マブスvsスパーズ ドンチッチ42得点+トリプルダブル NBA2019-20

 

キングレブロン同等のスタッツで活躍を続けるダラスマーベリックスのルカドンチッチ。

第13戦は、11月19日にホームでサンアントニオスパーズと対戦しました。

ゲーム展開

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
SAS 22 27 30 31 110
DAL 36 23 34 24 117

 

第1クォーターからリードを奪い、ゲームを優位に進めたマブス。

終盤スパーズの猛追を受けますが、クラッチタイムの攻防を制し結果的に117-110でマブスが勝利しています。

 

ダラスマーベリックス

マブスでは、ルカドンチッチがキャリハイとなる42得点に加えて11リバウンド12アシストを記録しています。

クラッチタイムの強さも相変わらずで、勢いはまだまだ増していきそうな雰囲気充分です。

 

 

ドリアンフィニースミスが22得点、クリスタルポルジンギスが18得点10リバウンドで続いています。

 

 

 

 

サンアントニオスパーズ

スパーズでは、デマーデローザンが36得点を挙げスコアリーダーとなっています。

FG確率70%+フリースロー8/8のターンオーバー1と素晴らしいスタッツを残していますが、+/-では-8とディフェンス面を指摘する声も挙がっていました。

ラマーカスオルドリッジが16得点、ブリンフォーブスが13得点で続いています。

 

最後に

このゲームを終え、8勝5敗でウェスト6位につけたマブス。

ルカドンチッチはシーズンを通してさらに偉大なプレイヤーへと飛び立ってしまいそうです。

一方のスパーズは、5勝9敗で13位とやや信じ難い順位になっています。