セルティックスがバックスとのカンファレンスセミファイナル第2戦に快勝 20スリー

 

第1戦をホームで完敗した、セルティックス。

第2戦は序盤からジェイレンブラウンを中心に得点を重ね、109-86で快勝しシリーズを1-1のタイに戻しています。

セルティックスでは、第1クォーターから17得点を挙げたジェイレンブラウンが30得点でスコアリーダーとなっています。

ジェイソンテイタムが29得点で続き、マーカススマートが欠場の中、グラントウィリアムズも21得点の活躍を見せました。

チーム全体で20本のスリーポイントを、46.5%の確率で沈めています。

 

 

敗れたバックスでは、ヤニスアデトクンポが28得点9リバウンド7アシストの活躍でチームを牽引しました。

 

 

セルティックスとは対照的に、スリーポイントが3/18の16.7%と不調で、ミドルトン不在の影響もこういったゲームでは大きく響きます。

コメント