レイカーズがウルブズに敗れ開幕5連敗

 

連敗続きで苦しいスタートとなったレイカーズ。

第5戦は、アンソニーデイビスも欠場しウルブズに102-111で競り負け開幕5連敗となってしまいました。

レイカーズはこの日もシュート確率に苦しみ、レブロンジェームズが孤軍奮闘の28得点7リバウンド5アシストの活躍でした。

ウェストブルックも18得点を挙げましたが、FG確率は4割を切りターンオーバーも5と調子が上がりません。

 

 

勝利したウルブズでは、アンソニーエドワーズが29得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ルディゴベアが22得点21リバウンド、カールアンソニータウンズが21得点とチーム状況もレイカーズとは異なります。

ディアンジェロラッセルはシュート確率が上がらず11得点にとどまりましたが、7アシスト6スティールを記録しています。

次ゲームはレイカーズがナゲッツ、ウルブズがスパーズと対戦予定です。

コメント