バムアデバヨ:ヒートのインサイドを支えるポイントセンター

 

2020NBAプレイオフの活躍で、更にファンを増やしたヒートのバムアデバヨ。

ド派手なダンクが魅力のモンスターでもありますが、パスも上手く、ディフェンスにも長けた選手です。

バムアデバヨのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

高校時代

ノースカロライナ州の高校に通ったアデバヨ。

既に体格と身体能力は飛びぬけていました。

 

 

最終年には、ノースカロライナ州の最優秀選手に選出されました。

前年にはブランドンイングラム、翌々年にはコビーホワイトも選出されています。

その年、マクドナルドオールアメリカンゲームと、ジョーダンブランドクラシックにも参加しています。

大学時代

 

名門ケンタッキー大学に進学したアデバヨ。

チームメイトには、ディアロンフォックスも在籍していました。

1年生ながら全ての試合にスターターで出場したアデバヨ。

NCAAトーナメントでは、準々決勝でノースカロライナ大学に2点差で敗れシーズンを終えました。

 

 

2017年ドラフト14位でNBA入団

2017年のドラフト1巡目14位でマイアミヒートに指名されました。

 

 

共に大学でプレイした、ディアロンフォックスが5位、マリークモンクが11位で指名されています。

ルーキーイヤー

ルーキーイヤーは、69試合に出場しましたが、スターターは19試合にとどまり、プレイタイムも20分を切っています。

当時、ヒートではハッサンホワイトサイドがインサイドの主軸でした。

アデバヨのプレイは、リング下でのフィニッシュが中心で、アリウープも多く受けていました。

 

 

チームは、44勝38敗のイースト6位でプレイオフに進出しますが、シクサーズに1-4で敗れシーズンを終えています。

2018-19シーズン

前シーズン同様に、ホワイトサイドの控えから登場するシーンが多かったアデバヨ。

全82試合に出場しましたが、スターターは28試合でした。

プレイタイムは23.3分とやや伸びましたが、チームは39勝43敗のイースト10位でプレイオフ進出はなりませんでした。

 

 

2019-20シーズン

 

シーズンオフにチームが一新したマイアミヒート。

ジミーバトラーがチームに加わり、ドラフトでタイラーヒーロー、ドラフト外からケンドリックナンを獲得しました。

ジョシュリチャードソンとハッサンホワイトサイドは放出され、シーズン途中にはアンドレイグダーラとジェークラウダ―、ソロモンヒルの獲得にも成功しました。

アデバヨは、出場した72試合全てスターターをつとめました。

プレイタイムは一気に30分を超え、得点も平均で2ケタを記録しました。

何より変わったのはアシスト数で、チーム状況もありますが、アデバヨはパスも回せるポイントセンターへと変貌しました。

また、2020オールスタースキルズチャレンジでチャンピオンに輝いています。

 

 

新型コロナウィルスの影響でイレギュラーなシーズンとなりましたが、ヒートはイースト5位でプレイオフに進出しました。

ファーストラウンドで、4位のペイサーズをスイープで退けるとカンファレンスセミファイナルでは、優勝候補の一角バックスにシリーズ開幕から3連勝し4勝1敗でカンファレンスファイナル進出を決めました。

 

 

カンファレンスファイナルでも、ヒートのディフェンスはセルティックスを苦しめ、4-2で勝利しファイナル進出を決めました。

アデバヨ自身もダブルダブルを量産し、シリーズ最終戦では32得点14リバウンドの活躍を見せています。

 

 

また、Game1でみせた勝利に直結するブロックショットは、シリーズを有利に進めるものでした。

 

 

ファイナルでレイカーズと対戦したヒート。

アデバヨは、Game1で痛めていた肩を再度負傷し、Game2・3を欠場しました。

 

 

Game4から復帰し、高確率でシュートを沈めましたが、チームはバトラー頼りな部分もあり、結果的に2-4で敗れチャンピオンリング獲得はなりませんでした。

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

2020-21シーズン

2020-21シーズンもヒートでプレイしたアデバヨ。

オフシーズンの短さや、新型コロナウィルスの影響もあり、序盤は中々勝率が上がりませんでした。

アデバヨ自身は大きなケガもなく、平均得点を18.7得点とキャリハイの数字を残しました。

 

 

プレイオフでは、ファーストラウンドでバックスと対戦しましたが、まさかのスイープ負けを喫しシーズンを終えています。

アデバヨ自身も、昨シーズン程のインパクトでプレイすることは出来ませんでした。

 

 

プレイスタイル

多くの動画にも出てくるように、モンスターのようなアリウープダンクが印象深い選手でしたが、2019-20シーズン以降、アシストも多いポイントセンターへと変貌しました。

同じサイズの選手と比較しても、ハンドリングがよく、フリースロー確率も高いです。

また、ディフェンス面でも広いエリアをカバーできるため、ヒートのゾーンディフェンスにもマッチしました。

バムアデバヨのバッシュ

シグニチャーモデルは発売されていませんが、ナイキのコービーシリーズやジョーダンシリーズ、ズームフリークを着用しています。

 

NIKE ズームフリーク
NIKE(ナイキ)
メーカー型番: CK5825001

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
17-1820MIA6919.86.95.51.551.2%0.0%72.1%0.50.61.0
18-1921MIA8223.38.97.32.257.6%20.0%73.5%0.90.81.5
19-2022MIA7233.615.910.25.155.7%14.3%69.1%1.11.32.8
20-2123MIA6433.518.79.05.457.0%25.0%79.9%1.21.02.6

 

プレイオフ

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
17-1820MIA515.43.44.00.046.7%0.0%21.4%0.00.40.4
19-2022MIA1936.217.810.34.456.4%0.0%78.3%1.00.82.5
20-2123MIA434.015.59.34.345.6%76.9%1.30.52.8

 

 

年齢24歳
身長206cm
体重116kg
国籍アメリカ