セルティックスがウィザーズとのクラッチタイムの攻防制し連勝

 

団子状態のイースタンカンファレンスで、共に負けられないセルティックス&ウィザーズ。

3月1日におこなわれた両チームの対戦は、クラッチタイムの激しい攻防となりましたが、111-110でセルティックスが競り勝ちました。

 

1Q2Q3Q4QT
WAS28272134110
BOS33271932111

 

 

セルティックスでは、ジェイソンテイタムが31得点を挙げスコアリーダーとなっています。

終盤ドライブからの連続得点で、チームを勝利に導きました。

 

 

ケンバウォーカーが21得点、ダニエルタイスが20得点で続いています。

敗れたウィザーズでは、ブラッドリービールが46得点を挙げスコアリーダーとなっています。

終盤の得点も見事で、流れ的にも勝利を確信したウィザーズファンも多かったかもしれません。

 

 

ラッセルウェストブルックが24得点11リバウンド、デイビスベルターンスが20得点で続いています。

 

 

 

八村塁選手は、約25分のプレイタイムで2得点6リバウンドにとどまりました。