複数ポジションをこなすユーティリティープレイヤー、ボリスディアウ

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

ボリスディアウ

 

2014プレイオフで大きな注目を集めたボリスディアウは、トーニーパーカーと同じフランス国籍の選手です。

プレイスタイル

Boris Diaw Passing Clinic – Video Analysis [ NBA Finales 2014 ]

 

203cmという身長ながらインサイドに強く、3ポイントシュートまで広いシュートレンジを持ち、視野も広くパスもさばけるユーティリティープレイヤーです。

100kgを超える恵まれた体格で、インサイドアタックではその強さに加えて相手をかわす器用さにも長けています。

シュートレンジが広いのでマークマンによって自由にプレイスタイルを変え、コート全体でオフェンスに加わり得点・アシストを重ねます。

ディアウのキャリア

そのプレイは2001年にNBA入りした後、現在所属するスパーズまでに5度の移籍を繰り返すなどそれほど高い評価は受けていませんでした。

しかし、スパーズではその器用さがはまり、屈強なベンチメンバーの中心人物として活躍しています。

 

Boris Diaw: Spurs Highlight Reel

 

スパーズに入団後、ファイナルなど大舞台でのプレイが増えさらにそのプレイは躍進していきます。

また、ディフェンスでもセカンドガードからパワーフォワードまでマッチアップすることが出来、ファイナルでレブロンとマッチアップしている姿をみたときは驚いた方も少なくないでしょう。

もちろんレブロンもドライブを中心な攻めにチェンジし離れたらアウトサイドとさすがに1人で止めるのは無理ですが、同じポジションの選手がついても止めれるわけじゃありませんからねレブロンの場合・・・

多くのメンバーを試合中に何度も入れ替えるスパーズにとってはそういった面からも大きな存在であったといえます。

スタッツだけでは計れないこういったプレイヤーの存在がバスケットにおいてとても重要であると再確認させられる数少ない選手の1人です。

スパーズからの移籍

ウェストの王朝がスパーズからウォリアーズへ移行し、ディアウはジャズへドラフト指名権と引き換えにトレードで移籍することになりました。

しかし、移籍後すぐにジャズを解雇になり、NBAでプレイすることはなく母国フランスリーグのチームと契約しています。

コメント