.0% 37.1% 72.6% 1.4 1.1 3.9
18-19 28 WAS 32 34.5 20.7 3.6 8.7 44.4% 30.2% 69.7% 1.5 0.9 3.8
19-20 29 WAS
20-21 30 HOU 40 32.2 20.6 3.2 6.9 40.4% 31.7% 74.9% 1.1 0.8 3.5

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
13-14 23 WAS 11 38.2 16.3 4.0 7.1 36.6% 21.9% 76.5% 1.6 0.7 3.3
14-15 24 WAS 7 39.0 17.4 4.7 11.9 39.1% 17.6% 84.6% 1.4 1.4 3.9
16-17 26 WAS 13 39.0 27.2 3.7 10.3 45.2% 34.4% 83.9% 1.7 1.2 4.2
17-18 27 WAS 6 39.0 26.0 5.7 11.5 44.1% 19.0% 85.1% 2.3 1.3 4.5

 

 

年齢 31歳
身長 193cm
体重 88kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

ガード
OverTime

コメント