レイカーズが後半一気にギアを挙げ逆転勝利 レブロントリプルダブル

 

なんとなくらしくないゲームが続いていた、昨シーズン王者のロサンゼルスレイカーズ。

2月5日におこなわれたナゲッツ戦でも前半リードを許しましたが、後半一気にギアを挙げ114-93で逆転勝利で17勝目を挙げています。

昨シーズンのプレイオフ時のような強さを見た感じでしたが、やはり流れが変わるのはディフェンスからでした。

 

1Q2Q3Q4QT
DEN3028171893
LAL27193731114

 

 

レイカーズでは、レブロンジェームズが27得点10リバウンド10アシストでトリプルダブルを記録しています。

 

 

信じられないような高速パスや、バックドアの芸術的なパス、下がり過ぎのフェイダウェイなど見所満載でしたが、ヨキッチ相手に見事なエンドワンからフリースローをエアーボールするレアなシーンもありました。

 

 

ハッスルプレイも見せたデニスシュールダーが21得点、ベンチからTHT、ハレル、クーズマの活躍も光りました。

 

 

 

 

敗れたナゲッツでは、前半好調だったジャマールマレーが20得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

ニコラヨキッチは13得点にとどまり、ガソールを中心としたレイカーズのチームディフェンスに苦しみました。