髭とステップに特徴ありすぎ!?ジェームスハーデン

ジェームスハーデン

 

バスケット選手とは思えないほどの髭をたくわえ、国際化されたNBAで思わずそちら側の国の方にも見えてしまうジェームスハーデンですが、アメリカLA出身のNBAヒューストンロケッツでプレーするプロバスケット選手です。




ドラフト3位でサンダーに入団

2009年のドラフト1巡目3位でオクラホマシティーサンダーに入団したハーデンは、ベンチプレイヤーながら毎年着実にスタッツを高め、3年目には平均31分ほどの出場で16.8得点をマークし、シックスマン賞を受賞するなどNBAのスタープレイヤーの階段を着実に登っていました。

3年目にはファイナルにも進出していて、惜しくもヒートに敗れますがハーデンの実力はより多くの人に知られることとなり日本人ファンも非常に多いプレイヤーの1人です。

 

James Harden top 10 plays as a Thunder

 

 

ロケッツへの移籍

転機が訪れたのはルーキーの契約が切れる3年目のオフシーズンで、チームとの契約内容が合わずロケッツに移籍することとなります。

2013-14シーズンMVPのデュラントに加えて、ウェストブルックとハーデンもいればと思ってしまいますが、ウェストブルックとハーデンが同時に出場して2人共がマックスのパフォーマンスでプレー出来るとは思えないのも事実です。

合う合わないということよりもイメージの方が強いですが、チーム側がハーデンの契約内容を飲まなかったのもこの辺りのことが関係しているのかもしれません。

 

2014 All-Star Top 10: James Harden

 

ロケッツへ移籍したハーデンは、ベンチプレイヤーからスターターになったということだけでなく一気にチームの中心選手となり、初年度からシーズン平均得点を25点台に乗せ、その実力をいかんなく発揮します。

アシストも初年度は5.8本、2年目には6.1本とセカンドガードながらゲームをコントロール出来る点も評価が高いです。

チームとしてもハーデンが加入した初年度から4シーズンぶりにプレーオフに進出し、皮肉にもファーストラウンドで古巣のサンダーに2-4で破れていますが、翌年からの更なる飛躍に期待がもてるものでした。

2013-14シーズンにはレイカーズからセンターのドワイトハワードも獲得し、シーズン成績をクリッパーズに続く4位とつけプレーオフで上位を目指しました。

しかし、シーズン勝率が同じだったブレイザーズにファーストラウンドで敗れシーズンを終えています。

ハーデンのプレーオフでの活躍は目覚しく、2年連続で平均26.3得点としています。

 

Trail Blazers vs. Rockets: Game 5 Flash Recap

 

トッププレイヤーに

2014-15シーズンではさらにその得点力は飛躍していきます。

1試合で50得点を挙げるゲームもあるほどその爆発力は誰もが認めるプレイヤーとなりました。

 

James Harden Offense Highlights Montage 2014/2015 (Part 1) – King of Stepback

 

ステップバックやユーロステップは見た目以上についてみないとその凄さを知ることが出来なさそうです。

チームもウェスト2位でプレイオフに進出し、カンファレンスファイナルまでコマを進めますがウォリアーズに1-4で完敗しシーズンを終えています。

ポイントガード寄りにシフト

2016-17シーズンではヘッドコーチの考えによりポイントガード寄りにシフトされプレーすることになります。

ハーデンのアシスト数はみるみるうちに増えシーズン平均で2桁を超えると自身初となるアシスト王を獲得しています。

 

James Harden's Best of the 2016-2017 Regular Season

 

55勝でプレイオフに進出したロケッツでしたが、カンファレンスセミファイナルでスパーズに2-4で敗れシーズンを終えています。

 

James Harden Full Series Highlights vs Thunder in 2017 Playoffs Rd.1 – 33 PPG, 7 APG, 6.4 RPG!

 

James Harden Full Series Highlights vs Spurs in 2017 WCSF – 24.5 PPG, 9.7 APG!

 

クリスポールがロケッツに加入

2017-18シーズンにはNo.1ポイントガードの呼び声高いクリスポールがロケッツへ加入します。

アウトサイドを主体とした超攻撃的なバスケットでロケッツは勝利を積み重ねました。

クリスポールの加入によりハーデンのプレーは更なる進化を見せ、キャリアハイとなるシーズン平均30.4得点を記録します。

独特のフォーメンションから繰り出されるアイソレーションは何度見たか分かりません。

 

James Harden's Best Plays of the 2017-2018 NBA Regular Season

 

チームは65勝と過去最高の勝率をほこりウェスト1位でプレイオフに進出しました。

ウルブズ、ジャズを危なげなく退けるとカンファレンスファイナルで宿敵ウォリアーズと対戦します。

 

James Harden Full Series Highlights vs Utah Jazz | 2018 NBA Playoffs WSCF

 

Game1をホームで落としたロケッツは、1-2で迎えたGame4に勝負をかけます。

2015-16ファイナル以降プレイオフのホームで黒星のなかったウォリアーズ相手に気迫のディフェンスを見せ95-92で勝利をおさめました。

ハーデン自身も30得点を挙げチームを勝利に導いています。

 

James Harden Full Game 4 Highlights vs Warriors 2018 NBA Playoffs WCF – 30 Pts, 4 Ast, 4 Reb!

 

Game5もホームで競り勝ち、王者ウォリアーズを3-2と追い込みますが、クリスポールの負傷欠場により流れが大きく変わりその後連敗したロケッツは3-4で敗れシーズンを終えています。

プレイオフ後におこなわれたNBAアワード2018でハーデンは自身初となるシーズンMVPに選出されました。

 

James Harden's 2017-2018 NBA MVP Mixtape

 

ユーロステップ

動画で見るようにキレイな左利きのシュートフォームでアウトサイドシュートも得意なハーデンですが、ユーロステップと呼ばれるシュート前の切り返すステップが上手いプレイヤーとしても名高いです。

ユーロと呼ばれるだけあって、しなやかなプレーを得意とするジノビリを代表としたヨーロッパ系のプレイヤーが得意とするプレーですが、ハーデンのようにあの身体能力に繋げられるとディフェンスはたまったものではありません。

動画内でも数多く見られますが、ディフェンスがステップにひっかかり反応が遅れているのがよく分かり、ハーデンのシーズン平均得点を支えているプレーの1つと言えます。

 

How to do the James Harden Eurostep

 

バックステップ

今や日本の選手でも見かけるようになったバックステップ。

プレイヤーの方なら皆さんご存知だと思いますが、半端じゃないボディバランスと足の踏ん張りを必要とします。

それを距離の長いNBAのスリーポイントラインで平然とやられれば、NBA選手であっても止めるのは厳しいでしょう。

 

James Harden All Stepback Jump Shots 2017-2018 Regular Season

 

ジェームスハーデンのバッシュ

ナイキと契約している選手が多い中、ハーデンはアディダスとスポンサー契約しています。

アディダスからハーデンシリーズが発売されています。

コメント