クリッパーズvsナゲッツ 第1戦はクリッパーズが快勝 NBA2020PO WCSF

NBA2020プレイオフ

 

ウェスト2位と3位の対決となるカンファレンスセミファイナル、クリッパーズvsナゲッツ。

第1戦が9月4日におこなわれました。

 

 

 

第2クォーター中盤辺りからクリッパーズがリードを広げていき、第3クォーターには30点近く点差が広がりました。

終盤は共にメンバーを下げ、結果的に120-97でクリッパーズが勝利しています。

クリッパーズでは、カウイレナードが29得点の活躍でチームを牽引しました。

ミドルレンジを中心に、FG確率75%と高い数字を残しています。

 

 

ポールジョージが19得点、マーカスモリスが18得点で続いています。

パトリックべバリーも怪我から復帰しました。

敗れたナゲッツでは、ニコラヨキッチの15得点が最高で、ジャマールマレーも12得点にとどまっています。

ファーストラウンドが激戦だっただけに、中1日で疲れがあったでしょうか。

既にクリッパーズが優勢な雰囲気が漂っていますが、マレーのファーストラウンドのような気迫をもう一度見たいところです。

 

 

プレイオフその他のゲームハイライトは以下から。

 

NBA2020プレイオフ結果一覧&ハイライト
画像引用元-bleacherreport.com1stラウンドイースタンカンファレンスバックス vs マジックバックス...

コメント