NBAドラフト2020 注目選手

NBA2018-19 レイカーズがプレイオフに進出する可能性はまだある?!

可能性

 

 

3/7のナゲッツ戦に敗れ4連敗となったレイカーズ。

日に日にレブロンジェームズのいないプレイオフが現実味を増していますが、現段階でレイカーズがプレイオフに進める可能性がどれくらいあるのか見ていきましょう。

現在の順位

日本時間の3/7時点でのウェスタンカンファレンスプレイオフライン辺りの順位は以下の通りです。

順位チーム
6ジャズ37277
7スパーズ37298
8クリッパーズ37298
9キングス323212
10レイカーズ303514.5
11ウルブズ303514.5
12ペリカンズ303715.5

 

レイカーズが8位に入るためには?!

3/7の時点で7位のスパーズと8位のクリッパーズの勝率は同じ37勝29敗となっています。

レイカーズは2チームとのゲーム差が6.5ゲームあるため、残り17試合で追いつかなくてはいけません。

ゲーム差で考えると少しややこしいですが、勝率でパスできればOKです。

スパーズとクリッパーズの残り試合は16のためその勝敗も大きく関わってきます。

スパーズ・クリッパーズ・キングス・レイカーズが同勝率になる勝敗数は以下の通りです。

スパーズ
クリッパーズ
キングスレイカーズ
16勝0敗不可不可
15勝1敗不可不可
14勝2敗不可不可
13勝3敗18勝0敗不可
12勝4敗17勝1敗不可
11勝5敗16勝2敗不可
10勝6敗15勝3敗17勝0敗
9勝7敗14勝4敗16勝1敗
8勝8敗13勝5敗15勝2敗
7勝9敗12勝6敗14勝3敗
6勝10敗11勝7敗13勝4敗
5勝11敗10勝8敗12勝5敗
4勝12敗9勝9敗11勝6敗
3勝13敗8勝10敗10勝7敗
2勝14敗7勝11敗9勝8敗
1勝15敗6勝12敗8勝9敗
0勝16敗5勝13敗7勝10敗

スパーズとクリッパーズはここまで勝率約56%のため、残り16試合に当てはめると9勝7敗あたりが平均値となります。

そうなるとキングスは14勝4敗、レイカーズは16勝1敗で残りのゲームを終えなくては勝率で追いつけません。

 

最後に

数字で見るとレイカーズのプレイオフ進出がどれほど厳しいものなのかよく分かりました。

ロンゾボールのケガによる離脱から始まり、イングラム、クーズマといったヤングコアが全員勝負所でコートにいないとは多くのファンが想像していなかったでしょう。

ロンドやマギー、スティーブンソン、チャンドラー等もケガがちでプレイタイムは多くありません。

可能性は0ではありませんが、メンバーの問題も含めて限りなく厳しいというのが現状といえるでしょう。

コメント