驚異の勝負強さ(クラッチ力)をもつダミアンリラード

ダミアンリラード

 

クラッチシューターという言葉をバスケットの中でよく耳にするようになりました。

ゲームの行方を左右する局面(クラッチタイム)において勝負強さを発揮し幾度となくシュートを決められる選手を指す言葉です。

2018年現在、現役選手の中で最もクラッチ力があると言われているのがダミアンリーラードです。

 

Damian Lillard's Greatest Game-Winners

 

191cmとNBAの中ではポイントガードとしても大きい方ではありませんが、シューティングガードよりの得点力を誇る選手です。

スポンサーリンク

NBA2012ドラフト

ダミアンリラードは、2012年のドラフト6位指名でポートランドトレイルブレイザーズに入団します。

リラードより先に指名された選手は以下の通りです。

  • アンソニーデイビス
  • マイケルキッドギルクリスト
  • ブラッドリービール
  • ディオンウェイターズ
  • トーマスロビンソン

5人ともリラードよりも上背がありポジションも違いますが、2018年時点でオールスター出場経験があるのは1位指名のアンソニーデイビスとリラードだけとなっています。

2012-13シーズン

リラードは、デビューシーズンから開幕戦でスタメン出場を果たします。

開幕戦では、レイカーズと対戦しピークではないもののスティーブナッシュとのマッチアップで23得点11アシストを記録しています。

 

[10.31.12] Damian Lillard – 23 points (11 assists) vs Lakers (NBA Debut) (Full Highlights)

 

その後も全てのゲームにスタメン出場したリラードのデビューシーズンのスタッツは以下のようになっています。

出場試合 82
出場時間 38.6
得点 19.0
アシスト 6.5
FG確率 42.9%
3PT確率 36.8%
FT確率 84.4%

 

全てのゲームに出場し、これだけの安定したスタッツを残したリラードは、満票で新人王を獲得しています。

しかし、チームは33勝49敗と大きく負け越しプレーオフ進出はなりませんでした。

2013-14シーズン

2年目も開幕戦からスタメン出場したリラードは、開幕戦から32得点を挙げる活躍を見せます。

チームも第5戦から11連勝するなどリラード初のプレーオフ進出も序盤から大きく期待されました。

また2014オールスターに初出場したリラードですが、ライジングスター、ダンクコンテスト、スリーポイントコンテストにも出場しています。

 

NBA Three-Point Contest 2014: Damian Lillard

 

Damian Lillard – 2014 NBA Slam Dunk Contest

 

Aldridge And Lillard 2014 All-Star Game Highlights

 

チームもレギュラーシーズンを54勝28敗と昨シーズンを大きく上回りプレーオフに進出します。

プレーオフのファーストラウンドでは、クラッチシューターの名に相応しいシュートでロケッツに勝利しました。

 

Damian Lillard Full Highlights vs Rockets 2014 Playoffs West R1G6 – 25 Pts, AMAZING Game-Winner!

 

カンファレンスセミファイナルでは、チャンピオンリングを獲得したスパーズに1-4と完敗しシーズンを終えます。

2014-15シーズン

2014-15シーズンもリラードとチームは昨シーズンの好調を維持しレギュラーシーズンを51勝31敗の4位でプレーオフへとコマを進めます。

リラード自身も平均得点、FG確率共に過去最高のスタッツで、2014/12/19におこなわれたスパーズ戦ではシーズンハイとなる43得点を挙げています。

 

Damian Lillard: 2014-2015 Blazers Season Highlights: Part 1

 

満を持して臨んだプレーオフでしたが、シーズン5位のグリズリーズに1-4で敗れシーズンを終えています。

 

Damian Lillard Full Highlights 2015 Playoffs R1G4 vs Grizzlies – 32 Pts, 7 Dimes, Lillard-TIME!

 

リラード自身は5ゲームで平均21.6得点というスタッツを残しています。

2015-16シーズン

チームは大きな変化を見せ、昨シーズンまでのスターターはリラード以外全員移籍することになりました。

しかし、リラードを中心にCJマッカラム等の活躍も大きくチームは44勝38敗と勝率5割を超えウェスト5位でプレーオフに進出します。

リラード自身も昨シーズンの平均21得点から25得点と一気にスタッツを伸ばしよりシューティングガード寄りのポイントガードへと変貌していきます。

 

Damian Lillard 2015-16 Season Highlights Compilation Part1 – ASSASSIN!

 

プレーオフでは、シーズン4位のクリッパーズをファーストラウンドで4-2で降しますがカンファレンスセミファイナルでウォリアーズに1-4で敗れてシーズンを終えています。

 

Damian Lillard Full Series Highlights vs Clippers in 2016 Playoffs Round 1 – 22 PPG, 5.2 APG!

 

2016-17シーズン

チームは大きな変貌もなく強豪ひしめくウェスタンカンファレンスでリラードはより上位を目指します。

191cmのポイントガードながらその得点力は年々飛躍し、リラードシーズン最終戦となった2017/4/8のジャズ戦ではキャリハイとなる59得点を挙げています。

 

Damian Lillard Career-HIGH 2017.04.08 vs Jazz – UNREAL 59 Pts, 26 in 1st Quarter, Franchise RECORD!

 

それでもチームは41勝41敗の8位と後退し、プレーオフではチャンピオンリングを獲得したウォリアーズに0-4で敗れています。

 

Damian Lillard Full Series Highlights vs Warriors in 2017 Playoffs Round 1 – 27.8 PPG!

 

リラードは4試合で平均27.8得点を挙げる活躍を見せますが、チーム力の差は誰が見ても歴然でしょう。

2017-18シーズン

ウェスタンカンファレンスは、ウォリアーズとロケッツの2強になりつつありますが、それを追うのはスパーズではなくブレイザーズという声も少なくありません。

当然その中心選手はリラードとなり、絶対的な勝負強さにカリーやクリスポールにも負けない何かを期待するファンも多いでしょう。

 

Damian Lillard Full Highlights 2017.12.09 vs Rockets – 35 Pts, 9 Threes!

 

レギュラーシーズンをロケッツ、ウォリアーズに続き3位でプレーオフに進出したブレイザーズ。

しかし、ファーストラウンドで対戦したペリカンズ戦でまさかのスイープ負けを喫しリラードのシーズンは終了しました。

ゲームハイライトでもリラードの姿を見ることは少なく、いい時のリズムを取り戻すことが出来ませんでした。

 

Damian Lillard GOT SHUT DOWN by Pelicans Team, Full Game 3 Highlights 2018 Playoffs – 20 Pts, 8 TO

 

ダミアンリラードのバッシュ

アディダスとスポンサー契約しておりシグニチャーモデルが発売されています。

ダミアンリラード、Dame共に個性的でお洒落なデザインとなっています。

コメント