ルディゴベア:フランス出身のリムプロテクター

 

ユタジャズで活躍する、フランス出身のセンター、ルディゴベア。

リムプロテクターとしても名高く、最優秀守備選手やオールディフェンシブファーストチームに複数回選出されています。

ゴベアのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

フランスリーグ時代

2009年からフランスリーグのショレでジュニアチームを経て、2010年からはシニアリーグでもプレイしました。

 

 

2013年ドラフト27位でNBA入団

2013年の1巡目27位でデンバーナゲッツに指名された、ゴベア。

その後のトレードでユタジャズへ移籍しました。

 

 

キャリア初期

 

ルーキーイヤーは、下部組織のDリーグでもプレイし、NBAの出場試合数は45試合にとどまり全てベンチスタートでした。

平均出場時間も10分を切り、平均2.3得点3.4リバウンドを記録しました。

2年目には、全82試合に出場し、37試合はスターターで起用されました。

出場時間は平均25分を超え、8.4得点9.5リバウンド2.3ブロックと数字を残していきます。

 

 

3年目には、怪我も負いましたが61試合に出場しスターターへ定着しました。

平均出場時間は30分を超え、9.1得点11.0リバウンド2.2ブロックを記録しました。

プレイオフ常連チームへ

3年目までは、プレイオフに進出できなかったゴベア。

2016-17シーズンからは、プレイオフ常連チームへと変貌していきました。

ゴベア自身も平均得点が15点前後まで伸び、2016-17シーズンはブロック王にも輝きました。

 

 

自身初のプレイオフ初戦で、ゴベアは左ひざを負傷し、Game2・3を欠場しましたがGame4からはゲームに戻りチームのシリーズ突破に貢献しました。

カンファレンスセミファイナルで、ウォリアーズと対戦したジャズはスイープで敗れシーズンを終えています。

 

 

 

シーズン終了後、ゴベアはオールNBAセカンドチームに加えて、オールディフェンシブファーストチームに選出されました。

2017-18シーズンを前にジャズは、ゴードンヘイワードを放出する等、ロスターの大幅な変更がありました。

ポイントガードにリッキールビオが加入し、ドラフトからドノバンミッチェルも獲得しました。

ゴベアはシーズン序盤に右膝を負傷し、約1カ月欠場しましたがシーズン全体で56試合に全てスターターで出場しました。

 

 

シーズン5位でプレイオフに進出したジャズは、ファーストラウンドでサンダーと対戦しました。

ウェストブルック、ポールジョージ、カーメロアンソニー要するサンダー相手にジャズは躍動し、シリーズの主導権を完全に握りました。

ゴベア自身もダブルダブルを量産し、シリーズ突破に大きく貢献しました。

 

 

カンファレンスセミファイナルでロケッツと対戦したジャズ。

力の差を見せられ、1勝しか挙げることが出来ず、シーズンを終えています。

シーズン終了後、ゴベアはオールディフェンシブファーストチームに加え、自身初となる最優秀ディフェンス賞を受賞しました。

 

 

2018-19シーズンは、怪我もなく81試合に出場したゴベア。

キャリア最高となる、平均15.9得点を記録しました。

 

 

 

昨シーズン同様にウェスト5位でプレイオフに進出したジャズ。

ファーストラウンドでロケッツと対戦しましたが、またしても1-4で敗れシーズンを終えています。

シーズン終了後、ゴベアは2年連続で最優秀ディフェンス賞を受賞しました。

 

 

2019-20シーズンでゴベアは、初めてオールスターゲームに出場しました。

 

 

新型コロナウィルスの影響でイレギュラーなシーズンとなりましたが、NBAの中でゴベアは最初に感染が確認されました。

 

 

7月にシーズンは再開され、元気な姿を見せたゴベア。

プレイオフのファーストラウンドで、ナゲッツと対戦しました。

第7戦までもつれこんだシリーズでしたが、ナゲッツが競り勝ちジャズはシーズンを終えました。

 

 

2020-21シーズンを前に、ゴベアは5年2億500万ドルの契約延長に署名しました。

 

 

ジャズは2020-21シーズンを首位でプレイオフに進出する快進撃を見せました。

ゴベアも自身3度目となる最優秀ディフェンス賞を獲得するなど、好守に渡って活躍を見せました。

 

 

プレイオフでは、ファーストラウンドでグリズリーズを4-1で降し好調なスタートを見せましたが、カンファレンスセミファイナルではクリッパーズ相手に2連勝から4連敗を喫しシーズンを終えました。

ドノバンミッチェルが万全の状態でなかったことに加えて、クリッパーズはスモールラインナップを多用し、ゴベアのマッチアップ相手がいなかったのも難しい点でした。

 

 

プレイスタイル

リムアタックをことごとく防ぐ、リーグ屈指のリムプロテクター。

 

 

オフェンス面では、シュートレンジこそ広くないものの、ピックアンドロールに合わせ、高確率で得点をかさねる。

フランス代表での活躍

2012年から、フランスのフル代表チームでプレイするゴベア。

ワールドカップでは、2014年と2019年に銅メダルを獲得しています。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
13-14 21 UTA 45 9.6 2.3 3.4 0.2 48.6% 49.2% 0.2 0.9 0.7
14-15 22 UTA 82 26.3 8.4 9.5 1.3 60.4% 0.0% 62.3% 0.8 2.3 1.4
15-16 23 UTA 61 31.7 9.1 11.0 1.5 55.9% 56.9% 0.7 2.2 1.9
16-17 24 UTA 81 33.9 14.0 12.8 1.2 66.1% 0.0% 65.3% 0.6 2.6 1.8
17-18 25 UTA 56 32.4 13.5 10.7 1.4 62.2% 68.2% 0.8 2.3 1.9
18-19 26 UTA 81 31.8 15.9 12.9 2.0 66.9% 63.6% 0.8 2.3 1.6
19-20 27 UTA 68 34.3 15.1 13.5 1.5 69.3% 63.0% 0.8 2.0 1.9
20-21 28 UTA 71 30.8 14.3 13.5 1.3 67.5 0.0% 62.3% 0.6 2.7 1.7

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
16-17 24 UTA 9 27.3 11.6 9.9 1.2 63.5% 48.0% 1.0 1.3 1.0
17-18 25 UTA 11 34.8 13.2 10.7 1.0 65.5% 60.3% 0.9 2.3 1.9
18-19 26 UTA 5 30.4 11.2 10.2 1.4 59.4% 78.3% 0.6 2.6 1.8
19-20 27 UTA 7 38.6 16.9 11.4 1.1 64.9% 52.4% 0.6 1.4 1.3
20-21 28 UTA 11 34.2 14.7 12.3 0.8 74.1 0.0% 63.6% 0.5 2.1 1.5

 

 

年齢 30歳
身長 216cm
体重 111kg
国籍 フランス

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

センター
OverTime

コメント