髭とステップに特徴ありすぎ!?ジェームスハーデン

ジェームス・ハーデン

バスケット選手とは思えないほどの髭をたくわえ、国際化されたNBAで思わずそちら側の国の方にも見えてしまうジェームスハーデンですが、アメリカLA出身のNBAヒューストンロケッツでプレーするプロバスケット選手です。

2009年のドラフト1巡目3位でオクラホマシティーサンダーに入団したハーデンは、ベンチプレイヤーながら毎年着実にスタッツを高め、3年目には平均31分ほどの出場で16.8得点をマークし、シックスマン賞を受賞するなどNBAのスタープレイヤーの階段を着実に登っていました。

3年目にはファイナルにも進出していて、惜しくもヒートに敗れますがハーデンの実力はより多くの人に知られることなり日本のファンも非常に多いプレイヤーの1人です。

Sponsored Link 


転機が訪れたのはルーキーの契約が切れる3年目のオフシーズンで、チームとの契約内容が合わずロケッツに移籍することとなります。昨シーズン(2013-14)MVPのデュラントに加えて、ウェストブルックとハーデンもいればと思ってしまいますが、ウェストブルックとハーデンが同時に出場して2人共がマックスのパフォーマンスでプレー出来るとは思えないのも事実ですね。

合う合わないということよりもイメージの方が強いですが、チーム側がハーデンの契約内容を飲まなかったのもこの辺りのことがあるのかもしれません。

 

 

ロケッツへ移籍したハーデンは、ベンチプレイヤーからスターターになったということだけでなく一気にチームの中心選手となり、初年度からシリーズ平均得点を25点台に乗せ、その実力をいかんなく発揮します。

アシストも初年度は5.8本、2年目には6.1本とセカンドガードながらゲームをコントロール出来る点も評価が高いです。

Sponsored Link 


チームとしてもハーデンが加入した初年度から4シーズンぶりにプレーオフに進出し、皮肉にもファーストラウンドで古巣のサンダーに2-4で破れていますが、翌年からの更なる飛躍に期待がもてるものでした。

また、昨シーズン前にはレイカーズからセンターのドワイトハワードも獲得し、昨シーズンはシリーズ成績をクリッパーズに続く4位とつけプレーオフで上位を目指しましたが、シーズン勝率が同じだったブレイザーズに敗れてファーストラウンド敗退となっています。

それでも、ハーデンのプレーオフでの活躍は目覚しく、2年連続で平均26.3得点をとっていて、ファンとしては来季こそはと期待が高まりますね。

 

 

動画で見るようにキレイな左利きのシュートフォームでアウトサイドシュートも得意なハーデンですが、ユーロステップと呼ばれるシュート前の切り返すステップが上手いプレイヤーとしても名高いです。

ユーロと呼ばれるだけあって、しなやかなプレーを得意とするジノビリを代表としたヨーロッパ系のプレイヤーが得意とするプレーですが、ハーデンのようにあの身体能力に繋げられるとディフェンスはたまったものではありません。

1つ目のTOP10動画の3位・2位がまさにそれにあたりますが、完全にディフェンスがステップにひっかかり反応が遅れているのがよく分かり、25点というハーデンのシリーズ平均得点を支えているプレーの1つと言えます。

来季でシーズン6年目となるハーデンですが昨シーズンはオールスターにも出場していてNBAのスタープレイヤーの仲間入りを果たしており、来季には更なる活躍に期待しているファンもとても多いです。

個人スタッツはすでに素晴らしいものがありますが、チームが勝ってこそのエースプレイヤーなので来季はチャンピオンリングを本気で狙えるチームへとハーデンが導いてくれることに期待したいです。

 

twitter

コメントを残す