アキームオラジュワン:日本人センターも真似したいドリームシェイク

 

過去の選手も含めてNBAを代表的するセンタープレイヤーは?と聞かれたらアキームオラジュワンの名前を出す人も多くいるでしょう。

ドリームシェイクと呼ばれるステップとスピンムーブを得意とし、213cmと大型のセンタープレイヤーながら素早いターンで点を量産したNBA屈指のセンターです。

大学時代

ナイジェリア出身のオラジュワンがバスケットをまともに始めたのはアメリカへ移住した大学の頃からでした。

大学でプレイした最後の年には、敗れはしたもののファイナルであのパトリックユーイングと対戦しているのですからその非凡な才能には驚きを隠せません。

 

 

大学のファイナルでユーイングと対戦していたことも、その後のNBAのことを考えると運命のように感じてしまいます。

チャンピオンリング獲得

マイケルジョーダンが最初の引退をした後NBAを支えたのはオラジュワンやユーイング、シャックにダンカンなどのセンタープレイヤーだったことを思い出します。

1994年のNBAファイナルで再戦することになったオラジュワンとユーイング。

NBA入団後10年の月日が流れてのことでした。

 

 

オラジュワンとユーイングの1on1は、当時月間のバスケットボール雑誌にコマ送りの写真で掲載され何度も見返して真似したのを覚えています。

 

 

よくNBAのプレイを見ても出来ないから参考にならないという言葉を耳にしますが、最後がダンクなだけであとは一緒だと考えるのがスマートです。

特にオラジュワンの得意とするステップやターンこそ、日本人のほうが上手くなくてはいけない分野なのかもしれません。

 

 

連覇

ファイナルで見事に優勝を飾ったオラジュワン率いるロケッツは、翌年にはあのクライドドレクスラーもチームに加入しました。

 

 

NBAで連覇を成し遂げ、オラジュワンは2年連続でファイナルMVPに輝いています。

 

 

 

上の動画を見ると、オフェンス時にはシャックをものともしていません。

まだ若いあの体型のシャックが完全に振られてたのには驚きます。(もちろんディフェンス時にはシャックに点をとられるシーンも多々あります。)

 

 

本当にディフェンスを見てターンしていると感じるプレイばかりでした。

ドリームシェイク

 

美しいステップとスピンムーブは、引退から20年経った今も尚、そのフットワークを超える選手はあらわれていないというのが大方のファンの本音です。

現役選手の指導

NBAプレイヤーの中でもオラジュワンのプレイは伝説的となっていて、多くのプレイヤーが指導を受けているようです。

レブロンジェームズやコービーブライアントの名前もあり、オラジュワンのテクニックがどれほどだったのかがよく分かります。

 

 

上の動画はレブロンジェームズとオラジュワンのワークアウトの様子ですが、神々の練習風景に圧倒されてしまいます。

現役のセンタープレイヤーの方は、是非何度も全ての動画のポストムーブをコマ送りで見返して明日からの練習に活かしてください。

 

 

 

オラジュワンのバッシュ

オラジュワンは当時スポルディングとスポンサー契約をしていました。

現在そのモデルを探しても見つけるのは難しいです。

その他にもLAギアのバッシュも着用していたと言われています。

 

スポルディング バッシュ
SPALDING(スポルディング)
ソールの厚さ:2.5cm

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
84-85 22 HOU 82 35.5 20.6 11.9 1.4 53.8% 61.3% 1.2 2.7 2.9
85-86 23 HOU 68 36.3 23.5 11.5 2.0 52.6% 64.5% 2.0 3.4 2.9
86-87 24 HOU 75 36.8 23.4 11.4 2.9 50.8% 20.0% 70.2% 1.9 3.4 3.0
87-88 25 HOU 79 35.8 22.8 12.1 2.1 51.4% 0.0% 69.5% 2.1 2.7 3.1
88-89 26 HOU 82 36.9 24.8 13.5 1.8 50.8% 0.0% 69.6% 2.6 3.4 3.4
89-90 27 HOU 82 38.1 24.3 14.0 2.9 50.1% 16.7% 71.3% 2.1 4.6 3.9
90-91 28 HOU 56 36.8 21.2 13.8 2.3 50.8% 0.0% 76.9% 2.2 3.9 3.1
91-92 29 HOU 70 37.7 21.6 12.1 2.2 50.2% 0.0% 76.6% 1.8 4.3 2.7
92-93 30 HOU 82 39.5 26.1 13.0 3.5 52.9% 0.0% 77.9% 1.8 4.2 3.2
93-94 31 HOU 80 41.0 27.3 11.9 3.6 52.8% 42.1% 71.6% 1.6 3.7 3.4
94-95 32 HOU 72 39.6 27.8 10.8 3.5 51.7% 18.8% 75.6% 1.8 3.4 3.3
95-96 33 HOU 72 38.8 26.9 10.9 3.6 51.4% 21.4% 72.4% 1.6 2.9 3.4
96-97 34 HOU 78 36.6 23.2 9.2 3.0 51.0% 31.3% 78.7% 1.5 2.2 3.6
97-98 35 HOU 47 34.7 16.4 9.8 3.0 48.3% 0.0% 75.5% 1.8 2.0 2.7
98-99 36 HOU 50 35.7 18.9 9.6 1.8 51.4% 30.8% 71.7% 1.6 2.5 2.8
99-00 37 HOU 44 23.8 10.3 6.2 1.4 45.8% 0.0% 61.6% 0.9 1.6 1.7
00-01 38 HOU 58 26.6 11.9 7.4 1.2 49.8% 0.0% 62.1% 1.2 1.5 1.4
01-02 39 TOR 61 22.6 7.1 6.0 1.1 46.4% 0.0% 56.0% 1.2 1.5 1.6

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
84-85 22 HOU 5 37.4 21.2 6.4 1.4 47.7% 47.8% 1.4 2.6 2.2
85-86 23 HOU 20 38.3 26.9 6.8 2.0 53.0% 0.0% 63.8% 2.0 3.5 2.2
86-87 24 HOU 10 38.9 29.2 7.4 2.5 61.5% 0.0% 74.2% 1.3 4.3 3.6
87-88 25 HOU 4 40.5 37.5 11.8 1.8 57.1% 0.0% 88.4% 2.3 2.8 2.3
88-89 26 HOU 4 40.5 25.3 9.5 3.0 51.9% 68.0% 2.5 2.8 2.5
89-90 27 HOU 4 40.3 18.5 7.8 2.0 44.3% 70.6% 2.5 5.8 2.8
90-91 28 HOU 3 43.0 22.0 10.7 2.0 57.8% 0.0% 82.4% 1.3 2.7 2.7
92-93 30 HOU 12 43.2 25.7 9.7 4.8 51.7% 0.0% 82.7% 1.8 4.9 3.8
93-94 31 HOU 23 43.0 28.9 8.7 4.3 51.9% 50.0% 79.5% 1.7 4.0 3.6
94-95 32 HOU 22 42.2 33.0 8.3 4.5 53.1% 50.0% 68.1% 1.2 2.8 3.1
95-96 33 HOU 8 41.1 22.4 7.0 3.9 51.0% 0.0% 72.5% 1.9 2.1 3.6
96-97 34 HOU 16 39.3 23.1 8.0 3.4 59.0% 0.0% 73.1% 2.1 2.6 2.9
97-98 35 HOU 5 38.0 20.4 9.0 2.4 39.4% 0.0% 72.7% 1.0 3.2 2.6
98-99 36 HOU 4 30.8 13.3 6.0 0.5 42.6% 87.5% 1.3 0.8 1.3
01-02 39 TOR 5 17.2 5.6 2.0 0.4 54.5% 66.7% 1.4 0.8 1.2

 

経歴

オラジュワンの主な経歴
  • 1963.01
    ナイジェリア ラゴス州生まれ
    59年前
  • 1980
    アメリカに移住
    ヒューストン大学に入学
  • 1984
    ドラフト1位でロケッツ入団
  • 1985
    オールスターゲーム出場
    計12回 1985-1990,1992-1997
  • 1989
    リバウンド王
    計2回 1989,1990
  • 1990
    ブロック王
    計3回 1990,1991,1993
  • 1993
    最優秀守備選手
    計2回 1993,1994
  • 1994
    シーズンMVP
  • 1994
    NBAチャンピオン
    計2回 1994,1995
  • 1994
    ファイナルMVP
    計2回 1994,1995
  • 1996
    アトランタオリンピック
    アメリカ代表として金メダル獲得(ナイジェリアとの二重国籍)
  • 2001
    ラプターズへ移籍
  • 2002
    引退
  • 2008
    殿堂入り
他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

センター
OverTime

コメント

  1. 匿名 より:

    懐かしいスタークス

    • iezo.net basketball より:

      こんにちは。
      ジョーダン相手にあそこまでやれるのは色々な意味でスタークスとペイトンくらいじゃないでしょうか(笑)