NBAスリーポイントランキング

ジョーダンクラークソン:シックスマンに定着した安定のスコアラー

 

ユタジャズでシックスマンに定着し、ベンチから得点をかさねるジョーダンクラークソン。

2020-21シーズンは、スリーポイントの試投数も大幅に増えました。

クラークソンのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

大学時代

タルサ大学に進学したクラークソン。

2年目にはスターターに定着し、平均16.5得点を記録しました。

3年生のシーズンは、ミズーリ大学に転校し、35試合全てスターター出場で17.5得点を記録しています。

シーズン終了後、NBAへのアーリーエントリーを表明しました。

2014年ドラフト46位でNBA入団

2014年のドラフト2巡目46位で、ワシントンウィザーズに指名されたクラークソン。

その後のトレードで、レイカーズへ移籍しました。

ドラフト1位は、アンドリューウィギンスで、上位にはジョエルエンビードやアーロンゴードン、マーカススマート、ジュリアスランドル等が名を連ねます。

クラークソンの順位が意外に見えますが、38位にスベンサーディンウディ、39位にジェレミーグラント、41位にニコラヨキッチと豊作の年でした。

 

 

レイカーズ時代

ルーキーイヤーは、Dリーグでもプレイしたクラークソン。

NBAでは59試合の内、39試合でスターターをつとめました。

ルーキーイヤーから平均11.9得点3.5アシストを記録し、2巡目指名選手ながらオールルーキーチームに選出されました。

 

 

2年目は、出場した79試合全てでスターター起用されたクラークソン。

 

 

オールスターゲームのライジングスターチャンレンジにも参戦しました。

 

 

コービーブライアントのラストシーズンでもあり、コービーのラストプレイのアシストでダンクを叩き込んだのはクラークソンでした。

 

 

2016-17シーズンは、全82試合に出場しましたが、スターターは19試合のみでした。

このころからシックスマンで起用されることが多くなりましたが、プレイタイムはいずれのチームでも20分を切ることはありませんでした。

 

 

今は移籍していますが、当時のレイカーズにはクラークソンの他にも、ディアンジェロラッセルやブランドンイングラム、ラリーナンスJr、ジュリアスランドル、ルーウィリアムズなど有能な選手が揃っていました。

しかし、クラークソンはレイカーズではプレイオフに進むことは出来ませんでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました