NBAスリーポイントランキング

ジェームズハーデン:ステップバックとユーロステップの代名詞

 

バスケット選手とは思えないほどの髭をたくわえるジェームスハーデン。

アメリカLA出身の、NBAブルックリンネッツでプレイするガードプレイヤーです。

ドラフト3位でサンダーに入団

2009年のドラフト1巡目3位でオクラホマシティーサンダーに入団したハーデン。

ベンチプレイヤーからスタートし毎年着実にスタッツを高め、3年目には平均31分ほどの出場で16.8得点をマークし、シックスマン賞を受賞するなどNBAのスタープレイヤーの階段を着実に登っていました。

3年目にはファイナルにも進出していて、惜しくもヒートに敗れますがハーデンの実力はより多くの人に知られることとなり日本人ファンも非常に多いプレイヤーの1人です。

 

 

ロケッツへの移籍

転機が訪れたのはルーキーの契約が切れる3年目のオフシーズンで、チームとの契約内容が合わずロケッツに移籍することになります。

2013-14シーズンMVPのデュラントに加えて、ウェストブルック、イバカとハーデンもいればと今考えればものすごいメンバーでした。

 

 

しかし、KDとウェストブルック、ハーデンが同時に出場して3人共がマックスのパフォーマンスでプレイ出来なかったのは事実です。

合う合わないということよりもイメージの方が強いですが、チーム側がハーデンの契約内容を飲まなかったのもこの辺りのことが関係しているのかもしれません。

ロケッツへ移籍したハーデンは、ベンチプレイヤーからスターターになったということだけでなく一気にチームの中心選手となり、初年度からシーズン平均得点を25点台に乗せその実力をいかんなく発揮します。

アシストも初年度は5.8本、2年目には6.1本とセカンドガードながらゲームをコントロール出来る点も評価が高いです。

チームとしてもハーデンが加入した初年度から4シーズンぶりにプレイオフに進出し、皮肉にもファーストラウンドで古巣のサンダーに2-4で破れていますが、翌年からの更なる飛躍に期待がもてるものでした。

2013-14シーズンにはレイカーズからセンターのドワイトハワードも獲得し、シーズン成績をクリッパーズに続く4位につけプレイオフで上位を目指しました。

 

 

しかし、シーズン勝率が同じだったブレイザーズにファーストラウンドで敗れシーズンを終えています。

ハーデンのプレイオフでの活躍は目覚しく、2年連続で平均26.3得点を記録しています。

 

 

 

NBAトッププレイヤーへ

2014-15シーズンではさらにその得点力は飛躍していきます。

1試合で50得点を挙げるゲームもあるほど、その爆発力は誰もが認めるプレイヤーとなりました。

ステップバックやユーロステップは、見た目以上についてみないとその凄さを知ることが出来なさそうです。

チームもウェスト2位でプレイオフに進出し、カンファレンスファイナルまでコマを進めますがウォリアーズに1-4で完敗しシーズンを終えています。

 

 

ポイントガード寄りにシフト

2016-17シーズンには、ヘッドコーチの考えによりポイントガード寄りにシフトされプレイすることになります。

ハーデンのアシスト数はみるみるうちに増え、シーズン平均で2桁を超えると自身初となるアシスト王を獲得します。

 

 

55勝でプレイオフに進出したロケッツでしたが、カンファレンスセミファイナルでスパーズに2-4で敗れシーズンを終えています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました