NBAドラフト2020 注目選手

ナゲッツvsスパーズ Game6 NBA2019プレイオフ1stラウンド

NBA2019プレイオフ

 

ウェスタンカンファレンス2位と7位の対決となるナゲッツvsスパーズ。

Game5までの結果は以下の通りです。

ナゲッツスパーズ
Game196 H101
Game2114 H105
Game3108118 H
Game4117103 H
Game5108 H90

Game6

1Q2Q3Q4Q
DEN24362518103
SAS34302630120

第1クォーターでホームのスパーズが10点リードを奪いますが、第2クォーターでナゲッツが追い上げ、中盤は終始接戦ムードとなりました。

第4クォーターに抜け出したのはスパーズで、10点20点と一気にリードを広げ、結果的に120-103で勝利し決着は最終戦へともつれ込みました。

 

Denver Nuggets vs San Antonio Spurs – Game 6 – Full Game Highlights | April 25, 2019 NBA Playoffs

 

スパーズは、ナゲッツのスリーポイントを徹底的に封じGame5で14本決められたのに対し、Game6では6本に抑えています。

 

個人スタッツ

スパーズでは、オルドリッジが26得点、デローザンが25得点と勝ちパターンのスタッツです。

特にデローザンは確率が高く、ミドルシュートを中心に12/16の75%を記録しています。

ルディゲイが19得点、デリックホワイトが13得点で続いています。

 

NUGGETS vs SPURS | San Antonio Looks to Force Game 7 | Game 6

 

敗れたナゲッツでは、ニコラヨキッチが43得点12リバウンド9アシストを記録しスコアリーダーとなっています。

ジャマールマレーが16得点、ギャリーハリスが14得点で続いています。

 

最後に

負ければ終わりという状況で、ナゲッツのスリーポイントを封じ勝利したスパーズ。

残り約5分辺りで、19点リードしながらハリスにノーマーク気味でスリーポイントを決められた時のポポビッチHCの怒りようが印象的でした。

厳しく外に行けば当然ドライブが増え、ヨキッチに合わせられるシーンも多々見られましたが、2点の取り合いならスパーズに勝てるチームは多くないでしょう。

逆にスパーズは、スリーポイントを41.7%の確率で10本沈めています。

次勝った方がカンファレンスセミファイナル進出となりますが、Game7は日本時間の4/28(日)午前11時から始まります。

コメント