ヒートがホークスとの接戦制し4-1でカンファレンスセミファイナルへ

 

シリーズ3-1のヒートリードでむかえた、ホークスとのファーストラウンド第5戦。

ヒートが僅かにリードする展開も、終盤にホークスが追い上げますが届かず、結果的に97-94でヒートが競り勝ち、4-1でカンファレンスセミファイナル進出を決めました。

 

 

ヒートでは、このゲーム、ラウリーに続き、バトラーも欠場しました。

そんな中、怪我から復帰したオラディポやバムアデバヨを中心に、5人の選手が2ケタ得点を挙げています。

敗れたホークスでは、ディアンドレハンターが35得点でスコアリーダーとなっています。

トレイヤングは、スリーポイント0/5、FG確率2/12の16.7%に加え、ターンオーバー6とヒートディフェンスに最後まで苦しみました。

ヒートのカンファレンスセミファイナルは、シクサーズかラプターズの勝者と対決します。

コメント