ウォリアーズがカリーの連続スリーもとどかずマジックに競り負け連勝ストップ

 

センター不在の中、連勝で勝率を上げてきたウォリアーズ。

2月20日におこなわれたマジック戦では、終盤10点以上のリードを逆転され124-120で敗れています。

 

1Q2Q3Q4QT
GSW34174326120
ORL37272931124

 

 

マジックでは、二コラブーチェビッチが30得点16リバウンド10アシストで全てリーダとなっています。

 

 

エバンフォーニエが28得点、テレンスロスが24得点で続いています。

敗れたウォリアーズでは、ステファンカリーが29得点でスコアリーダーとなっています。

残り時間1分を切ってからの連続スリーポイントは圧巻でしたが、ラストプレイはマジックのダブルチームに阻まれました。

 

 

ケリーウーブレJrが26得点、アンドリューウィギンスが16得点で続いています。

第3クォーターで一気に逆転しながらも、再逆転を許したのはよくない負け方でした。