【NBA】マイケルジョーダンのプレイオフキャリアハイ63得点ゲーム

マイケルジョーダンプレイオフキャリアハイ63得点

 

バスケットの神様と呼ばれるマイケルジョーダン。

その活躍は、プレイオフやファイナルでさらに拍車がかかりました。

今回は、マイケルジョーダンのプレイオフキャリアハイとなる63得点ゲームをハイライトしたいと思います。

1986.04.20 vs セルティックス

Michael Jordan Playoffs Career High Highlights 1986 ECR1 G2 vs Celtics – 63pts! (720p 60fps)

 

マイケルジョーダンの2年目のシーズンで、骨折という唯一とも言える大怪我からレギュラーシーズンは18試合の出場にとどまりました。

ファーストラウンドでセルティックスにスイープされる中、ジョーダンは1戦目に49得点、2戦目に63得点を記録しています。

ダブルオーバータイムへともつれ込んだ第2戦でしたが、135-131でセルティックスが勝利しています。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間53:00
得点63
リバウンド5
アシスト6
FG確率22/41
53.7%
3PT確率0/0
FT確率19/21
90.5%
ターンオーバー4

 

ダブルオーバータイムへもつれ込んだため、プレイタイムは50分を超えています。

ファウルを受けるシーンも多く、フリースローでの得点も19点あります。

スリーポイントは放っておらず、ジャンパーとドライブでのスコアリングでした。

最後に

1986年はラリーバードが最後にチャンピオンリングを獲得したシーズンです。

プレイオフファーストラウンドではありましたが、ゲーム途中からバードがジョーダンばかりに目がいっていたのは間違いないでしょう。

NBAで幾度となく繰り返されてきた世代交代。

少なからずそんなことを意識させられるゲームと言えるでしょう。

コメント