デマーデローザン:USA代表にも選ばれたブルズのエース

 

ラプターズを強豪チームに押し上げたデマーデローザン。

カイルラウリーと人気を二分しながらも、その実力はUSA代表に選出されるほどです。

現在はラプターズからスパーズへ移籍後、ブルズでプレイしています。

2009年ドラフト9位でNBA入団

デマーデローザンは2009年のドラフト9位でラプターズに指名されNBA入りを果たしました。

2009年のドラフトと言うと1位のブレイクグリフィンを筆頭に、3位のジェームスハーデン、5位のリッキールビオ、7位のステファンカリーと現在のNBAで活躍するメンバーがとても多く見られます。

その中で1巡目9位指名を受けたデローザンのポテンシャルの高さは誰もが納得するところでしょう。

 

 

初期シーズンキャリア

 

201cmの身長で身体能力も高く、典型的なUSAのシューティングガードと言うイメージがとても強いデローザンですが、ルーキーイヤーは思ったように得点を挙げれず77試合に出場するも平均得点は一桁の8.6得点でした。

それでも2年目からは一気に平均得点を伸ばし、17.2得点とするとその後は安定した活躍を見せるようになりました。

ただ、3ポイントの確率がとても悪くこれまでに30%を上回ったのは3度だけです。

それでいて20点前後の平均得点をマークするのも凄いですが、アウトサイドシュートが入らないシューティングガードというのはさすがに致命的です。

今後更なるスーパースターへの階段を登るにあたり、最も重要なポイントと指摘されていました。

 

 

それにしても迫力のあるドライブで魅力的な選手といえます。

2014年におこなわれたFIBAワールドカップのメンバーにも選出され、見事にゴールドメダルを獲得しています。

アービングやカリー、ハーデンもメンバーにいたためそれほど目立つといったことはありませんでしたが、プレイタイムに相応の活躍は充分に見せてくれました。

 

 

イースト強豪チームへ

デローザンは、2015-16シーズン、2016-17シーズンとさらに平均得点を伸ばしていきます。

2017-18シーズンは個人の平均得点こそ下がったものの、チームはレギュラーシーズン首位でプレイオフに進出しました。

 

 

プレイオフファーストラウンドでは、4-2でウィザーズを退けるとカンファレンスセミファイナルでキャブスと対戦します。

レギュラーシーズンから相性の悪かったキャブスではありましたが、キングレブロンの前にまさかのスイープ負けを喫しファンからは様々な声が挙がりました。

デローザン自身もウィザーズ戦では平均26.7得点を挙げていましたが、キャブス戦では平均16.8得点にとどまっています。

チャンピオンリング獲得に向けて

2018-19シーズンを迎えるにあたり、ラプターズにはいいニュースと悪いニュースがありました。

悪いニュースは、最優秀ヘッドコーチにも選ばれたドウェインケイシーが解雇されたというもので、チームをつくりあげてきたまとめ役が変わればチームの雰囲気にも少なからず影響があるでしょう。

いいニュースはレブロンジェームズがレイカーズへ移籍し、イーストからいなくなったというものです。

マイアミ時代から数えると8年連続でレブロンジェームズが在籍したチームがイースタンカンファレンスを制していて、目の上のたんこぶだったことは間違いありません。

スパーズへの移籍

フランチャイズプレイヤーとしてラプターズでの活躍が期待されたデローザンでしたが、ケイシーやレブロンが移籍した同年にトレードによりスパーズへ移籍することになりました。

カウイレナードやダニーグリーンなど日本でも馴染みの深いプレイヤーの絡んだトレードは波紋を呼びました。

 

 

デローザンはラプターズに対し怒りを爆発させていたようですが、スパーズのポポビッチHCは歓迎と共にチーム構想をしっかりと始めていたようで、デローザンとオルドリッジを中心に新生スパーズがスタートしました。

 

 

デローザン自身は、スリーポイントをほぼ放たないスタイルを貫き、確率高く得点を重ねました。

シーズン7位でプレイオフに進んだスパーズは、ファーストラウンドで2位のナゲッツを最終戦まで追い詰めましたが惜しくも敗れシーズンを終えています。

 

 

2019-20シーズン

2019-20シーズンもスパーズでプレイしたデローザン。

前年同様にオルドリッジと共にチームを引っ張りました。

 

 

平均得点も22.1得点と前年を上回りますが、新型コロナウィルスの影響でイレギュラーなシーズンだっととはいえ、スパーズは22年続いたプレイオフ進出が途絶えました。

2020-21シーズン

2020-21シーズンもスパーズでプレイしたデローザン。

欠場も少なく、短縮されたシーズンながら61試合に全てスターターで出場しました。

 

 

レギュラーシーズンをウェスト10位で終え、プレイイントーナメントに出場しましたが、グリズリーズに敗れ、シーズンを終えました。

昨シーズンに続き、プレイオフ進出を逃し、球団史上初めてのことでした。

ブルズへ移籍

2021-22シーズン前にブルズへ移籍したデローザン。

キャリアハイとなりそうな平均得点で、自身初となるオールスターのスターターに選出されました。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
09-10 20 TOR 77 21.6 8.6 2.9 0.7 49.8 25.0 76.3 0.6 0.2 0.8
10-11 21 TOR 82 34.8 17.2 3.8 1.8 46.7 9.6 81.3 1.0 0.4 1.8
11-12 22 TOR 63 35.0 16.7 3.3 2.0 42.2 26.1 81.0 0.8 0.3 2.0
12-13 23 TOR 82 36.7 18.1 3.9 2.5 44.5 28.3 83.1 0.9 0.3 1.8
13-14 24 TOR 79 38.2 22.7 4.3 4.0 42.9 30.5 82.4 1.1 0.4 2.2
14-15 25 TOR 60 35.0 20.1 4.6 3.5 41.3 28.4 83.2 1.2 0.2 2.3
15-16 26 TOR 78 35.9 23.5 4.5 4.0 44.6 33.8 85.0 1.0 0.3 2.2
16-17 27 TOR 74 35.4 27.3 5.2 3.9 46.7 26.6 84.2 1.1 0.2 2.4
17-18 28 TOR 80 33.9 23.0 3.9 5.2 45.6 31.0 82.5 1.0 0.3 2.2
18-19 29 SAS 77 34.9 21.2 6.0 6.2 48.1 15.6 83.0 1.1 0.5 2.6
19-20 30 SAS 68 34.1 22.1 5.5 5.6 53.1 25.7 84.5 1.0 0.3 2.4
20-21 31 SAS 61 33.7 21.6 4.2 6.9 49.5 25.7 88.0 0.9 0.2 2.0

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
13-14 24 TOR 7 40.3 23.9 4.1 3.6 38.5 33.3 89.9 1.1 1.3 2.6
14-15 25 TOR 4 39.8 20.3 6.3 5.8 40.0 37.5 82.4 1.5 0.0 2.5
15-16 26 TOR 20 37.3 20.9 4.2 2.7 39.4 15.4 81.3 1.1 0.2 2.3
16-17 27 TOR 10 37.3 22.4 4.9 3.4 43.4 6.7 88.8 1.4 0.0 2.5
17-18 28 TOR 10 35.4 22.7 3.6 4.0 43.7 28.6 81.1 0.5 0.6 2.3
18-19 29 SAS 7 35.9 22.0 6.7 4.6 48.7 0.0 86.4 1.1 0.1 1.7

 

 

 

年齢 32歳
身長 201cm
体重 98kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

ガード
OverTime

コメント