デジャンテマレー:新生スパーズを支えるポイントガード

 

サンアントニオスパーズで活躍するポイントガード、デジャンテマレー。

右前十字靭帯の断裂からカムバックし、新生スパーズの司令塔としてポジションを確立してきました。

マレーのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

高校時代

地元、ワシントン州の高校に通ったマレー。

州の最優秀選手にも選出されました。

 

 

大学時代

ワシントン大学に進学した、マレー。

1年生から全てスターターで34試合に出場し、平均16.1得点4.4アシスト1.8スティールを記録しました。

 

 

2016年ドラフト29位でNBA入団

1年生終了後、NBAヘアーリーエントリーした、マレー。

2016年のドラフトで1巡目29位で、サンアントニオスパーズに指名されました。

 

 

ルーキーイヤー

 

シーズン前半は、下部組織Gリーグでもプレイしたマレー。

シーズン3試合目にNBAオフィシャルデビューを果たしましたが、プレイタイムは中々伸びず、シーズン平均は1ケタにとどまりました。

しかし、プレイオフではトニーパーカーの負傷後、平均で20分を超えるプレイタイムを与えカンファレンスファイナル進出に貢献しました。

 

 

ウェスタンカンファレンスファイナルで、ウォリアーズにスイープで敗れ、シーズンを終えています。

 

 

2017-18シーズン

 

シーズンの半分以上のゲームで、スターターをつとめたマレー。

特にシーズン後半はスターターに定着し、プレイオフでもファーストラウンドで敗れたものの、全てスターターで出場しました。

平均出場時間も20分を超え、8.1得点2.9アシスト1.2スティールとスタッツも伸ばしていきます。

プレイオフでは、ウォリアーズに1-4で敗れシーズンを終えています。

 

 

2018-19シーズン

シーズン前のプレシーズンゲームで、右膝前十字靭帯を断裂したマレー。

2018-19シーズンは、全休しリハビリをおこないました。

2019-20シーズン

怪我も完治し、2019-20シーズンは、開幕戦からスターターで出場しました。

プレイタイムも25分を超え、平均10.9得点4.1アシスト1.7スティールと、見事にカムバックを果たしました。

 

 

新型コロナウィルスの影響で、イレギュラーなシーズンでしたがチームは22年ぶりにプレイオフ進出を逃しました。

2020-21シーズン

2020-21シーズンも、変わらずスパーズでプレイしたマレー。

プレイタイムもさらに伸び、平均得点も大幅に上がりました。

トリプルダブルも記録し、2月におこなわれたウォリアーズ戦では、キャリアハイとなる8スティールに加えて、ゲームを決定付けるスリーポイントも沈めました。

 

 

スターターのポイントガードとして定着し、出場時間も前シーズンから5分ほど伸びています。

チームは22年ぶりにプレイオフ進出を逃しました。

 

 

プレイスタイル

同じ高校の先輩である、ジャマールクロフォードを彷彿とさせるプレイスタイル。

マレーが幼い頃、悪い道にいきかけていたのをクロフォードがサポートしていたという話もあります。

 

 

長いウィングスパンを活かしたディフェンスにも定評があり、2017-18シーズンのオールディフェンシブ2ndチームにも選出されています。

 

 

デジョンテマレーのバッシュ

マレーはナイキからシフトし、ニューバランスのバッシュを着用しています。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
16-1720SAS388.53.40.91.343.1%39.1%70.0%0.20.21.0
17-1821SAS8121.58.14.32.944.3%26.5%70.9%1.20.41.7
18-1922SAS
19-2023SAS6625.610.94.84.146.2%36.9%79.8%1.70.31.9
20-2124SAS6731.915.77.15.445.3%31.7%79.1%1.50.11.7

 

プレイオフ

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
16-1720SAS1115.35.72.52.537.7%0.0%68.0%1.50.11.5
17-1821SAS519.27.84.21.845.2%66.7%77.8%1.00.41.0

 

 

年齢25歳
身長193cm
体重77kg
国籍アメリカ