類稀な肉体と身体能力を兼ね備えたセンター、ドワイトハワード

筋トレ室

 

ダンクコンテストでスーパーマンのマントをまといタイトルを獲得した印象も強いドワイトハワード。

身長211cmでありながらさらにその跳躍力は素晴らしく、信じられないような高さのダンクやブロックでファンを魅了してくれるNBAでも数少ないプレイヤーの1人です。

マジック時代

高校卒業後NBA入りしたハワードは、その恵まれた体格を活かしルーキーイヤーから活躍を続け、8年間在籍したオーランドマジックではファイナル進出を果たすなどその活躍は目覚しいものでした。

あのシャキールオニールのように数年はハワードの時代になると思った方も少なくないでしょう。実際に管理人もこのプレイヤーはどうやって止めるんだろうかとそのプレーを見ていて当初は思いました。

 

Sponsored Link


しかし、そこはやはりNBAというリーグの凄さからなのかハワードは徐々にその活躍のシーンが減っていきます。

元々フリースローが苦手でシーズン平均60%をこえた年はルーキーイヤーの1度のみで50%を切る年も数回あるほどなので、単純にファールを多く受けたり、ダンクに行くまでのステップやドリブルワークのバリエーションが少ないこと、シュートレンジが狭いことからも思ったように得点できないシーンを多く目にするようになりました。

レイカーズ時代

大型トレードによりマジックからレイカーズに移籍しナッシュやコービーとプレーしたハワードですが、そのパフォーマンスはシーズン前の期待を大幅に下回るもので、いい選手をたくさん集めればいいわけじゃないという典型的なカタチになってしまっていました・・・

それでもコービーブライアントはいつもの活躍を続け、ナッシュも年齢による衰えはあるもののさすがというプレーをしていたのに対し、ハワードのマジック時代のいい時とは大きく開いたプレーに肩を落としたファンも少なくはないでしょう。

腰に負担を抱えている事実はありますが、あのカリームアブドルジャバーにバスケットのIQが低いと言われるほどで、ハワードへの期待の裏返しという面ももちろんありますが、重ね重ね・・・・・

 

Sponsored Link


もうこんなダンクは見れないんですかね?!

腰の心配はありますが、高校からNBA入りしているハワードはまだまだ全盛期といえる年齢なのでマジック以降は移籍を繰り返していますが復活に期待しているファンも多いでしょう。

レイカーズから移籍後

ロケッツではジェームスハーデンらとともに2014プレーオフにも出場し、ファーストラウンドで敗れていますが、まだ移籍1年目で、レイカーズのように元々強豪であったわけではないので、その存在力はやはり大きいでしょう。

 

ハワードは低迷している中でも数回リバウンド王に輝くなどその類稀な才能は随所に発揮されていて、移籍後のチームでもそういったプレーを中心にチームを支えています。

しかし、NBAの強豪たちに打ち勝つためには、スパーズのようなチーム力がない限り、ハワードの全盛期のような圧倒的なプレーが求められるので、ディフェンスやリバウンドはバスケットにおいてとても重要ですが、マジック時代のように誰も止めれないリング下をもう一度見たいと思うファンは多いでしょう。

関連記事



コメントを残す