【NBA】マイケルジョーダンのプレイオフキャリアハイ63得点ゲーム

マイケルジョーダンプレイオフキャリアハイ63得点

 

バスケットの神様と呼ばれるマイケルジョーダン。

その活躍は、プレイオフやファイナルでさらに拍車がかかりました。

今回は、マイケルジョーダンのプレイオフキャリアハイとなる63得点ゲームをハイライトしたいと思います。

1986.04.20 vs セルティックス

 

マイケルジョーダンの2年目のシーズンで、骨折という唯一とも言える大怪我からレギュラーシーズンは18試合の出場にとどまりました。

ファーストラウンドでセルティックスにスイープされる中、ジョーダンは1戦目に49得点、2戦目に63得点を記録しています。

ダブルオーバータイムへともつれ込んだ第2戦でしたが、135-131でセルティックスが勝利しています。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間 53:00
得点 63
リバウンド 5
アシスト 6
FG確率 22/41
53.7%
3PT確率 0/0
FT確率 19/21
90.5%
ターンオーバー 4

 

ダブルオーバータイムへもつれ込んだため、プレイタイムは50分を超えています。

ファウルを受けるシーンも多く、フリースローでの得点も19点あります。

スリーポイントは放っておらず、ジャンパーとドライブでのスコアリングでした。

最後に

1986年はラリーバードが最後にチャンピオンリングを獲得したシーズンです。

プレイオフファーストラウンドではありましたが、ゲーム途中からバードがジョーダンばかりに目がいっていたのは間違いないでしょう。

NBAで幾度となく繰り返されてきた世代交代。

少なからずそんなことを意識させられるゲームと言えるでしょう。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

キャリアハイ
OverTime

コメント