NBAスリーポイントランキング

ジャマールマレー:カナダ出身のスリーポイントシューター

 

ニコラヨキッチを中心に、ウェスタンカンファレンスで躍進を続けるデンバーナゲッツ。

ヨキッチやハリスと共に、その原動力となっているジャマールマレー。

マレーののキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

高校時代

 

カナダ出身のNBAプレイヤーは少なくないですが、やはり高校時代からレベルの差を強く感じます。

大半ド派手なダンクがMIXテープの大半を占めますが、マレーの場合そのボールハンドリングとスリーポイントが多いのも印象的です。

大学時代

 

大学からアメリカに渡ったハリスは、名門ケンタッキー大学に進学しました。

初年度からスタートメンバーとして高校時代と変わらないプレイでチームの勝利に貢献し、観客を魅了しました。

 

ドラフト7位でナゲッツ入団

ケンタッキー大学で1年プレイした後、NBAへアーリーエントリーしたマレー。

ドラフト1巡目7位でナゲッツに指名されました。

2016年のドラフトというと1位のベンシモンズを筆頭に、イングラム、ジェイレンブラウン、バディヒールド、ソンメイカーなど有能な選手がとても多いです。

 

 

ルーキーイヤー

 

ルーキーイヤーから、82試合すべてに出場したマレー。

スターターは10試合でしたが、平均20分以上のプレイタイムを与えられ平均9.9得点を記録しました。

2月におこなわれたオールスターライジングスターでは9本のスリーポイントを含む36得点を挙げMVPを受賞しました。

 

 

チームは40勝42敗で8位のブレイザーズに1勝足りずプレイオフ進出を逃しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました