アキームオラジュワン:日本人センターも真似したいドリームシェイク

アキームオラジュワン

 

過去の選手も含めてNBAを代表的するセンタープレイヤーは?と聞かれたらオラジュワンの名前を出す人も多くいるでしょう。

ドリームシェイクと呼ばれるステップとスピンムーブを得意とし、213cmと大型のセンタープレイヤーながら素早いターンで点を量産したNBA屈指のセンターです。

 

Hakeem Olajuwon's ULTIMATE "Dream Shake" Mix

 

スポンサーリンク

大学時代

ナイジェリア出身のオラジュワンがバスケットをまともに始めたのはアメリカへ移住した大学の頃からで、大学最後の年には敗れはしたもののファイナルであのユーイングと対戦しているのですからその非凡な才能には驚きを隠せません。

 

Patrick Ewing vs Hakeem Olajuwon

 

大学のファイナルでユーイングと対戦していたことも、その後のNBAのことを考えると運命のように感じてしまいます。

チャンピオンリング獲得

マイケルジョーダンが最初の引退をした後NBAを支えたのはオラジュワンやユーイング、シャックにダンカンとセンタープレイヤーだったことを思い出します。

NBAのファイナルで再戦することになったオラジュワンとユーイング。

NBA入団後10年の月日が流れてのことでした。

オラジュワンとユーイングの1on1は当時月間のバスケットボール雑誌にコマ送りの写真で掲載され何度も見返して真似したのを覚えています。

 

Top 10 Plays: Hakeem Olajuwon 1994 NBA Finals

 

よくNBAのプレーを見ても出来ないから参考にならないという言葉を耳にしますが、管理人は最後がダンクなだけであとは一緒だと考えていて、特にオラジュワンの得意とするステップやターンこそ日本人のほうが上手くなくてはいけない分野なのかもしれません。

しかし、日本のセンタープレイヤーでこういった雰囲気の選手を見ることの方が少ないのが現実です。

日本のバスケ環境では必要とされない部分もあるかもしれませんが、世界を目指す選手達も増えてきただけに指導者の方々には期待したいところです。

連覇

少し脱線してしまいましたが、ファイナルで見事に優勝を飾ったオラジュワン率いるロケッツは、翌年にはあのドレクスラーもチームに加えてNBAで連覇を成し遂げ、オラジュワンは2年連続でファイナルMVPに輝いています。

 

Top 10 Plays: Hakeem Olajuwon 1995 NBA Finals

 

見ましたか?!オフェンス時にはシャックをものともしていません。まだ若いあの体型のシャックが完全に振られてたのには驚きます。(もちろんディフェンス時にはシャックに点をとられるシーンも多々あります。)

本当にディフェンスを見てターンしていると感じるプレーばかりでした。

現役選手の指導

NBAのプレイヤーの中でもオラジュワンのプレーは伝説的となっていて、多くのプレイヤーが指導を受けているようです。

レブロンジェームズやコービーブライアントの名前もあり、オラジュワンのテクニックがどれほどだったのかがよく分かります。

 

Hakeem Olajuwon & LeBron James Training Sessions 2011

 

上の動画はレブロンジェームズとオラジュワンのワークアウトの様子ですが、神々の練習風景に圧倒されてしまいます。

現役のセンタープレイヤーの方は是非何度も全ての動画のポストムーブをコマ送りで見返して明日からの練習に活かしてください。

オラジュワンのバッシュ

オラジュワンは当時スポルディングとスポンサー契約をしていました。

現在そのモデルを探しても見つけるのは難しいです。

その他にもLAギアのバッシュも着用していたと言われています。

スポルティングのバッシュは以下から。

 

経歴

オラジュワンの主な経歴
  • 1963.01
    ナイジェリア ラゴス州生まれ
    55年前
  • 1980
    アメリカに移住
    ヒューストン大学に入学
  • 1984
    ドラフト1位でロケッツ入団
  • 1985
    オールスターゲーム出場
    計12回 1985-1990,1992-1997
  • 1989
    リバウンド王
    計2回 1989,1990
  • 1990
    ブロック王
    計3回 1990,1991,1993
  • 1993
    最優秀守備選手
    計2回 1993,1994
  • 1994
    シーズンMVP
  • 1994
    NBAチャンピオン
    計2回 1994,1995
  • 1994
    ファイナルMVP
    計2回 1994,1995
  • 1996
    アトランタオリンピック
    アメリカ代表として金メダル獲得(ナイジェリアとの二重国籍)
  • 2001
    ラプターズへ移籍
  • 2002
    引退
  • 2008
    殿堂入り
センター
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
スポンサーリンク
関連記事



Basketball Dream

コメント

  1. 匿名 より:

    懐かしいスタークス

    • basketball より:

      こんにちは。
      ジョーダン相手にあそこまでやれるのは色々な意味でスタークスとペイトンくらいじゃないでしょうか(笑)