ヒートが3連勝でカンファレンスファイナル王手 NBA2020PO ECSF

NBA2020プレイオフ

 

イースト1位と5位の対決となるバックスvsヒート。

第3戦が9月5日におこなわれました。

 

 

 

終始バックスがリードする時間帯が続きましたが、第4クォーターでヒートが逆転するとそのまま点差を広げ115-100で勝利し、カンファレンスファイナル進出へ王手をかけています。

ヒートでは、ジミーバトラーが30得点を挙げスコアリーダーとなっています。

半分以上が第4クォーターの得点でした。

 

 

バムアデバヨが20得点、ジェイクラウダーが17得点、ゴランドラギッチが15得点で続いています。

第2戦で捻挫したアンドライグダラもゲームに出場していました。

敗れたバックスでは、ブルックロペスが22得点でスコアリーダーとなっています。

ヤニスアデトクンポは、21得点16リバウンド9アシストを記録しましたが、スリーポイント0/7を含むFG確率は7/21の33.3%と上がりませんでした。

終盤はドライブからアウトサイドへパスを展開しましたが、周りのシュートも決まりませんでした。

 

 

リーグ最高勝率でプレイオフにのぞんだバックスが3連敗で窮地に追い込まれました。

相性という言葉があてはまるカードですが、このままシリーズは終わってしまうのでしょうか。

それにしてもヒートはディフェンスもタフで本当に強いです。

 

 

プレイオフその他のゲームハイライトは以下から。

 

NBA2020プレイオフ結果一覧&ハイライト
画像引用元-bleacherreport.com1stラウンドイースタンカンファレンスバックス vs マジックバックス...

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2020プレイオフ・ファイナル
OverTime

コメント